ロシア・モスクワ②

2011/10/07 (2日目) 続き

Lunchの後は、いよいよモスクワの観光で最も楽しみにしていた赤の広場へ。
13:00ワシリー寺院、これこれ、これを見に来たのよ~と興奮状態。
真ん中のポクロフスキー聖堂を中心に周りを8つの聖堂が取り囲み、そのひとつひとつに独特の玉ねぎが乗っている。

聖ワシリー寺院


イワン雷帝によって1555~1561年に建てられたモンゴル戦勝記念の聖堂。玉ねぎの形や色合いは、まさにロシア独特のもの。思っていたほど派手というわけでもなく、絵本に出てきそうな建物というか、ケーキみたいな、というかとにかく美しい。その美しさから設計者の目が刳り抜かれたというのも、まぁ理解できなくもない。

ケーキのような聖ワシリー寺院


ワシリー寺院を回り込むと、そこには赤の広場が広がる。赤の広場は、古代スラブ語で赤いじゃなくて、美しいという意味だというが、いや、びっくり。美しく広い広場は、今まで描いていたロシアの印象を見事にぶち壊してくれた。ベルギーのグランプラスを初めて見た印象のような圧倒感。正面の赤い建物は国立歴史博物館。

美しき赤の広場


こちらはロブノエ・メスト。赤の広場のやや端の方にある、台のようなもの。全国に布令を発したり、演説が行われたり、処刑が行われた場所。円形の石の柵で囲まれ、無数のコインが投げ入れられていた。

ロブノエ・メスト


赤の広場とクレムリンの境にあるレーニン廟。現在でも革命の父、レーニンがここに眠っているそう。

レーニン廟


レーニン廟の向かいにあるのがグム百貨店。1893年に建てられた工場を元に改装されたものというが、まるで大きな宮殿のようで、すごく立派で美しい建物。ここでしばしのフリータイム。

グム百貨店


グム百貨店は、3階建で、吹き抜けのアーケードが美しい。中は広いのにトイレは正面入り口の外側から地下に降りたところにある。ロシアはトイレの箇所が少ないという印象。

グム百貨店内部の中心部


世界中の超一流ブランドがずらりと並び、スーパーマーケット?は高級なデパ地下のものといった感じ。日本の食材から何でもござれ、お値段も相当のもので、観光客がお買いものしようという感覚はちょっとそがれる。ロシアにいることを忘れ、パリかどこかにいる錯覚にとらわれる。

グム百貨店内部


そういえば両替の事を書きそびれました。ロシアルーブルは成田でも両替できますが、流通量の少ない通貨は手数料がかなり高いので、日本で両替するかは悩むところ。ただし、ロシア内では、日本円からの両替がほぼ無理なのでユーロか米ドルを介してとなり2度手数料を払うことになる。

大金を両替したり、わずかでも得したい人は、ユーロか米ドルで現地で両替がいいかも知れない。ただし、両替所がやってなかったり、ルーブルがないとか訳わからないこと言う場合があるので要注意。
参考レート:成田では、1万円が3500ルーブル。つまり1ルーブルは2.85円。
モスクワのホテルでは、100ユーロが3800ルーブル(成田で1ユーロ105円)。街中の両替所では、もっとレートがいい。

ツアーだったら、5千円から1万円両替がオススメ。ユーロ、ドル、クレジットカードを使えるところで使って、ルーブルを余らせないようにしないと、再両替はかなりの損です。

14:25 クレムリンへ。クレムリン、は城塞を意味する言葉で、何もモスクワにのみあるというのではない。もっとも有名なのがモスクワの中心にあるこのクレムリンではあるが。
高い城壁に囲まれた一角はかつての歴代皇帝の住まいであり、ロシア正教の中心地。ボロヴィツカヤ塔から入場。セキュリティチェックがあるが、日本人の団体はほぼスルー。

クレムリン・ボロヴィツカヤ塔


入ってすぐの武器庫の中を見学。現在は、博物館となっている。内部は撮影禁止。それは見事な、金や銀の器、王冠や椅子、イースターエッグ、エカテリーナ2世などの衣装などがずらり。中でも息をのんだのが、18世紀ごろの宮廷馬車の数々。見事な装飾はこれまで見たこともない豪華なもので、とても馬車とは思えない贅を極めたものだった。

武器庫


次回は、クレムリンの続きからモスクワ観光の残りをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ワリシー大聖堂いいですね~
あの独特の色使いが素晴らしいv-353

ルーブルへの両替は大変ですね・・・
ATMがあれば、そこから引き下ろすのが良いかも。
街中にATMって結構あるんですかね!?

Re: No title

ワシリー寺院、もっと毒々しい色合いかと思っていたら、きれいでしたね~
よく見ると、形も変わっているし。

街中のATMはあまり気付きませんでしたが、銀行は山ほどあったので
たぶんATMもあったんでしょうね。シティバンクがいっぱいありましたよ。
そう、外資系の会社とかいっぱいあって、かつてのソ連のイメージとは
だいぶ違う街でした♪

不思議な国

こんばんは。
ロシアって本当に不思議な国。こんな美しいものを作ってきた時代もあるのに、激動の歴史があって、今でも正直どっちへ走り出すか判らない所がある。
グム百貨店の美しいアーケード、どの映画か忘れましたが、使われてましたね。
007とか MI とかだったと思う、、、

Re: 不思議な国

こんばんは!
ロシアって本当に不思議な国だと私も思いました。
かなりヨーロッパに近くなっているなぁとも思うし、ところどころ、まだソ連っぽいところも
残っているし。
グム百貨店には本当にびっくりしました。建物が美しいばかりか、入っているお店が
超一流ばかりで、警備員やドアマンが姿勢正しく立っている。もっと中国の百貨店みたいなのを
想像していたのでびっくりでした♪

No title

私の中にあったロシアのイメージが。。

なんて綺麗なんでしょう。。
こんな素敵な寺院があったのですね。

Re: No title

私のイメージは、固い、暗い、寒々しいものが多かったので、実際見てびっくりしました。
雰囲気はヨーロッパに似ているのに、どことも違う独特の雰囲気がありましたね。
爽やかで、美しい広場でした♪

No title

こんにちは。
ロシアと言うと一番に思い浮かべるのが ワリシー寺院です。
実は9月出発の読売旅行で ロシアに行ける企画があり 友人たちからも誘われたのですが 靴のマークが多く かなり歩くことが予測され 残念ながら断念したのがロシア旅行でした。

エカテリーナ エルミタージュ美術館・・・・・・etc。
行きたい思いは一杯ですが外反母趾なので 長時間歩けません。


 ayaさんのブログで 宿泊先の状況や食事まで まるでご一緒に旅をしているかのような気分にさせて頂き とっても楽しいです。
続きを拝見するのが楽しみですヽ(^。^)ノ

美しいクレムリン!

聖ワシリー大聖堂の美しい姿を見せていただき、感謝!
10年前、レモント(工事)中で緑のマントを着たような姿でしたから・・・
クレムリンも、青空のもと大いに映えていましたね。
また、グムも一段とバージョンアップしていたのですね。
この後も、楽しみにしています。

Re: No title

言の葉ISさん、こんにちは!

今回の旅行では、空港で車いすアシスタントを頼まれた方も参加されていました。
でも、この方、杖をつきながらも観光は全てご自身で歩かれました。
つまり、そんなには歩かなかったのか、または実は車いすは大げさだったのか
わかりませんが、気合いでなんとかなる歩行距離だったんじゃないかと思います。
確かにエルミタージュとか広かったですけど・・・・

食事とか、これといって感想が薄かった時ははしょっていますが、行った気分で
見てくださいね~♪

Re: 美しいクレムリン!

2ninn3kyakuさん

10年前にロシアだなんて、相当の旅好きですね♪
ワシリーはもっとも見たかったものの一つで、晴天の下見れてとてもよかったです。
こんなきれいな国だとわかっていたら、私ももっと早く訪れていたでしょうね。
ロシアにもっていたネガティブなイメージは一掃されました!

No title

ワシリー寺院を始め、赤の広場・・・懐かしいです。
美しい青空ですね。  もう かなり寒かったのでは?
モスクワでは 巨大な建物が多いですね。
銅像やシンボルタワーの多い国だなぁと 驚いた経験が
あります。

Re: No title

それが、拍子抜けするほど寒くはなかったんですよね~
この日は上着なしで歩いてました♪
国土が大きいからか、なんでも大きいなってちょっとびっくりしましたね。
その割に道路が広くないのが、ちょっと困った点ですけど(笑)。

クレムリン…

城塞っていう意味だったのですね?
ひとつの固有名詞かと思っていました。

近代化よりも古き力の誇示みたいなものを感じますね。美しいです。
空気はきれいなのですか?
人混みはあまり感じさせなくて、いい感じですね♪

Re: クレムリン…

クレムリンって私もモスクワの地名か何かだと勘違いしてました。
昔都だったいろんな街にあるんですよね。
空気は自動車多いのでモスクワとかはあまりきれいじゃないかと。
国土広いから、駅のような所以外はそんなに人ごみじゃないですけど
人口は集中しているようですね。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR