ドイツ・ケルン

2011/11/21 (7日目) 続き

18:30 ケルン郊外のホテル、ラマダ ヒュースに到着。InternetはTELEKOM。ロビーに無料のPC&プリンター有。冷蔵庫は鍵付ミニバー。部屋は少し広め。ドライヤー有。ケルンから車で1時間弱もあり、周囲も特に何もなさそう。食事はなかなかよかったですが。

ケルンラマダヒューズの部屋


2011/11/22 (8日目)

8:40 ケルン観光。大聖堂の脇でバスを下り、10:00までフリータイムです。

ケルンのシンボル大聖堂


ケルンと言えばまずはドーム(大聖堂)。完成に560年かかっているゴシック様式としては世界最大の聖堂。彫刻もなかなか見ごたえがあります。

大聖堂入り口の彫刻


大聖堂の内部もすごく素敵な雰囲気。高さが43.5mもあるので、開放感すら感じます。

大聖堂内部


ステンドグラスがそれは見事。まるで絵画のようにガラスでここまで表現するとはその技術も素晴らしいです。

大聖堂のステンドグラス


旅人の安全を守るという像を見つけました。自分で見つけないといけないという事で場所は秘密ですが、結構簡単に見つかります。

旅人を守ってくれるという像


9:00を待って、塔に上ります。高さ157m、533段の階段を足で上るしかありません。料金は3€。大聖堂の入り口向かって右側の地下に入り口があります。

大聖堂の塔へは階段のみ


追い抜くことが可能な程度の螺旋の石段を息を切らせながら上ったその先に、、、私の苦手な階段が待っていました。しかし、これを上らないと、まったく外が見えません。これには本当に足がすくみました。

最後の難関


上からの眺めは恐怖を我慢しただけのことはありました。左手に中央駅、前にはホーエンツォレルン橋。対岸にはメッセ会場などが見えます。

ケルン大聖堂の塔からの眺め


ですが通路はこんな感じ。腰から下も透けた状態なので、高所恐怖症の私は端には寄れません。それに、こういう観光地にありがちな話ですが、落書きがものすごいです。

ケルン大聖堂等の上


別の角度からの眺め。ライン川がそれは美しく見えます。12月にもう一度ここへ来るけど、たとえ超素敵なイケメンに誘われても絶対にもう二度と上らないと心に決めました。

ケルン大聖堂の塔からライン川を見下ろす


上りで非常階段ぽい部分は下りは石の螺旋階段でほっとしました。途中で鐘のあるフロアを覗けます。もし、この近さで鐘が鳴ったら心臓に悪そうです。

大聖堂の鐘


大聖堂を出た後は周りをうろつきます。まだ10時前なので、ほとんどのお店はまだ開いていません。マイセンのお店のクリスマスの飾りつけがシンプルな感じなのにおしゃれだなと感じました。

マイセンの店のクリスマス飾り


大聖堂の脇にはクリスマスマーケット会場がありますが、時間が早くてお店はまだやっていません。(まさに3日前に行ってきたので後日レポートしますね♪)

大聖堂とクリスマスマーケット


街角でとても素敵な泉を見つけました。このドイツの旅での私のささやかな楽しみのひとつだったような気がします。

素敵な泉


10:00 ケルンを後にしボンへ移動します。

次回はボンをレポートします♪
(アムステルダムからの更新でした。)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

大聖堂の地下遺跡

こんにちは。
ケルンの大聖堂は見甲斐がありますね!
地下にローマ時代からの大規模な遺跡があるのですが、地下見学は今許されていない?!のかな。。。
それとももう既に見てしまっている?!
マイセンのお店のクリスマス用飾り付け、素敵ですね。
今の時期はこの季節の飾り付けが良いですね!

私も。。。

aya1103さんも高所恐怖症でしたか
私もで~す
上りの下が見える階段をみただけで身体がムズムズしますi-229
下りはその階段ではなくて良かった良かったv-290


Re: 大聖堂の地下遺跡

yokoblueplanetさん

こんにちは!
ケルン大聖堂の地下に遺跡??存在すら知りません。そういえば、塔の入り口は地価にあって、遺跡ちっくな通路を通りました!そして、数日前にいったときも気付きませんでした・・・
でも地下の遺跡って壊そうですね。でも見れるなら見たいです♪
この時期のドイツは雰囲気だけでとにかく素敵ですよね。
こうでもしないとどんよりで鬱になるのも仕方ないように思います。

Re: 私も。。。

madameゆかさん

同じ高所恐怖症じゃないと、あの怖さ、わかんないでしょうねぇ。
全身に警報が鳴るような・・・。
一緒に行った旅ともはどんな階段だったか覚えていたので、あえて
私に教えなかったんですよね。あの透けた階段があるとわかっていたら
チャレンジしないのは事実ですから・・・。
でも、高いところからの眺めってやっぱり素敵だから、なんとか克服
できないものでしょうか。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR