ドイツ・ベルリン

2011/11/18 (4日目) 続き

18:55 Arr HTL
ドレスデンからバスで3時間。ベルリン近郊の何もないホッペンガルテンという場所のホッペンガルテンベルリンという4つ星ホテル。部屋は少しゆったりめ、ミニバー、ドライヤー有。InternetはTELEKOM以外のサービスもあるが1日15€。ここに2連泊です。

ホッペンガルテンベルリンの部屋


2011/11/19 (5日目)

9:30ホテル出発とゆっくりめですが、周囲には何もないし、朝食へは顔も出さず、部屋で朝からビールだカップ麺だという始末・・・。

10:00 ベルリンの壁から観光スタート。壁を利用したアートギャラリーとなっているイーストサイドギャラリー。落書きじゃないかと疑いたくなるくらいの作品も。

ベルリンの壁イーストサイドギャラリー


壁が切れたところから裏側を見ると、もう一枚の壁の一部とシュプレー川。壁は1重だと思っていたけど、4重くらいになっていたそう。壁が崩されたときは、まだ海外旅行をしたことがなかったし、無縁な世界だと思っていたので文献など今更壁の勉強。

ベルリンの壁の裏側


10:30 ブランデンブルク門。この側に壁が作られたので東西ドイツ分断の象徴ともなっている。ここで25分のフリータイム。久しぶりに写真に青空が!

ブランデンブルク門


少し時間があったので、ホロコースト追悼碑(ユダヤ人犠牲者記念館)へ。マイケルジャクソンで有名になったホテルアドロンの裏側にあり、5分ほどで行けますがツアーでは通常案内することはないよう。2711本の巨大なブックが波打つ地面に整然と並んでいます。地下には情報センターがあるようです。時間があれば足を伸ばしてみて欲しいスポット。

ホロコースト追悼碑


11:00 ペルガモン博物館。ベルリン観光には必ずと言っていいくらい入っている人気の博物館。どんなに急いでも1時間以上は必要。トルコのベルガマにあった紀元前の「ゼウスの大祭殿」がどんと丸ごと飾られている。ちなみにこの博物館を含む博物館島が世界遺産に登録されています。

ペルガモン博物館


ペルガモン博物館の私のオススメは、大祭壇の右側のエリア。古代アッシリアやバビロニアの重要な遺物がたくさんあります。奥のほうは改修のため閉鎖中。こちらは、ミレトスの市場門。

ペルガモン博物館ミレトスの市場門


古代バビロニアのイシュタール門をくぐって、先の模型を見るのもオススメ。美しい青い門がどのようにして建っていたのかを確認すると、頭の中でタイムスリップを楽しめます。写真は門の一部。ハムラビ法典みたいなのが写ってますが、確かルーブル所蔵だったはずなので、レプリカ?

ペルガモン博物館イシュタール門


実は今回は、ガイドの説明を無視して、自分の見たいものだけささっと見て抜け出し、こっそり隣の新博物館(エジプト博物館)へ行きました。もともとエジプトに行く予定がエジプト航空の再開が白紙化されてドイツに来ることになったので、せめて・・・
11:30 新博物館。10€。日本語の案内図は置いてません。

新博物館(エジプト博物館)


お目当てはコレ、ネフェルティティの胸像(2F右奥)。この像だけは撮影禁止だったので、これはパンフレットを写したもの。標準的な女性の頭より一回り小さいくらいのサイズ。顔のラインがそれは美しくため息が出ます。アマルナ時代はありのままの芸術が求められた時代なので、これが本当ならネフェルティティは絶世の美女だったに違いない。

王妃ネフェルティティの胸像


古代エジプトのアマルナ時代の展示品が数多く、保存状態もとても良かったので、もっとゆっくり見たかった。これはアマルナ王家のレリーフ。英語とドイツ語でタイトルがつけられているだけなので見る側は知識が必要。右のネフェルティティの肩辺りにいるのが三女で後のツタンカーメンの王妃となるアンケセナーメンだと思う。

古代エジプトアマルナ王家のレリーフ


2Fにはパピルスの所蔵品も多いです。3Fをさくっと見た後は、1Fへ。1Fにも古代エジプトの遺物が多く展示されていました。これは刻まれたカルトゥーシュ(王名枠)からセティ1世のレリーフと思われます。(ちょっとしたエジプト通です)

セティ1世のレリーフ


他にもハトシェプストの偽扉とか王墓などから剥ぎ取ったと思われるレリーフ、像などがたくさんありました。発掘当時のエジプトを考えると、こうして海外に持ち出して博物館にあるのは、結果としては保存状態よく現在まで残せたと言っていいと思いますが、いつかエジプトに返してあげて欲しいとも思います。(今は時期尚早)

12:15 ぎりぎりに何食わぬ顔でバスへ戻ります。
12:30 Lunch。ベルリンでしか味わえないビール、ベルリーナー・ヴァイセ(赤と緑)各4€はビールというより、アセロラソーダみたいな感じでした。

ベルリーナー・ヴァイセ


この後は、近郊のポツダムに行きます。ポツダムは次回レポートしますね。

17:05 ベルリンに戻ってきて、土産物屋へ。値段は高めだけど、お土産品は一通りそろっている。DNRまでフリータイムなので、カーデーヴェーというデパートまで行きました。高級デパートといったところで、日本語のフロアガイドもあります。6Fには世界中のありとあらゆる食べ物がそろっているかのようでした。ここでは買い物はせず近くのドラッグストア(DB)で巨大なニベアを購入3.45€ 400g。

高級デパートカーデーヴェー


カイザー・ヴィルヘルム記念教会の周辺ではクリスマスマーケットがほぼできあがっていたような感じ。古い教会は修復のため囲われていてその姿は見られませんでした。あの歴史をかいくぐってきましたという風貌の古い教会が好きだったのに残念。

カイザー・ヴィルヘルム記念教会


次回はポツダムをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ネフェルティティの胸像素晴らしいですね~♪

Re: No title

傑作、だと思います!
ネフェルティティはミタンニの王女の生まれという説もあるし、実際のところ
美人だった可能性高いけど、現代の人が見ても美人に見えるってすごいですよね!

No title

ネフェルティティ、すごい美人。
さすが歴史に残るだけある。

Re: No title

横や斜め後ろから見ても完璧でした!
美人の定義が3500年も共通するなんてあり得ないけど
めぐりめぐって同じになるってことなのでしょうか・・・。

No title

カイザー・ヴィルヘルム記念教会は改修中なのですね・・・
確かに、今にも崩落しそうでしたねv-390

ハムラビ法典の本物はルーブルにありましたよ~

Re: No title

そう、あの何ともいえない風情の教会が修復中ですっぽり囲われていました。
お陰で最初、自分のいる場所がすぐ特定できなかったくらい(笑)

ハムラビ法典は私もルーブルで毎回見てるから、あれ?って思ったんですが
レプリカか、または似て非なる遺物だったのかな・・・

《旅友の旧友より☆》

ブランデンブルグ門を訪れるたのは1997年でした。
その頃はかなり殺風景で、これが有名な門なの?と思ったほどです。
現在はビルが連立していて、かなり近代的な街並みに変わっていてビックリです。
もう、14年も経過したのですねぇ~(^_^;)

ところで、ドイツ各地の、クリスマスの動画を紹介します。
ブロガーの皆様も、重ねて楽しんでくださ~い。(^o^)/

http://www.go-journey.com/christmasmarket/100/102/




















Re: 《旅友の旧友より☆》

ブランデンブルク門の周囲もだいぶ変わったでしょうね。
今日もニュースで見ましたが、まだたくさんの不発弾とか埋まっているようですが・・・

クリスマスマーケットも皆で行く予定が流れてしまって、私は一人で行ってくることに
しました。オランダベルギー、とドイツはケルンによります。

そうそう、次の飲み会のときには声かけますので是非来て下さいね♪

《旅友の旧友より☆》

楽しみにしております。
ヨロシクお願いしま~す。(^o^)/

因みに、ブリュッセルには20回くらい行きました。
…というより、欧州へ行く時は、今は無き、「サベナ航空」を利用していたので、必然的にストップオーバーしていたんだけど、今となっては、大好きな街となってます。(^-^)

初めまして

壁画すごいですね。

一般人がこれを描いたかと思うと、想いの強さを感じます。
もともと芸術好きな国民なのだと思いますが…。

ホロコースト追悼碑がちゃんとあるのも偉いなーと思います。
日本にはないですからね、多くのアジア人の命を奪ったにも関わらず。

ビールが好きなので、ベルリーナー・ヴァイセ(うらやましいです。

Re: 初めまして

はじめまして!コメントありがとうございます♪

ベルリンの壁の絵はプロのアーティストによるもので、平和とかの願いがこめられたものに
なっています。実際、落書きが上から書かれているのか、元々の作品なのか区別の難しい
のもありますが・・・。

ホロコースト追悼碑はかなりの広さです。まったく違いますが、アウシュビッツなどの強制収容所
でバラックが立ち並んでいた姿を連想しました。そういえばアウシュビッツなどにはドイツ人も
多く訪れていましたし、収容所の補修ボランティアとしてドイツ企業の人々が働いていました。
そういうところは見習うべきですね。

ビールが好きの方には、ベルリーナー・ヴァイセはビールの一種とは認められないと思いますよ(笑)

今後ともよろしくお願いしますね♪

ドイツは・・

こんばんは。

写真の落書きの壁を見ると
20年ぐらい前にあったベルリンの壁を
思い出します。

壁が崩壊してこれからも平和であって欲しいですね。

ドイツは古城のように古い建物が沢山ありますが、
最後の写真のように新しい建物もたくさんあるんですか。


Re: ドイツは・・

こんばんは。
今の壁の絵は確か2年くらい前に書き直されたものだと聞いていますが
昔も絵(落書き?)が書かれていたんですね。

ドイツも空襲などで多くの街が破壊されましたから、ベルリンもそれで会談する場所も
なくてポツダムで会談したんですよね。だから、か戦後の建物はもちろん
近代的なビルもたくさんあります。観光で行くところはどうしても旧市街が
中心なので、昔の建物を復元したものが多いですが、新市街は普通の
先進国と同じですよ♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR