スイス・クライネシャイデック~ウェンゲン(アルプスハイキング)

2011/08/04 (5日目) 続き

12:30 途中駅のクライネシャイデックでグループを離団。切符は団体と一緒でないと使えないので、この先の分は無駄に。

ハイキングしなくても、クライネシャイデックの周りにはお花もたくさんあるので、ちょっと周囲を散策してから鉄道で帰るというのもお勧め。周囲はこんな感じ。

クライネシャイデック周辺の緑のじゅうたん拡大図


最初にハイキングの候補にしたのは、アイガーグレッチャー駅からクライネシャイデック駅までを歩いて下るコース。ところが、ユングフラウへの行きの車窓からルートを確認すると、高所恐怖症には無理な両側崖という部分があったので、簡単に却下しました。

クライネシャイデックからメンリッヒェンへ向けて歩き出します。通常逆向きに歩くのがお勧めですが、高低差もあまりないし、誰でも歩けるというガイドブックお勧めのコース(約2時間のコース)。
コース上にはトイレはないので、駅ですませてから出発。スイスは駅のトイレもキレイ!

クライネ・シャイデックとメンリッヒェンおnハイキングコースの道はなだらか


残念ながら朝のように天気はよくなく、ちょっと雲がかかってきてしまい、ユングフラウなどの山頂は見えなくなってしまいました。逆から歩いてきてアイガー北壁やユングフラウの景観を楽しみにして来た人はちょっとがっかりに違いない。私的には日差しがあるとバテるので丁度いい?

山に雲がかかってきた


このコースでは小さなアルプスのお花たちがいろいろ見られます。一部を紹介。
といっても、名前もわからないんですが。何しろガイドブックに載っている高山植物図鑑みたいなのと照らし合わせても、似て非なる亜種?という感じでズバリこれってわかるものが少ないんです。

アルプスの可憐な花

アルプスのピンクの花

岩肌に咲くリンドウ系の花


このままメンリッヒェンへ行けば、ウェンゲンへはロープウェイであっという間に降りることができます。それだと早く帰りすぎるし、かといって、ゴンドラでグリンデルワルトへ行ってしまえば、ホテルへ帰るのが大変になる。そういう訳で、コースの丁度真ん中で、クライネシャイデックへ引き返すことにします。

気持ちのいいハイキングコース


このコースの途中には牛さんの群れもいて、のんびり草を食んでいます。なかには、このようにハイキングコースにどーんと居座って水飲んでたりする牛もいて、牛と私なんて写真も簡単に撮れる状態です。ちなみに、コース上では牛優先だとか。

ハイキングコースを占拠する牛


クライネシャイデックへ戻ったら丁度お腹がすいたので、駅併設のカフェテラスでいい匂いをさせていた焼いたソーセージでLunch。

クライネシャイデック駅のカフェテラス


写真に写っている食べ物23CHF、ビール8CHF。2人分ですが、3000円相当。屋台メシにしては高いですよね。隣の席のわんちゃんが物欲しそうに見てる・・・。スイスは犬連れのハイカー多いです。

焼きソーセージとポテトとビール


14:45 クライネシャイデックを出発し、なんとウェンゲンへハイキングしながら歩いて下りることに。まぁ、途中2つほど駅があるので疲れたら電車乗ればいいし、というノリ。べルナー・オーバーランド三山と氷河を左手に見ながら、そして時折右側を下っていく電車の人たちに手を振りながらひたすら歩きます。

氷河を見ながら下山


道沿いにあった池というか水たまりではオタマジャクシがうじゃうじゃ。もうしばらくすると、このあたりはカエルだらけになるのだろうか・・・

池にオタマジャクシ


コース上はお花もたくさん。ちょっと場所や標高が変わるだけでお花の種類なども変わってくる。

山と花と


案外と急な下りが多く、思っていたよりは疲れる。途中の展望スポット。はるか遠くにウェンゲンの村が見える。まだあんなに小さい。そもそもスイス来る前にハイキングするわけじゃないし、と思っていたはずなのに、いざ来てみるとハイキングしないなんてもったいない、になり、しかもやることが極端だし、途中で挫折したくない、という厄介な性格。

ウェンゲンの村を遠くに見下ろす


途中、もののけの森か?と思うような暗い山道も通ったりしてコースの変化を楽しめるのもいい。
そして、この感じは、米ドラマ「LOST」に出てくる島のようじゃありませんか(つまりハワイ)?

ハーリーがゴルフをしていそうな景色


途中ダンナがヘロヘロになって弱音を吐くので、荷物を代わって背負う。というか私は普段街で持って歩くようなカバンしか持ってないし軽装だったのでそれほど疲れていなかった。持久力が全くない私の方が元気ということは日常まずないので、驚かれましたけど。

16:40 ウェンゲン着。思えばLunchを除いて3時間半くらい歩いていたわけだけど、空気も澄んでいるし、気温も丁度いいし、景色もいいし、とにかく気持ちよかった。初日の体調不良はどこへやら。ちょっと膝に疲れが来ますがとてもいいコースでし!(電車賃使わずに済んだし)。

やっとウェンゲンの村へ


ウェンゲンへ戻った後は、メインストリートをぷらぷら、スーパーCOOPで買い物したりして過ごし、ホテルへ戻って、部屋から素晴らしい景色を眺めながら調達した夕食をゆっくり楽しみました。

次回は、ウェンゲン~サースフェーをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お花の時期

こんばんは。
ちょうど山のお花が満開で楽しいハイキングになりましたね。
ご主人、酸欠になっていた可能性もありますね。
高度に順応度が低い方もいるので。
でも何事もなく済んで良かったです!

Re: お花の時期

こんばんは!

本当にちょうどいい季節だったかな、と思いました。
天気はだんだん雲がでてきて残念でしたが、かえって最後まで気持ちよく
歩けたのかもしれません。私の方が、高山病にもなりやすいし、持久力もなく
すぐ電車乗ろうと言い出すタイプなのに自分でも意外でした。
ツアーの方たちには歩いて帰ってきたの??とすごく驚かれましたけどね(笑)。

No title

素敵だわ。
またまたきれいだぁ。
スゴく楽しい。
あー羨ましい。
今回の写真は空気まで感じた。

Re: No title

ハイキングって食わず嫌い状態だったので、こんな楽しいものとはびっくりでした。
やっぱり空気が違うんでしょうね、日本でだと散歩すらする気にならないし
山にも近付かないので、こういう経験したことなかったんです。
またスイスに行ってハイキングするぞっ!!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR