スイス・リッフェルアルプ~スネガパラダイス(アルプスハイキング)

2011/08/06 (7日目) 続き

ゴルナーグラート登山鉄道リッフェルアルプ駅で、ツアーの皆さんの乗った列車を見送った後(実際には、見送られたのは私たちだったと思うが。)、駅でトイレを借りていざハイキングへ出発!

スネガ・パラダイスへ向けてリッフェルアルプからハイキングスタート


地球の歩き方によると、所要時間2:30、高低差103m、7kmのコース。森林限界線あたりを標高線に沿って歩き、となりの山へ移動する、みたいな、つまり歩かないと見られない景色があるはずなので、このコースを選んだ。間に挟まれるようにある谷には小さな村も見える。恐らく、ゴールはあの村の先の方。

谷あいの村を見ながらハイキングコースを進む


11:15に歩き始める。ほとんど起伏はない。天気は曇りで歩くにはちょうど良いが、マッターホルンなどが見えないのが残念。森林地帯を抜けると途中、岩場も通る。よく見るとコース上は足元が整備されているので危険ではない。

ちょっと怖い岩場の道


多少の起伏はあるものの、変化に飛んだ景色と、小さな花々のお陰で上機嫌でハイキングを続ける。
種類がたくさんあるので、これ初めてみたな、と思うことが多いのが嬉しい。

ハイキングコース沿いで見かけるアルプスの花

名前もわからないかわいい花


最初の湖、エメラルドグリーンのグリュンゼーに到着。緑の湖という名前の通りの湖面の色。
ここで行程の1/3くらい。

グリュンゼー


グリュンゼーで休憩しているファミリーなど何組かいる。
そのうちの1組の犬が、楽しそうに湖に飛び込んでは泳いでいる。スイスではお行儀のよいわんちゃん達が一緒にハイキングしている姿をよく見たけど、ここでは茶目っ気たっぷりに遊んでいたのが印象的。

グリュンゼーで泳ぐ犬


しばらく平坦なコースを進むと、広く視界が開ける。フィンデル氷河が後退した跡で、小川が流れている。氷河は写真右側の方向で、この橋を渡ってコースはV字ターン。このあたりには、氷河に運ばれた大きな岩がゴロゴロと転がっている。

フィンデル氷河が後退した河原


荒涼とした氷河の跡の河原を歩いたかと思えば、今度はお花でいっぱいの草原。とにかくいろんな景色の中を次々歩けて疲れも吹っ飛ぶ。

花咲き乱れる草原


さらに進むと、2つ目の湖、グリンジゼー。小さな池のような湖。木立に囲まれていて森の中の湖といった感じ。残念ながら曇っていて、有名な「逆さマッターホルン」は拝めなかった。

グリンジゼー


グリンジゼーから、やはり逆さマッターホルンで有名なステリゼーに行くことも考えたが、晴れていない以上逆さマッターホルンを見ることはできないし、それなりに疲れていたので、当初の予定通り、スネガ・パラダイスへ歩みを進めることにした。

さて、ここで思いもよらない苦難が私を待ち受ける。写真ではそうは思えないかも知れないですが、コースの左側が絶壁(岩じゃなく花畑ではあるが・・・)の細い道が続くのです!そう、高所恐怖症の私は足がすくみ、ついにはしゃがみこんで立っては歩けない始末・・・。かなり怖くて涙目状態。

急斜面にできた細い道


道が分岐しているところに大きな岩があったので、ここで気持ちを落ち着かせる意味も込めてランチ休憩。歩き始めて30分ごろに仕込んでおいたアルファ米のおにぎりを食べながら、急斜面の絶景に目を慣らしていく。足を滑らせたらかなり危ないことは間違いない。

ランチ休憩した場所の風景


けれど周囲がお花でいっぱい、というのが唯一の救い。これでもかという程、いろんな花が咲き誇っている。こんな山の中のお花畑でおにぎりを食べるというのは、まるで旅行の前から計画していたかのようだけど、実際は違う。ハイキングをするつもりはなかったし、おにぎりはいつも旅行で非常食として持ち歩いている。次来るときも是非このパターンにしようと思ったけど。

花々に囲まれて


さて、コースは3/4程来たでしょうか。分岐があるところではこのような道標が立てられていて、ほぼ迷うことはありませんでした。後から、この赤線入りのコースは一般ハイキング用じゃなく中級以上のコースだと知りました。この日のコース自体は技術は要らないですが、途中棄権できないのと休憩箇所が1か所(グリュンゼー)しかなかったので、その日思い立って軽装で普通の靴で歩いた私たちはちょっと準備不足過ぎたかもと後で反省しました。

道標は必ずチェック


次回はスネガ・パラダイス~スイスグルメ堪能ディナーをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

イチヤクソウらしき花

こんばんは。
たくさん歩いたのですね。
中にイチヤクソウの仲間らしいお花があります:本当に良い季節に行かれましたね!

Re: イチヤクソウらしき花

yokoblueplanetさん

そうですね、かなり距離ありましたね。久々に運動、という感じでした。
お花の写真は撮りすぎちゃって、でも名前のわかる花がなくて。
どうせ名前は聞いても忘れちゃうんですが、特徴とか、ガイドさんが
いれば教えてくれるんでしょうけど、個人でガイドブックの写真と
照らし合わせても全然一致しませんでした(泣)

ハイキング

ステキなハイキングコース私も歩いてみたいと思いました.
お花がたくさん咲いていて本当にきれいだったでしょうね。
逆さマッターホルンが見えなかったのは残念ですね、
アラスカでハイキングをしていた日を思い出します。

でもちょっとだけ困ったことがあります。
実はayaさんと同じように高所恐怖症なんです。
頑張りましたね、と言っても途中で挫折できないようですが。
すばらしい思い出になったことは確実ですね。

Re: ハイキング

晴れていればなおよかったでしょうけど、それはそれで体力奪われたと
思うので、まぁ良かったかなと思います。
線路沿いのコースは、一駅単位で止められるというメリットはありますが
列車から景色を見てしまっているので、ゆっくりお花を楽しみたいとか
目的が絞られますよね。
崖になっているところは怖くて、まるでほふく前進ですか、みたいな
ちょっと笑える状態だったかも、です。事前にコースをよく調べてから
じゃないとダメだなって教訓になりました。
でも、避けてばかりじゃ克服できないか!(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR