旅の持ち物・スーツケースの選び方&使い方

今日はスーツケースについて。選ぶとき、使うときのアドバイスを書きますね♪

私は現在、3つのスーツケースを使用しています。といっても、1つは、小さなソフトケース。5日以内の旅行に使います。アジアとか日数が少なくて、服が夏物でかさばらない場合ですね。
機内持ち込みができるギリギリのサイズです。
ソフトケースでは、内側、外側にポケットがあると便利です。

さて、残る2つのハードケースをご紹介。

ピンクのスーツケースは、6日間~9日間の旅行に主に使用しているスーツケース。
確か、昨年アリタリアで旅行した際に破損し、修理不能で交換してもらったものです。
なお、スーツケースに乗っかっているのは機内持ち込みに使っているバックです。

スーツケース中型やや大きめ


ボルドーのは、大型で、10日間以上の旅行に使います。今年、ルフトハンザに搭乗した際に破損し、やはり修理不能だからといって、もらった新品です(Primaxハードキャリー大型)。

スーツケース大型


そう、2つとも航空会社によって破損したスーツケースの代わりに頂いたものです。
たいていは、破損したスーツケースが修理できない場合、同等の大きさ(またはそれ以下)のものと交換してくれます。

航空会社が契約しているメーカーのカタログが送られてきて、希望のものをもらうわけです。価格はだいたい小売希望価格で3万円弱のものでしょうか。元のスーツケースが1万円以下だったので、わらしべ長者みたいな感じです。

私の経験から言うと、5万円以上するスーツケースも、1万円以下のスーツケースも、破損する確率はほぼ同じ。高いものを持っていても、同じものの新品は保障されないと思った方がいいです。気にいった高いスーツケースを使っている人は、保険に入っておく方がいいでしょうね。

で、私は最初は高いスーツケースを使っていましたが、強度にしてもそんなに変わりないと実感し、安ものをネットで買うようになりました。今はわらしべ長者で自分で買ってませんけどね。

しいて言えば、高いスーツケースは、修理できる可能性が高いので、エコ、かもしれません。


さて、そういうわけで実を言うとスーツケースにあまりこだわりがない私ですが、選ぶときのポイントをあげますね。

1.自分にとって、目立つ色を選ぶ。
好きな色でも構いません。バゲージクレームで見つけやすい、バスなどに積まれたかどうか確認し易いようにです。

2.スーツケース自体の重量の軽いものを選ぶ。
空の状態でも何キロもあるスーツケース。やっぱり軽い方が中にたくさんものが入るのでお勧めです。絶対値で比べてもダメなので、容量が何リットルかと合わせて比較して下さいね。

3.キャスターの滑らかなものを選ぶ。
意外と差があるのがキャスターです。特に20kgとかの重さになったときに、力をかけずに取り扱えるのはすごく便利です。空の状態だったら、1本の指先だけでどのくらい動きがいいか、をチェックです。

そして、最後に迷ったときは、より容量の大きい方を買う、これがポイント。大は小を兼ねる、です。
今時は、鍵はTSAロックが標準装備ですし、後は表面の加工とかプロテクターとかですが、それほど気にすることでもないと思います。


最後にスーツケースを使う際のポイントをあげますね。

1.航空会社の規定している重量は守ること
破損した場合に、規定の重量を超えていると保障してもらえませんので、オーバーしているのに預かってもらえた、とぬか喜びするのはどうでしょう。空港で働く方たちへの体の負担も考慮されているので、決められたキロ数は守るようにしましょう。私は重さがだいたいわかります。片手で持ち上げて、持ち上がる程度が20kg。カウンターで預ける前に自分で重さを体感して、結果と照らし合わせているとだいたい感覚があってきますよ。

2.鍵はいつも同じところに
海外旅行に行く際に、忘れたらいけないのが、パスポートとスーツケースの鍵。
旅行中も何度か開け閉めするので、ちょっと目立つキーホルダーなどをつけ、いつも同じ場所に入れる、できれば落としたりしないように、カバンの内側などにひっかけたりして固定できるようにするのがいいと思いますよ。

3.使用するベルトは帯状のシンプルなものに
カチャっと閉まるベルトがありますが、便利で簡単な分、実は破損の可能性が高いです。カチャの部分が壊れればベルトとして機能しません。着脱しやすい分、壊れて外れてしまうリスクがあるのです。ですから、面倒でも自分で締めるタイプをおすすめします。100円ショップで売っているので十分です。

4.空いたスペースにはプチプチをつめる
そう、荷物などに緩衝材として入っているあのプチプチです。買うまでもないので、届いた荷物に入っていたらとっておきましょう。荷物がずれないし、スーツケースの破損を防ぐ役割もあります。
そして、復路では、たとえばワインとか割れ物などを買った場合に包むことができますし、万一荷物が多くなった時は、捨てて来るという選択もできます。とにかくパンパンにつめていくのがいいです。重さはないですしね。

5.シールはすぐはがす
旅行会社のステッカーや、ホテルの部屋番号、セキュリティのシール(最近は少ないけど)などは、用がすんだらすみやかにはがしましょう。すぐにはがさないとはがれなくなるからです。もちろん記念にしたい方はそのままで。購入したステッカーなどを貼る場合、スーツケースは消耗品、修理不能になった時はステッカーも一緒にさよならになるのでその覚悟で。

6.税関を出る前に破損をちゃんとチェックしましょう
後で気付いても保障してもらえません。その場で、すぐに確認しましょう。小さな浅い傷や汚れなどは気にしない方がいいですが、たとえ1cmでも亀裂が入っていたりしたらちゃんと破損を申し出ましょう。取っ手やキャスターは保障対象外ですが、見落としがちなのがキャスターのついている底面です。
手荷物破損報告書を発行してもらい、後日宅配便でスーツケースを送ります。1か月くらい修理にかかるので早めに出した方がいいです。

いかがでしたか?持ち物については、中身についても今後取り上げていく予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは!

いつも楽しく拝見させていただいています。。。

おいらのスーツケースは搭乗した航空会社のステッカーをベタベタ貼ってます。。。
バゲージクレームですぐに見つかるようにと思い。。。
もう10年程使っていますが、一度も破損せず頑張ってくれてます。。。

以前、空港のカウンターで、搭乗しない航空会社の方にステッカーを貼ってと、いただいた事があります。。。

いつも楽しい記事を、楽しみにしています。。。

こんばんは

そうか・・
空いたスペースにプチプチをつめるのはいいですね。
考え付かなかった・・。
ありがとう。

記事が優しいですよ!


Re: こんばんは!

クラクラさん

こんばんは!
10年以上はすごいですね~。私は割と破損率高いんですよ。
もういくつスーツケース使ったか覚えていられないほどです。
で、前はステッカーはってたりしたんですが、捨てなきゃいけないときに
なんかちょっぴり悲しかったので、それ以来シール類はむしろはがす方に
なっちゃいました・・・。

Re: こんばんは

しげちゃんさん

こんばんは!
プチプチ、人にあげてもとても喜ばれていいです。
この話をベテラン添乗員さんにしたら、さっそく買いに行くっていってました。
小さいつぶのより、大きめのつぶのやつのほうがクッション性がいいので、
気に行っています♪

今日は、特に嫌なこと思い出さなかったから、やわらかい、かな(笑)

No title

スーツケースは大きさが難しいですね・・・
自分は基本的に1種類だけで、3日の旅行でも2週間の旅行でも
小さなスーツケース1つのみです。
(長期の場合は服を洗濯したりしてしのいでます)

今のスーツケースはTSAロックも無いし、収納に優れている訳でもないし、不便な事も多いけれど結婚祝いとしてもらったものなので
愛着があって手放せないですね^^

Re: No title

もうそうなってくると愛着があってたとえ壊れても物入れとして使うでしょうね、私だったら♪
最近は、冬でもヒートテックとかうすいダウンがあったりして、昔ほど荷物がかさばらなく
なったので、だいぶパッキングに困らなくなりましたよね。
私の場合、くつとかカップめんとか、かさばる物入れるから、重さは15キロ前後でも
容量がないときついので、最近はソフトケースの出番がほとんどないです・・・

破損

こんばんは。
ここ数年、スーツケースの痛みが激しいように思えるのですが、如何でしょう?!矢鱈と放り投げられているような印象です、凹み具合などから推察すると。
特にアメリカから日本への便では、スーツケースに鍵をかけられないので、ちょっとでも変な圧力がかかるとケースが歪んでしまいますが、それはある程度修理可能なのでそのままになってしまいます。ベルトでかろうじて形を保っている、と云う感じですね。

Re: 破損

こんばんは!

あれ、やっぱりそう思います?自分が海外へ行く頻度があがったせいと
素材の違いかなぁと思っていたのですが。
昔のスーツケースに比べると、厚みがうすいですよね。もちろん、素材自体が
よくなっているんでしょうけど。
空港でも、ホテルでも、車でも、乱雑にしか扱われていないようで、明確な亀裂とか
なくても、歪んで隙間が広がったりというのもありますね。
補償にかかるお金を、予防に回してもらいたいものです。

No title

荷物は少なく、バゲージは小さく が 基本です。
私はどんな旅にも 大変コンパクトな布製スーツケースにしています。 破損率も低いです。
先日の旅も・・・皆様は28Kgとかあって心配顔でしたが
私は 13.7Kg。(笑)   何回 旅をしても学習しない方はいますね~。  パジャマまで持参されたり。

Re: No title

布製をお使いですかー、毎回悩むんですよ。
今時のは防水とかもしっかりしてるんですよね、きっと。
最近は、ポーターつかないツアーも増えてきたし、とにかく自分でもてる
スーツケースを選ぶってのが基本でしょうね。
自分で持てなくて、手伝ってもらうのを当然、という顔してるかたもいるので
やれやれ、と思います。
また逆に荷物を少ないのを自慢する方もいて、その方女性なのに8日間に
小さなリュック1つ。着替えも持ってないようで、毎日同じ服着てました。
ちょっとやり過ぎかな、って。まぁいろんな人がいておもしろいです。

No title

ayaさん こんにちは。

スーツケース選び、大変ためになりました!(^^)!。
読みながらなるほどなるほどと感心です。

私もプチプチには思わず拍手です(^^)。
私はつい荷物が多くなってしまいます(特に服です)。
あれもこれも心配して持っていって袖を通さなかったり
あれ持ってくればよかった~。。。なんて事があります。

お洋服選びの基本はどうでしょう?
靴も悩みます。。。
基本パターンを教えて下さい<(_ _)>。

Re: No title

こんにちは!

中身については、私も荷物が多い方なんです。
重さはさほどじゃないんですが、旅の教訓でどんどん持ち物増えちゃって。
服は泊数の倍近く、靴もはいているのを含めだいたい3足。
それでも、寒くて現地でコード買ったり(笑)
いい例じゃないかもしれませんが、そのあたり、どういうチョイスでそうなっているか
そのうち解説しまーす♪

素晴らしい手引書です!!

初めまして。言の葉ISと申します。

今年の一月にパソコンを買うと同時に ブログを始めました。
文字を打つ以外は 何も出来ない 全くのメカ音痴です。

でもブログのお陰で 沢山の趣味や 今まで知らなかった分野の事に出会い 感動しつつ学ばせて頂いている日々です。

その中で 貴ブログを拝見して 旅の手引き書としても とっても安心と親切な情報満載で 絵ハガキなどでは見られない風景も盛りだくさん・・・・・お食事まで 旅に関する全てが 網羅されていて 凄い 素晴らしい と独り言で感嘆の声を上げつつ拝見しております。

こんなに沢山の世界を巡ることは 私には叶いませんが ご一緒に旅をさせて頂いているような楽しさを  味あわせて頂いております。

今回のスーツケースのお話も 旅に不慣れな私には目から鱗。
参考になることばかりです。

是非次回も 旅のご経験を生かしての手引きを お教え下さいませ。楽しみに拝見させて頂きます。

素敵な記事 本当に有難うございます。☆~

Re: 素晴らしい手引書です!!

こんにちは!コメントありがとうございます♪

いやー嬉しいですけど、ちょっとほめすぎですよ!
旅慣れてくると、私は旅慣れているのよと自分を過信する人が結構います。
人の好みはそれぞれだし、自分が一番なんてことはないのに、自慢気なんですね。
正直、人の旅の話を聞いたり、ブログ見たりして楽しいものだろうか?と思うこともありますが
自分に合って興味が惹かれる人の話は、いろいろ勉強になりますよね。

私もまだまだ勉強中の身です。何気ない情報でもありのままに、で続けていこうと
思っていますが、表現力がなくってなかなか楽しいブログにならないんですが、
今後ともよろしくお願いしますね♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR