ロシア・モスクワ③

2011/10/07 (2日目) 続き

武器庫見学の後は、クレムリンの中心部へ。まず目に入ったのは、ブラゴヴェシチェンスキー聖堂。舌をかみそうな名前・・・聖母受胎告知という意味の名前らしい。イワン大帝の個人用礼拝聖堂として建てられたもの。黄金の玉ねぎがいくつも乗っているが、白い建物とよく調和している。

ブラゴヴェシチェンスキー聖堂


サボールナヤ広場の周りには他にもたくさんの聖堂が。奥にあるのは、かつてモスクワで一番高い塔だったというイワン大帝の鐘楼。この広場は高台にあるクレムリンのほぼ中心にあるのだけど、少し陽が陰ってきたせいか、急に風が冷たくなってきた(上着を持ってなかった・・・)。

サボールナヤ広場とイワン大帝の鐘楼


こちらはアルハンゲルスキー大聖堂の入り口のフレスコ画。この聖堂には歴代のロシア皇帝の棺が安置されているそう。残念ながらツアーではひとつひとつ入場している暇はないので、広場で軽い説明を聞く程度。フリータイムにしてくれればいいのにな・・・。

アルハンゲルスキー聖堂入り口


ウスペンスキー寺院には入場。内部は撮影禁止。
かつてロシア帝国の国教大聖堂とされ、ロシア皇帝の戴冠式が行われた聖堂。その内部はそれほどは広くないが、壁も柱も一面鮮やかなイコンとフレスコ画で埋められていて、圧倒される雰囲気。

ウスペンスキー大聖堂


イワン大帝の鐘楼の裏にドンと置かれているのは、鐘の皇帝。世界最大の200トンもある巨大な鐘で、写真ではよくわからないかも知れないけど、高さが6.14mもある。鋳造中に起きた火災で水をかけられて割れてしまい未完成。かけらだけで11トンもあるとのこと。どうやって作ったやら。

鐘の皇帝


こちらは大砲の皇帝。鋳造時の16世紀には世界最大の大砲だったとのことだけど、実際に使用されたことはないらしい。重さは40トン。なんでも規模が大きいのがいかにもロシアらしい。

大砲の皇帝


兵器庫の脇を通り、クレムリンを後にする。兵器庫の周辺で警備をしていた若い兵士?はどの人もスタイルも良くカメラのズームでのぞいたらイケメンぞろいだった。トロイツカヤ塔からクレムリンの外へ。

トロイツカヤ塔


17:00 DNR@RST
夜はボリショイサーカスを見に行くため、早めの夕食。ロシアは昼がディナーなので、夕食の方が軽い。サラダは毎回のように出てくるオリヴィエ。ポテト、人参、ピクルス、グリンピース、ゆで卵などをマヨネーズであえたもの。パンはライ麦を使った酸味のある黒パンと白パンがセットで置かれる。

オリヴィエ


メインは、キエフ風カツレツ。固めの衣の中はチキン。バターを包んで揚げてあり、ジューシーでなかなかおいしい。赤のグラスワイン(170ルーブル)と一緒に頂きました。

キエフ風カツレツ


急いで夕食を済ませた後は、ボリショイサーカスへ。といっても、モスクワ名物大渋滞に巻き込まれ、いつ着くやらという状況。19:00開演予定が、夕食をのみ込むように食べて駆け付けたのにもかかわらず、着いたら19:40。そうそうボリショイって大きいって意味なので、大サーカスってことなんですね。

ボリショイサーカス会場


1971年創立の国立サーカス。公演中は撮影禁止。中央の舞台を取り囲むように客席が並ぶ。
公演内容は、こういうのがサーカスだっけ?という感じのもの。空中ブランコとかなかったし。
2時間半くらいの公演で、動物のショーやアクロバットなどが演目。間に休憩が1回入る。

大がかりな舞台装置付きの会場


舞台装置は大がかりな仕掛けがあり、最後はあっという間にプールができあがったのでびっくり。
途中、うとうとしちゃったりしたけど、熊が本物か着ぐるみかで話題が盛り上がりました。本物だそうです。

あっという間に水が満ちプールにも変身


22:45 ホテル着。すっかり遅くなったにも関わらず、旅ともたちと1:30までビール飲みながらおしゃべり。実は連日そんな感じ。いつもの旅よりすごいエネルギー使ってるけど大丈夫かなぁ?

次回は、黄金の環ウラジーミルをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ギリシア正教

こんばんは。
本当に全てが大きいですね。
それにしても鐘も大砲も大き過ぎて実用外!
大砲は戦時にどう運ぶつもりだったのでしょう?!
それとも威嚇のため?!
考えるだけでも楽しいけど。。。

そう云えば、教会のタマネギは、ギリシア正教だからですね。

Re: ギリシア正教

こんばんは!
大きさは権力の象徴なんでしょうけど、本当に使う気があったのでしょうかね?
っていう大きさでしたね。見たものを圧倒させ、抑止力にもなってたのかも?

ロシア正教はギリシャ正教の一派ですからね、建築はビザンチンの流れを
くんでいるのでしょうね。教会建築は特徴があって、見あきるほどヨーロッパの
教会を見た後でも、その外観の独特さ、内部の美しさなどにため息が
出ますね!

No title

サーカスと言えば空中ブランコって思っていたけど、
今は様変わりしたのかなぁ~
木下大サーカスなんてあったけど、今はどうしているのかな?

イワン雷帝だけあって大きいですねぇ。
人がそばにいたらもっとわかった気がする。
きっと柵で囲ってあるのかな。

Re: No title

大きさがわかるためには人が入っていた方がよかったですね。
誰かにモデルになってもらえばよかった。
こういうとき、通りがかりの外国人を入れて撮りたかったんですが
周りに人がいなかったから・・・

サーカスは実は結構拍子抜けでした。サーカスっていうより、
できのいい大道芸に近いような、っていったら怒られちゃいますね。
でも、やっぱり空中ブランコのイメージですよねーー。

イケメンねぇ~

背も高くてスラッとあしなが?
劣等感味わうでしょうね~メンズは。


大渋滞はモスクワ名物なんですね?
ツボレフ(ロシアのクラウン?)なんかも走ってるのかなぁ?

Re: イケメンねぇ~

そうそう、背は190cmくらい?ほっそりして足も長い。
端正な顔立ち。もっと近くで見たかったなぁ(笑)

渋滞はモスクワへ来た人の一番印象に残る事柄みたいです。
車線が少ないわりに、車多いので。
新しい車から昔のソ連製まで、様々な車が走っていましたが
汚れている車が多かったのが印象的。
朝になると道路が濡れてて、散水車が夜走っているみたい。
土ぼこりが結構あるんでしょうね。舗装率がまだ高くないのかな。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR