スイス・スネガパラダイス~スイスグルメ堪能ディナー

2011/08/06 (7日目) 続き

さて、リッフェルアルプを出発すること3時間。14:15やっとスネガ・パラダイスに到着。
途中ランチ休憩したとはいえ、思った以上に時間がかかりました。ここで、同じツアーに参加のご夫婦に遭遇。ツェルマットに戻り、お昼を食べてからケーブルカーでスネガ・パラダイスへ上がってきたようで、「3時間前に別れてからずっと歩いていた」と言ったら驚かれました。

そう、スネガ・パラダイスはツェルマットからケーブルカーでたった4分で上がってこれるマッターホルンをきれいに眺められる展望台として人気。体力や体調に不安な方は、この周囲だけ、ちょっとだけハイキングコースを歩くというのもオススメ。きれいなお花を存分に楽しむことができます。

スネガ・パラダイス周辺の花

スネガ・パラダイス周辺のお花


スネガ・パラダイスのすぐ下にあるのが、このライゼー。天気が良ければきれいに「逆さマッターホルン」が映し出されることでも有名。残念ながら曇っている上にさざ波が立っているので、何も映っていません。通常、午後は山に雲がかかってしまうらしいので、朝行くのがオススメのようです。

ライゼーが見えればスネガパラダイスもすぐそこ


私たちはリッフェルアルプから歩いてきたので、スネガ・パラダイスに出るのに、このライゼーを通りますが、ケーブルで来た場合はほんの少し下る必要があります。エレベータのようなものがあったので、足腰に問題があってもこの湖の近くまでは来れるようです。

心の目で逆さマッターホルンを見る


長い間歩いてきて疲れたので、スネガ・パラダイス周辺でゆっくり休憩。こちらが、スネガ・パラダイスからマッターホルンを見た光景。天気が良ければ、下に見えている駅すぐのカフェレストランでゆっくり飲み物でも飲みながら景色を楽しみたい・・・。

スネガ・パラダイス駅の上から


カフェレストランのテラスからの景色。午後はどうしてもマッターホルンに雲がかかってしまうようです。残念。

スネガ・パラダイス展望台


マッターホルン方面以外の景色も見逃せません。空気は澄んでいて気持ちがいいし、いつまでも眺めていたいと思うような景色を堪能できます。

スネガ・パラダイスからの眺め


スネガ・パラダイスからさらにロープウェイを乗り継いで、ロートホルン・パラダイスという展望台へ行くこともできます。ちなみに、この日の午後は「ロートホルン展望台とマッターホルン眺望ハイキング」というOPが設定されていました。13000円はちょっと高いですが、往復64CHFの乗り物代とガイド付きハイキング(ブラウヘルトからステリゼー往復)という内容。天気もイマイチなので、私たちはロートホルンは今回は見送りです。

ロートホルンへのロープウェイ


OPは基本的に誰でも参加できるようなものになるので、ハイキングと期待した人は物足りなかったかもしれません。スイスでは乗り物乗るのも簡単だし、休憩場所にも困らないし、ちょっとした地図を持っていれば自分にあったハイキングもできるし、OPに頼らず自分でフリータイムを過ごすのをチャレンジして欲しいですね。

今回、私が歩いたリッフェルアルプ~スネガパラダイスのコースは距離こそあれ体力のない私が歩けたくらいなので、天気が悪くなければオススメです。ただし天気が少しでも悪ければ、途中でやめられるコースや短いコースにするのが無難です。ちなみにツェルマットマラソンのコースだったようです。

15:00 ケーブルカーでツェルマットへ降ります。スネガ・パラダイスからツェルマットへは2時間ほどのハイキングコースで下ることも可能ですが、もう十分歩いたので乗り物に頼ることにします。
チケット売り場が閉まっていたので、降りたところで清算。15.5CHF/1人片道。
それにしても、ずっと地下を走るケーブルなのですが、斜度がすごいです。

スネガ・パラダイス行きケーブルカー


いったんすぐ近くのホテルへ戻り、休憩。その後は町をブラつきお土産のチョコなどを購入したり。

18:00 雨が降ってきた中、夕食に出かけます。この日は自由食です。地球の歩き方で調べて、現金が残り少ないのでカードが使えて、一通りのスイス料理が食べられるHTLに近いRSTへ。
レストラン、ヴァリサーシュテューベ。スネガパラダイス行きケーブルカー駅の上を少し奥にいったところにあります。英語は通じますが、日本語メニューはありません。

レストラン・ヴァリサーシュテューベ


地球の歩き方に紹介されていたコースを頼もうとしたら、メニューには載っていません。お店の人にこういうコースって言おうとしたら、地球の歩き方の表紙を見るなり、それに載っているこれこれがはいっているコースね、と確認してくれました。

サラダ、チーズフォンデュ、スペアリブ、ラクレット、ミートフォンデュ、デザート、赤白のスイスワイン飲み放題で、一人49CHF(5000円弱)。かなりお得です!

サラダ、チーズフォンデュ、スペアリブが先に出てきます。ワインはカラフェで。

サラダ・チーズフォンデュ・スペアリブ


ラクレット(ポテトのチーズがけ)、ミートフォンデュ。量が多すぎです。

ラクレット・ミートフォンデュ


ラクレットやスペアリブは半分も食べられませんでした。でも、デザートは別腹。食べ過ぎのお腹にも気持ちよく入ります。

ベリーシャーベット&マチェドニア


食事中、奥から聞いたような日本語が聞こえてくるなと思ったら、同じツアーの方たちがオプションで来ていました。私たちが食べたのと同じメニューで、OP代金は7500円。添乗員にしか見つからなかったので、他のPAXに見つかる前にそうっと帰りました。

ヴァリサーシュテューベはとにかくお店の人(女店主?)が感じがよく、一度にスイスの味がお得価格で楽しめるのでオススメ。お昼におにぎりしか食べてなくても、食べきれない量だったので、かなりお腹をすかせて行く必要はありますが(笑)。

次回はシャモニーをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

夕食のお店、何だか見覚えがあります!
晩飯を食べようと適当に入った店がこんな感じだったような・・
(近くに池があったような??)

地球の歩き方にも載ってるんですね~
確かに日本語メニューが無かったので、無難にパスタ&ピザを注文したような^^;

チーズフォンデュは別の店(グリンデンワルト)で食べたのですが、
日本で食べるよりアルコール分が強く無かったですか?


Re: No title

普通に歩いていたら絶対行かない場所にあるから違うかも?
かなり町の外れの方です。

そういえば、日本で食べるチーズフォンデュはちょっとワインが
足りませんね。やっぱり本場の方が私は好きです♪

No title

マッターホルン雲が多かったようですネ。私たちは2泊しましたが、朝昼晩とも素晴らしかった。お祭にも参加出来たし。観光地というのは雨、曇り、晴、なんでも素晴らしいと思います。ましてやツェルマットに居ることが素晴らしいことですから・・・。あーあ、行きたいなぁーもう一度。だれかいい人居ないかな・・・。

No title

aya1103さん こんにちは。

いつも私の拙いBlogを覗いていただいて、
本当に有難う御座います。
毎日1000アクセスもの訪問者がある中で、
私ごときの記事に目を通して頂くなんて、
喜びに耐えません。

さて、私の海外体験と言えば、
1983年のヨーロッパ(フランス・イタリア)旅行と、
中国・韓国に4~5回行ったのみ。
女性の身で世界を股にかけるその勇気と、
行動力にはただただ脱帽するばかりです。

私の行ってみたい地は数多くあります。

今第一位は「キューバ」。
  音楽のレベルがとても高く、現地の生の音を是非とも
  聴いてみたいです。

次は「トルコ」。
  つい先までUPされていたトルコの情報はとても興味深く
  拝見させて頂きました。
  東西の結節点。日本びいきの国民性。
  昔、東郷元帥がバルチック艦隊を打ち破ったのも、
  トルコのお蔭。
  トルコにはとても愛着を感じます。
  それと衛兵の交代儀式。
  一度は直に見てみたいです。

第三に「ジンバブエ」及び「南アフリカ」。
  私の大変好きな「ジャカランダ」の花が、町全体に咲き誇る
  様子をこの目で見てみたいものです。

そうは言っても全て叶わぬ夢です。
ただ、国内は都道府県全て訪れました。
最後の地が昨年の青森でした。

これからも世界を教えてください。
楽しい記事を待っております。

最後に、世界は危険がいっぱい。
お体を大事に旅行を続けてください。

Re: No title

田舎のオッチャンさん

朝だけ晴れ、日中曇り、夜雨、みたいな2日間でした。
まぁ、ずっと雨、じゃなければOKって感じですよね。雨の似合う街とかもありますしね。

誰かいい人??現地調達ってのもありですよ♪

Re: No title

シッタレさん、こんにちは。

私の場合は、行動力というより、直観と勢いでしょうかね。
長年かけてためたお金をおしみなく旅行に費やすその勇気?の方がすごいかも(笑)。

キューバは意外ですね。私は未訪問ですが、行った人の話は極端に評価が分かれます。
もしかしたら来年、行けるかもしれません。

トルコは、西の王道コースもおすすめです。たくさんの遺跡や、自然の織りなす景色は感動ものです!
10万円台で行けるし、是非。

ジンバブエと南アフリカには2度行きましたが、ジャカランダより雄大な景色と動物です!!
お花は、ヨーロッパでも見れますから、滝の水量や動物の季節を重視した方が絶対いいと思います。

決して叶わぬ夢じゃないと思いますよ!お金と時間と勇気?を気合いで準備するのです!

私は旅行中に事故や事件にあって死ぬなら本望、と思っていますが、まだまだ行きたいところもあるので、
気をつけて旅を続けるようにしますね♪

No title

いつも楽しく見させてもらってます。私は1月にチュニジアに行く予定なのですが、ツアー人数が40人と聞いてすこしびびってます。
今までにこんな大人数のツアーに参加された事ありますか?

Re: No title

みやんこさん

はじめまして、ですよね?コメントありがとうございます♪
最近は、人数集めて催行日を減らす傾向が強いので、特に安いツアーは大所帯になりがちですよね。
私のよく利用する阪急交通社はだいたい39名までなので、その人数は経験あります。
それ以上になると2台口といってバスも添乗員も2つに別れるということもあります。
人数多いとバスも窮屈だし、トイレ休憩や観光も時間かかるし、デメリットの方が多いですが
旅行代金はそれなりのはずなので、仕方ありません。
ただ、人数一ケタとかになると、毎回食事のテーブル一緒だったり気が合わない人がいると
辛いですし、またなぜか人数少ないとわがままなこと言い出す人も多くなったりもします。
一長一短です。チュニジアあたりだと、人数少ない方がいいとは思います。まだ時間あるので
他のツアーも検討してみてはいかがですか?

No title

遅ればせながら・・初めてのご挨拶です。ごめんなさい。
それと、こんな風にコメント?を書くのは初めてですので、どんな風に
載るのかとか、他の方のコメントの途中で掲載されちゃったらって不安のまま書いてるので失礼があったらすみません。
早速のご回答有難うございました。そうですね、これは自分が
一番安い値段の時に決めたからこうななってしまうんですもんね。
私は、遠慮しがちで変に気を使うのであんまりの大所帯は避けたいと
思ってはいるのですが、チュニジアは以前から行きたくて、再開されたので意気込んで申し込んだのです。aya1103さんは、やはり少し時期をずらして旅行費用が高くなっても催行人数が少ない方に申し込まれたりするのでしょうか?チュニジア以外で他におすすめってありますか?
ちなみにチュニジアは書かれたあった阪急交通社です。

Re: No title

みやんこさん

私の場合、行き先や目的によって人数が多くてもいいと思うときと、やはり少なめがいいと
思うときと、その時々です。
人数が少ない方がいいときは、人数限定のツアーや申込人数を見てギリギリに入れたりします。
阪急で1月のツアーが今40名と言われているのですか?説明会などで、申込をとったのかも
しれませんね。実際には1か月前のキャンセル料がかかる前にキャンセルする人が結構います。
チュニジアの目的が、地中海側の町や遺跡であればいいですが、そうでなければ、先にモロッコに
行かれる方がオススメです。

あと、もしもっと細かいことなどをお聴きになりたければ、メールでもやり取りOKです。
鍵付きのチェックをすれば、コメントにメールアドレスを入れても他の方には見えません。
お知らせいただければこちらからメールします♪

No title

色々教えて頂き有難うございます。頼もしいかぎりです。
このツアーを再検討してみますね。使い方の説明了解しました。
そちらの方でもお世話になります。

Re: No title

私でお役にたてることがあれば何なりと♪
それにしてもチュニジアツアー再開は嬉しいニュースですよね!

ハイキング

いいですね~、ハイキング。

気持ちよさそう♪

僕が行ったときは5月でまだ雪がかなり残っていて、ケーブルの途中駅で降りて歩こうかと思ったら、危ないからダメだ、って怒られました、笑

Re: ハイキング

ハイキングにいいイメージなんてなかったんですが、心変わりしました♪
そうですかー、5月だとまだ雪があるんですね。
冬にはスキーで降りちゃうってのも気持ちいいらしいです。
あー、また行きたいなぁ・・・
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR