ベルギー・ブリュッセル②

2011/12/16 (3日目) 続き

14:00 メッヘレンからブリュッセルに戻ってきて、まだ見ていない昼間のグランプラスを見に行きます。天気が悪くて残念ですが、それでも市庁舎はやはり荘厳な雰囲気です。クリスマスクリッペの馬小屋やツリーで広場はいつもより若干狭く見える気もします。

グランプラス市庁舎


市庁舎の向かいの建物は、王の家(写真右)。実際に王様が住んでいたことはないそうですが、いろんな用途で使われ、現在は市立博物館。3階には小便小僧の衣装コレクションが公開されているそうです。

グランプラス王の家


東側の建物は、ブラバン公爵の館。ブラバン公の胸像がかざられていることからこう呼ばれています。この広場はどちらを向いても華麗な建物ばかりで、これらを建てた商人達がいかに裕福だったか想像できます。

グランプラスブラバン公爵の館


前日も見に行きましたが、素っ裸の小便小僧しか見たことないので、もう一度小便小僧を見に行きます。街角にこのような感じでいるのですが、大抵、観光客が周囲にたくさんいるので場所は分かりやすいかと思います。

小便小僧全景


昨夜すっぽんぽんだったジュリアン君が今日は暖かそうな白い立派な服を着ていて、「良かったね」と心の中で声をかけました。服を着ているジュリアン君を初めて見れて満足です。

暖かそうなガウンをまとったジュリアン君


ジュリアン君とセットの、この日2つ目のワッフル2€を食べながらグランプラスへ戻ります。
私がいつも買うのはこのお店です。近くには1€をうたい文句にしている店もありますが、失敗は嫌なのでいつもここで買います。THE WAFFLE FACTORY。

THE WAFFLE FACTORY


その後、通称レストラン通りを通ってイロ・サクレ地区にある小便少女に会いに行きます。路地の奥まったところの壁の柵に収まっているので、場所がわからないと行きつけません。

小便少女はこの中


小便小僧の女の子版はジャンネケ・ピスといって、本来はガン・エイズ撲滅運動を目的として建てられたものですが、このリアルな像を見て、そんな運動のことを連想する人がいったいいるのでしょうか。

リアルなジャンネケ・ピス


次はなんとなくギャラリー・サン・テュベールというショッピングアーケードへ向かいます。ヨーロッパでも最古と言われているショッピング・ギャラリーです。この辺りで気になっていたルーヴェンへ行くことにして一旦ブリュッセルを後にしました。

ギャラリー・サン・テュベール


18:00ちょうどにゴディバ前に到着して、旅の道連れちゃんと夕食を食べに行きます。シーフードがいいと言うことで、定番中の定番、シェ・レオンに向かいます。食通通りを行けば、正面にシェ・レオンがありますが、途中の店が有名なシェ・レオンだよと嘘をついて客を呼び込もうとしたりするので、そういう店は要注意です。地元の人も通うという「シェ・レオン」は1893年創業の老舗です。

シェ・レオン


ベルギーと言えばやっぱりムール貝。9月から2月までのRがつく月が特においしいと言われています。セロリ、たまねぎ、パセリなどと一緒に白ワイン蒸しにしたムール貝がほうろう鍋にてんこ盛り。少なめのムール貝と、フリッツ(フライドポテトはベルギー発祥)、ビールのセットで、13.9€。良心的な値段で量もぴったりです。

シェ・レオンのセット


冷えた体にムール貝はとてもおいしかったし、隣の席のロシア人との話しもはずみ楽しい夕食になりました。私は特に海外では、一人で夕食を食べるためにレストランに入れないので、道連れができて本当に良かったです。

店を出ると雨が雪に変わっていました。どうりで寒いはずです。
写真だと雨に見えるかも知れませんが、雪だったんですよ!

雪の中のグランプラス


20:00 吹雪の中DIEGEMの駅からホテルへ戻りました。お陰で折り畳み傘が完全に壊れてしまいました。

次回は、ファルケンブルクの洞窟クリスマスマーケットをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

前回パリからブリュッセルに車で行った際は雪でした。

雪のブリュッセルという珍しい状況で、同じ場所、同じ食べ物...
何だか不思議な思いで、拝見させて頂きました。

chez Leonには入りませんでしたが、正面から写真は撮っていました。
パリにもありますか?パリの同じ店で食べたようなおぼろげな記憶があります。

残念な事に?、裸の彼には、まだ会った事はありません...

Re: No title

すみません、定番で(笑)
冒険するにはリスクの多い街なんですよね、ブリュッセルは。
パリにあるのの本店ですよ。確かにパリにも何店かありますよね。

私は逆にいつも裸なのだと思っていたので、twitterで裸だったと
つぶやいたら、何度も行ってるけど裸みたことないって返信がいくつか
あってびっくりしたんです。それで2日続けて見に行ったんですよ♪
寒そうだったから暖かいガウンきててくれてほっとしました(笑)

No title

ムール貝おいしそうv-398

パリに「レオン・ド・ブリュッセル」というムール貝を鍋いっぱい食べさせてくれるレストラン(チェーン店)がありましたが、本場?のベルギーのものも安くてたっぷり!

店名から推測すると、「レオン=牡蠣」でしょうか・・・・

No title

Σo(*'o'*)oワ~!!グランプラスだ。
小便小僧のジュリアン君は、いろいろな衣装を持っているのね。
私が行った時は、赤いブレザーにカーキのパンツでしたよ。

小便少女って、知りませんでした。ちょっと、酷いですね。

ムール貝、フリット、ビールのセットで13.9€は、ラッキーでしたね。

雨じゃあなくって、雪なの?
寒いでしょうね。

Re: No title

なごやんさん

パリにある「レオン・ド・ブリュッセル」は、このレオンが進出したもので、多少のアレンジは
あるようですがフランスでも成功していると言えるでしょうね。
店名の由来はちょっと私にはわからないです・・・。フランス語?

Re: No title

monalisaさん

ジュリアン君は衣装を800着以上もっているはずなんです。
一生に一回しか着ない服がいっぱいあるってことですよね。

小便少女は前にも見たのですが、ブリュッセルの穴場を教えてと
twitterでつぶやいたら、何故か小便少女をあげる人が多かったので
それじゃブログに載せようかと改めて見に行きました。

シェ・レオンのセットは観光客向けに有名なんですが、毎年ちょっとずつ
値上がりしているようです。それでも相場からみたら安いですけどね。
店員さんも感じがいいので、安心してお食事できるお店です。

そう、雪になったんですよ。今シーズンは暖冬だと言えると思うのですが
それでも雪になって風が吹いたらめちゃくちゃ寒かったです!

No title

ジュリアン君・・・すごい素敵なお洋服とお帽子。
よかったねぇ・・・
やっぱりほっとしますよね。
お洋服を着ていると。。

だけれども
女の子版は・・ちょっと嫌だな・・・

観ているほうが恥ずかしい。。。ような。。

Re: No title

今度ブリュッセルに行く機会があったら、ジュリアン君の衣装コレクションを
見に行ってみたいです♪

女の子版は、失笑するしかないですよね。
柵に入って路地の奥にあるので、そんなに人目にはつきませんが
ほほえましいって感じじゃないですよね(笑)

No title

女の子の像は見たくない気がするなぁ~
なんか可愛らしく感じないなぁ。

ムール貝、身がぷっくりしてる。

Re: No title

女の子の像、ちょっとねぇ・・・載せない方がよかったかなって思っちゃいましたよ。

ムール貝は少し大きめで味付けもとてもおいしかったです♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR