FC2ブログ

ブラジル・レンソイス②

8/15 (3日目)続き

レンソイス遊覧飛行の続きから

やっとレンソイスの上空へやってきました。
本当に白い!上から見ると雪山のよう。

レンソイスはじまり


あっという間に一面白い砂漠。
どれだけ広いのか・・・・
東京23区が2つ入って余りある広さだとか。

一面レンソイス


青い部分は雨季の雨で水が溜まってできたラグーン。
1年で3~4ヵ月しかこの幻想的な風景は見れない。
残念ながらかなり水が乾いて、既に茶色い状態になっている部分も多い。
まだ泳げるのかなぁ・・・。

レンソイスラグーン


白い砂漠の端でUターン。
ここは明日ジープで来る予定の場所。
この写真、大型TVで見ると、ジープが2台、人が10人ちょっと写っている。
写真では識別できないが、肉眼では、米粒ほどの人が歩く姿が確認できた。
それだけ、砂漠がでっかい!のだ。

レンソイス人


砂漠の端にそってセスナは来た方向へと戻っていく。
砂漠の向こうはまるで海に見える。
もちろん海じゃない。ジャングルだ。

レンソイス砂漠の向こう


明日はこの神秘の世界へ自分の足で訪れることができる。
まだ泳げるのか、心配しながらサンルイス空港までの長く感じるフライトを耐える。

レンソイスをあとに


行きには余裕が全くなく見れなかった、サンルイスの町並み。

サンルイスの街並み


やっと空港に帰ってきました。無事で良かった。
もうセスナには乗らないぞ・・・

セスナ帰還


14:00空港のレストランで遅いLunchをとり、バスにて4時間ほどのバレイリニャスへ。
途中、クリオラ族という先住民の村を訪問。

クリオラ族訪問


道路は舗装されているし、電気も来ていて、レンガでできた家の中には冷蔵庫すらある。
パプアニューギニアに比べれば遥かに近代的な生活をしており、ちょっと拍子抜け。

そうは言っても、ヤノマミ族などアマゾンの奥には想像を絶する生活をしている部族もいる。
(ヤノマミ族を知らない人、ショックを受けるので調べない方がいいかも・・・)

まぁ、観光客が気軽に立ち寄れる村というのは(しかも大型バスで)、この程度という感じだろう。それでも素朴でいい感じの村でした。


夜、バレイリニャスの町に着くと、ホテルまで大型バスが入れないので町中でジープに乗り変えホテルへ。ソラレ・レンソイス・リゾート20:20着。
バー付きプールもある思っていたよりキレイなホテルだ。ロビーもキレイ。

ソラレレンソイスロビー


遅い夕食をとり、長い長い一日がようやく終わる。
明日はいよいよレンソイスへ向かうと思うと疲れも吹き飛んだ。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おかえりなさい(^^)

セスナお疲れ様でした~(笑)

ヤノマミ族Wikiで調べちゃいましたよー(´Д`)世界にはすごい文化の国があるもんですねー( ̄□ ̄;)!!

Re: おかえりなさい(^^)

そうです世界には自分の常識を超えたことがたっくさんあります。
卒業旅行に地球の裏側はいかが?
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR