FC2ブログ

ロシア・エルミタージュ美術館

2011/10/11 (6日目)

9:00 ホテル出発。この日は残念ながら予報通りの本格的な雨。ですが、午前中はエルミタージュ美術館の見学なので、天気はあまり関係ないしまぁいいかと一人納得。でもせっかくのきれいな冬の宮殿の写真が暗い・・・。

エルミタージュ美術館冬宮


10:00 エルミタージュ美術館前の宮殿広場。広大な広場にはポツンとアレクサンドルの円柱。向こうに見えるのが、旧参謀本部。天気のためか、人もほとんど歩いていないので、その広さが一層際立っているように見える。

宮殿前広場とアレクサンドルの円柱


エルミタージュ美術館は写真撮影OK(フラッシュ禁止)。クロークに上着を預け、トイレは1Fの階段脇などにあるので、先に済ませてから見学に出発。
まずは、お決まりコース「大使の階段」からスタート。

大使の階段


大理石に赤じゅうたんの階段を2Fへ上る。各国の使節などを迎えるのに相応しい正面階段で、王侯貴族になった気分。天井の絵や、周りの装飾などに圧倒される。実は私は絵画などにあまり興味がないので、こういった宮殿の内装などを楽しみにしていたのですが、期待を裏切らない豪華さ。

大使の階段上部


ピョートル大帝の間。ピョートル大帝の栄誉をたたえ、ニコライ1世が建造した部屋。
他の部屋と違ってちょっとシックな感じ。

ピョートル大帝の間


紋章の間。この宮殿には1000を超える部屋があり、数えきれないほどの巨大なシャンデリアが使われている。奥ではちょうど電球の交換中。電球の交換だけで1年中、仕事があるんだろうと想像できる。

紋章の間


1812年祖国戦争の間。ナポレオンを敗走させた祖国戦争の勝利を記念したホールで、332人のロシア将軍の肖像画が並べられている。反対側(写真の手前)にもズラリ。これだけそろうとすごく立派なものに見える。

1812年祖国戦争の間


その後、王座の間を通り、パヴィリオンの間へ。ここには、モザイクによるテーブルなどがあり、その細かさは、ギリギリまで顔を近づけないとモザイクだと気付かないほど。壁にかけられたエカテリーナ2世肖像もモザイクでできている。その他、黄金の仕掛け時計「孔雀の時計」など見ものが多い。

モザイクによるエカテリーナ2世肖像画


パヴィリオンの間は、エカテリーナ2世の愛人だったと言われるポチョムキンが暮らしていたとされる部屋。ネヴァ川と空中庭園の両方を窓から見れる絶好のロケーション。私はこの部屋の一角がちょっと気にいった。部屋の上にあるバルコニー?に通じる階段がある一角。ただ広い広間ばかりの宮殿で、かくれんぼができるようなスポットがあると興味深く見てしまう。

パヴィリオンの間


新エルミタージュ側へ渡り、イタリア美術でダヴィンチなどの作品を見る。
こちらは、225室。これといった展示がない部屋はなんだかほっとする。300万点を超える収蔵美術品をいくら部屋数があるからと言ってもそこかしこに展示されているとさすがに疲れてくる。たまにはただキレイなだけの部屋はありがたい。

225室


各部屋には番号がついていて、館内マップを持っていれば迷うことはない。ただ、とにかく広いので、行きたいところへ行くのは簡単じゃない。事前にルートを決めておかなければ、同じ部屋へ戻って見過ごしたものを見にもう一度行くというのは気力もそがれるので注意したい。ルーブル程わかりにくい位置関係ではないものの、広さの点だけは侮ってはいけないと思いました。

ラファエロの回廊へ。こちらは、ヴァチカンのラファエロの作品をコピーして作らせたという回廊。フレスコ画が壁や天井を一面に埋め尽くしている。実際にここを歩くより、入り口から眺めるのがオススメ。

ラファエロの回廊


オランダ美術を見、ルーベンスを中心とするフランドル美術を鑑賞した後は、冬宮へ戻り、フランス美術を見ながら、3Fへ。ちなみに階段は結構急なので足腰弱い方はエレベータも使えます。3Fでは、近世のヨーロッパ美術の絵画を鑑賞。セザンヌ、モネ、ルノワール、ゴーギャン、ゴッホにピカソなど誰でも知っている有名な画家の有名な作品が明るい展示室で鑑賞できます。

2時間近くガイド付きで絵画を中心に見た後、残り1時間はフリータイムです。
私は、絵画より彫刻とか遺跡発掘物が好きなので、新エルミタージュ1Fの古代エジプト、ローマ・ギリシャの展示をゆっくりと一人で見て回りました。写真はクレオパトラの像。

古代エジプト文化の芸術


それにしても足の悪い人含め、この広い美術館を皆よく歩き回ってました。私は持久力がないので、椅子があるところではすぐ座ってしまいます。

割とあっという間に1時間が過ぎましたが、集合時間になっても4人のPAXが現れない。添乗員が探しに消えた瞬間、逆方面から4人が現れたので、走って添乗員を追いかけました。久々に全速力。添乗員が若くて、捕まえたのはカフェの近く。また危うく迷子になるところでしたね・・・。

次回は、ぺテロゴフ、ピョートル大帝の夏の宮殿をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

まぁ。
どこもきらびやかだよねぇ。
首が痛くなったんじゃないの?

Re: No title

ご名答!!
宮殿の天井って高いし。いやーすっかり首こっちゃいました(笑)
実際は、絵画の部屋とかが多かったので、そんなに上ばっかり見てた
わけじゃないんですけどね!

No title

素敵ですねぇ。
ため息が出ます。

エカテリーナのマンガ(池田理代子さんの)を読んで
サンクトペテルブルグには、いつか行ってみたいと思っていました。
なかなかチャンスがないんですが、こちらで楽しませて頂きます!

Re: No title

こんにちは!コメントありがとうございます♪

今回のロシア行きにあたって、ロマノフ王朝についてちょっと勉強しようと
しましたが、結局書籍を読んでも眠くなるだけで、池田理代子さんのマンガを
読み返すことでごまかしました(笑)
あのマンガを見るに豪勢でオーバーなんじゃないかと思ってましたが
現実の宮殿などの豪華さはまさにマンガの中の世界そのものでした。
いつかご自身の目で確認しに行ってみてくださいね~♪

No title

はじめまして、りもママと申します。

私は旅行が大好きで独身の時は良く
行っていましたが、子供の手が離れたら
世界中を旅するのが夢です。

Ayaさんは一年中、旅をされているのですか?

Re: No title

はじめまして!コメントありがとうございます♪

仕事を辞めてからは旅行三昧ですね・・・。仕事してるときも年に2,3回
行ってましたけど(笑)
お陰で旅行貧乏になってしまい、今後どうするやら?と心配ですが。
私の旅ともにも子育て終わって旅行しまくっている人がいますが、
その日のためにせっせとため込んでおくことをオススメしますよ。
一度行き始めるととまらなくなっちゃいますから~♪

では、今後ともよろしくお願いしますね♪

No title

こんばんは!

いつもながら、しっかりしたレポートで、感心しながら拝見しました。
あー、こんなとこもあったのだー、と改めて思いました。のんきに見落としたり、なんとなく通り過ぎたりしていた自分を反省しています。

Re: No title

こんばんは!

いえいえ、結構見逃していますよ(笑)
人によって興味も好みもそれぞれですし。
視力がいいので、情報量は結構多いのでしょうけど、何に注意をひかれるか
気にとめるかはその人次第でしょうしね。
私の場合はまた来よう、と少しでも思うと、執着しないで見逃しちゃうようです。
ロシアは次いつ行けるかわからないし、って思いましたけど(笑)

No title

ため息ばかりな美しさ。。
続いている宮殿の写真。

夢が広がるわ。。

Re: No title

多くの部屋は今では「封通の部屋」でしたけど、やっぱり凄いですよね。
どんな世界が広がっていたのか、想像するだけでワクワクしますね♪
宮殿もさることながら、世界中からかき集めた膨大な美術品もすごいです・・・

長い修復工事の後でしたね?!

こんにちは。
ここは確か長い修復工事を経てきれいにされた場所でした?!
本当に美しくなってますね。
これだけの規模の美術館を全部見学して歩くだけでも大変。
お疲れさまでした~レポート、感謝です。

Re: 長い修復工事の後でしたね?!

こんにちは!

大使の階段はずっと修復してたみたいですね。確かに、いまできたかのように
きれいでした♪
3時間の見学でしたので、かなりチラ見だったんですよ。団体見学中はイヤホンガイド
聞きながらルートの脇の部屋を覗いたりと忙しかったし、結局、新エルミタージュ側は
主な絵画の部屋しかいけませんでした。
ちゃんと見ようと思ったら2日くらいは必要でしょうね!

No title

ロシアは50回位訪れた事があり、もう少しで住む寸前まで行きました。
ロシア危機が起こり断念しましたが。

エルミタージュ美術館を3時間だけ、貸し切りにして見せて頂いた事が
あります。嘘の様なホントの話で忘れられません。

とても懐かしく写真を拝見させて頂きました。
ありがとうございます。

Re: No title

ロシアに50回!!
想像できません・・・。まずそんなに飛行機に乗れることがうらやましいです。
(お金もですが、怖くてそんなには乗れないから・・・)
それにしても、エルミタージュ貸切なんて、すごい贅沢ですね♪
私が行った時もかなりすいていると言われましたが、それでもあの広大な
宮殿内には相当な観光客がいたはず。
いやー、ただものじゃありませんね?
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR