ロシア・ペテロゴフ(ピョートル大帝夏の宮殿)

2011/10/11 (6日目) 続き

16:00 サンクトペテルブルクの中心部からバスで約1時間20分、ペテロゴフに到着。夏季のツアーでは、「ピョートル大帝夏の宮殿の庭園観光」という場合が多い。ここは噴水が有名だから。今年は10/9が噴水の最終日だったので、私たちはほんのちょっと間に合わず、代わりに大宮殿の入場観光という予定。
だったのですが、着いてみたら噴水やってました!現地ガイドもびっくり。

ペテロゴフ 下の公園の噴水


大宮殿から見た下の公園。中央の運河の先はフィンランド湾。公園の木々はすっかり黄色に染まり、観光客もまばらです。

ピョートル大帝夏の宮殿大宮殿より下の公園を見下ろす


16:20 大宮殿へ入場。ロシアの宮殿は入場に際し、持ち物の持ち込みが結構きびしく、大きめのカバンはクロークに預けなければなりません(女性の小さめのハンドバックはOK)。ここの宮殿が一番厳しかったです。

残念ながら、大宮殿は内部は撮影禁止。現地ガイドの案内で1時間見学しましたが、いやぁ、他の宮殿に劣らない豪華さで、キラキラ、ゴテゴテ、でした。エカテリーナやエルミタージュより生活感がある部屋が多かったですが、それでも豪華さは負けず劣らず。

大宮殿の内部見学の後は、庭を散策。大宮殿前のテラスは大滝と呼ばれる7段の滝。噴水はもう終わって、大掃除をしていました。もしかしたら大掃除するために噴水だしていた所だったのかな?来年の春までは噴水はお休みです。それにしてもこの滝だけで37体の像と64の噴水があるそう。
物知りで早口の現地ガイドは、この大滝を舞台にバレエが上演されたのを見たことがあるとか。それは素晴らしい光景だったに違いない。

ペテロゴフ大滝と大宮殿


広い庭園は、遠くまで行く時間はなかったので、一人運河沿いを歩いて戻ってきました。
やけに人に慣れているぽっちゃりのスズメさんたち(鳥に詳しくないので違っていたらゴメンナサイ)が寄ってきてかわいかったです。

ぽっちゃりの人懐こいスズメ


公園は落ち葉ですっかり埋まっている状態。やたらと広い庭園ですが、ところどころにWi-Fiの小さな看板があって、時代の移り変わりを感じました。

ペテロゴフ下の公園の紅葉


庭園を歩いている間に、天気が回復してきました。今日の天気は雨のち曇りときどき晴ってところでしょうか。内部見学が多い時間帯に雨が降ってくれたのでほとんど傘を使わなくて済んでよかったです。
やっぱり、黄金は光がないと輝きませんね。

大宮殿の聖堂


大きな虹も出ている中、上の公園を少し散策した後、駐車場へ戻ります。もう季節的にも時間帯的にも観光客は他にいません。地元の親子がペットを連れて散歩する姿が印象的でした。

公園を散歩するほほえましい家族


17:45 ペトロゴフを出て、ホテルへ戻ります。ホテルは郊外にあるので、ここから45分程。
ホテル前にあるドデカイ勝利広場。この周辺は集合住宅などが多いです。

勝利広場


18:30 ホテル着。そういえばホテルの紹介を忘れていました。サンクトペテルブルクで3連泊した、パークイン プルコフスカヤ。4つ星の巨大なホテルで、写真は最終日に撮ったもの。裏側にもまだ棟があり、とにかく広い。レストランへ行くのに5分はかかる。

パークイン プルコフスカヤ外観


ドライヤー、冷蔵庫有。Internetは有料。部屋にチャージするかカードを買うかだが、値段が違う。部屋につけようとしたら、フロントに行けとメッセージが出た。1日400ルーブル、だったはずなのですが、チェックアウト時にお金は要らないって言われた。無料化したのか、繋がりにくいトラブルが多かったからか、料金徴収するのが面倒だったからか、目配せされたので理由は聞けず・・・。

パークイン プルコフスカヤの部屋


19:00 ホテルのビュッフェで夕食の後、小雨が降る中、歩いてすぐの普通のスーパーへお買いもの。
そして、夜はいつもの飲み会。こんなビールを飲み比べしました。ビール党じゃないので味の違いはよくわからないと言いたいところですが、フルーティなのとかもあって、かなり違いがありました。左から2つ目のネフスコエはお土産にも買って帰りましたが、コクがあってとてもおいしかったです。

ロシアビール各種


次回はサンクトペテルブルクの半日フリータイムをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

”目配せ”

こんばんは。
"目配せ”は特別の個人的「配慮」だったのでしょうか?!
時々ありますね。
噴水といい、ラッキーですね。
今回もまた全てが巨大、本当、感心します!
でもこの造られた大きな林、散策するのに最高の様子ですね。

No title

どれもこれも、なんて綺麗な・・・。
完成された美しさですね。

犬の散歩の、逆光気味の写真!
最高に美しいです。

あのスズメちゃんは、もしやニューナイスズメ?
図鑑の絵でしか見たことのないスズメ。
ここでお目にかかるとは^^

今日も素敵な写真、ありがとうございます。

Re: ”目配せ”

yokoblueplanetさん、こんばんは!

1日400ルーブルは1200円くらいかと思うとちょっと躊躇したのに
え?払わなくていいの?って思わず確認しちゃいましたよ(笑)

噴水は諦めていただけに本当にラッキーでした。
ロシアの宮殿は、敷地も広くって、そんな宮殿がいくつもあるっていうのが
本当にオドロキ!でした♪

Re: No title

limeさん

この日は朝から雨だったのに、最後晴れてくれてラッキーでした♪
天気悪いと、写真も暗いし、印象もどうしても悪くなっちゃいますものね。

ニューナイスズメ?ですか。見なれたスズメとはちょっと違うとは
思いましたが、餌でももらえると思っているのか近寄ってきて逃げない
かわいいスズメさんたちでした。ちょっと太りすぎじゃないの?って思いましたけど(笑)
ズームみたいだけど、違うんですよ♪手乗りしそうな雰囲気でした。

豪華さに圧巻されます

ロシアの建物はひとつひとつが大きいですよね。
特にセントピーターズバーグはワンブロックありそうな建物ばかりでした。
しかしどの建物も外観もきれいだったのを覚えています。
宮殿になると中の装飾は絢爛豪華ですよね。
私はひとつ位しかいきませんでしたが、
これだけ沢山行くとと私だったら頭がおかしくなりそうです。
良く詳細に覚えていらっしゃるので感心しております。

Re: 豪華さに圧巻されます

ホテルもここは空港か?という広さで、食事に行くのが、まるで国際線から
国内線に乗り継ぐような感覚(笑)
宮殿の広さに至っては、いったいどんな生活をしてたやら?と思ってしまいます。
宮殿内では馬車とか使わなかったんでしょうし、あまり動かなかったのな。
各宮殿はそれぞれ特徴はあったものの、階段とか金ぴかの部屋なんか、
どこかで見たな、おなかいっぱいと正直思っちゃいました。

懐かしいバルチカ

こんばんは!(Добрый вечер! ドーブルイ ヴェーチェル)
相変わらず、ついてますね。ほんとに羨ましいです。

小鳥たちが、逃げないんですよね。人間は恐い存在じゃないのでしょうね。

バルチカБАЛТИКАという銘柄の3と7が写っていましたので、懐かしく拝見しました。
今や、缶ビールになってるんですね。時代が進んだので当然でしょうけど・・・

Re: 懐かしいバルチカ

こんばんは!

ツキっていうのは、ついているなって思う人のところに寄ってくるんですよね。
だから小さなことで、わーいラッキーと思っていると、どんどんやってくるような
気がします。半分は気の持ちようってことですね(笑)。

バルチカは0番から9番まであるってガイドブックにも書いてありましたが、
ほとんどが、スーパーやレストランで見るのは、3番か7番ばかりで、他のは
試せませんでした。もちろん、瓶もありますけど、スーパーで売っているのは
缶が多かったです。500mlサイズしかなかったけど・・・。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR