スイス・ユングフラウヨッホ展望台

2011/08/04 (5日目)

8:00 Dep HTL
8:24ウェンゲン発の登山鉄道にて、トップオブヨーロッパ、ユングフラウ観光へ出発。天気は快晴。
緑のじゅうたんと青い空、そして、ユングフラウ、メンヒ、アイガーの3名峰が満面の笑みで来訪を歓迎しているかのよう。

クライネシャイデック行きの車窓風景


クライネ・シャイデックでユングフラウ鉄道に乗り換え。景色だけ見るならこの駅からが一番かも知れない。高山病対策に「食べる酸素」を持ってきていた人がいたので頂いた。通常、展望台などへは一気にあがって、高山病になる前に下りてくるので心配はいらないのだけど念のため。

クライネシャイデック駅を見下ろす


ユングフラウが圧巻の迫力で目前に迫ってくる。最初の駅アイガーグレッチャーを過ぎると、アイガーの岩盤をくりぬいて作られた7.5kmもの長いトンネルに入り、一気にヨーロッパ最高地点のユングフラウヨッホ駅へ。

ユングフラウ鉄道からユングフラウをのぞむ


途中、2か所、列車が写真スポットの駅で停まり、構内に作られた展望用の窓から外を見ることができる。1つ目の駅、アイガー北壁駅(アイガーヴァント)の展望窓からはグリンデルワルトの村が見下ろせる。まるで飛行機から見ているようだ。停車時間は5分、駅にはトイレもある。

アイガーヴァントの展望窓からグリンデルワルト


2つ目の駅、氷海駅(アイスメーア)からはアイガー氷河が間近に見られる。左手の方には、フィーシャー氷河も。写真はアイガー氷河。すごい所に鉄道、そして駅まで作ったものだ。
ユングフラウ登山鉄道のアイガーとメンヒの固い岩盤を16年かけて掘り抜いたその歴史も写真付きでパネル展示されている。1912年開通。この当時にこれだけの技術があるというのがすごい。

アイスメーアから見るアイガー氷河


9:52 ユングフラウヨッホ駅到着。
表示では、現在の気温-0.7℃、風速15km/h。
ユングフラウヨッホでは日本人観光客が多いので、ほとんどの表示には日本語が併記されている。
近頃は中国人の方が多い観光地が多いが、スイスではまだまだ日本人の方が多い。

温度表示板


世界一高いポストがあることでも有名。富士山の郵便局と姉妹提携しているということで、昔懐かしい日本のポストが置いてある。ここから出すのが、比較的早く確実に日本に絵葉書が届くという話。

ユングフラウ駅にある日本の郵便ポスト


スフィンクス展望台。標高3571m。高速エレベータでここまで登ってくる。天文台としても使われている。ちなみに、外は足元が透けているので下に岩がないところには私は立てない。

スフィンクス展望台


目の前には、メンヒ4107mがものすごい迫力で迫っている。手を伸ばせば届きそうな感じ。
いつもなら、手すりは外して写真を撮るのだけど、怖くて手すりに近づけない・・・。

スフィンクス展望台から見るメンヒ


展望台の周りには網の通路もあって、360度の眺望が楽しめるようになっている。私は建物の中から観賞。ガラス張りなので、一応似た景色は楽しめているはず。

スフィンクス展望台の周りの展望デッキ


いったん駅に戻り、次はアイスパレスへ。もとは1934年に山岳ガイドが2人で掘ったところだそう。
青白い世界。外よりむしろ、こちらの方が少し寒い。

アイスパレスの通路


熊やアザラシなど氷の彫刻が飾られている。こちらは私が大好きな、かわいいペンギン。

ペンギンの氷の彫刻


最後に野外の展望テラス、氷原(プラトーテラス)へ。足元は雪なので、最初ちょっと怖かったけど、白銀の世界を自分の足で堪能。右上には先ほどあがったスフィンクス展望台も見える。
気分爽快。何故か寒さはまったく感じない。

プラトーテラス


大きなスイスの国旗とユングフラウ。真白な世界には、赤い国旗がよく似合う。

ユングフラウとスイス国旗


駅に戻り、売店でホットチョコレートを買い、温まる。ほとんどの韓国人観光客が、この売店で辛ラーメンを買って食べている。値段は7.5CHFまたは7.5€。どん兵衛とかも売れば儲かりそう。

約1時間半展望台に滞在し、再びウェンゲンに戻ります。午後は自由行動。帰りの車内では行きのテンションと違い皆うとうと。私は頭をフル回転させてこれからの計画を練ります。

次回はクライネ・シャイデック~ウェンゲン、アルプスハイキング三昧をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お天気で良かったねぇ~~
スゴい景色。
有名所の御山ばかり。
なんかゾクゾクしてしまった。
高所恐怖症は写真でもあかんわ。

可愛いペンギン

こんばんは。
お天気に恵まれてますね!
それにしてもスイスの地形を最大限に利用して「世界の観光国」にしてしまった先達の知恵と力、いつ見ても感心することの一つです。
厳しい地形の中で世界に誇れる時計産業や金融業を構築し、それだけでも充分食べていけそうです。そして牧畜。
自然環境を十二分に活用してます。
素晴らしいですね。

Re: No title

ぴゆうさん

晴れ女発揮です!
すごい圧巻の景色でした。
グループの人も2回目の人多かったけど、展望台に上がったけど何も見えなかったとか、
そういう人多かったです。
この日も午後は曇っちゃったし、ラッキーでした♪

Re: 可愛いペンギン

こんばんは!

本当にスイスという国、すごいと思いました。
変な頑張ってます感はまったくないのに、他を寄せ付けない強みというのを持っていますよね。
観光も、整備されていて、不自由さやイライラを感じさせない。
はじめて移住したくなりました。(冬にまた行ったら気が変わるかもしれませんが)

No title

あの赤いポストは最初見た時「なぜここに?」と思いましたが、
富士山の郵便局と提携していたのですね~

昔行った時は相撲取りの氷像があったのですが?
今でもありました?

Re: No title

相撲とりの氷像ですか?いやぁ、見なかったと思いますが・・・
あれって、何年も持ちそうだけど、多少は溶けたり?するのかな?
天候悪い日なんかも見る場所があれば、山が見えない時も少しは楽しめますよね♪

No title

aya1103さん、こんばんは。
綺麗ですね~ 最高です!
実は私も若かりし頃、一人旅でここに来ました。
なんだか懐かしくて・・・ 昔のことを思い出しながら
拝見させていただきました。  
ありがとうございます♪

Re: No title

こんばんは!

私も十数年前の無念をやっと晴らすことができました。
本当にキレイで、私もいつまでも忘れないでいたいと思います。
この美しさが変わらずにいてくれると信じて・・・。
せっかくなので、もっといろいろ思い出してみてくださいね♪

Swiss

いつもステキな写真を楽しんでおります。
スイスと言えば山ですよね。
沢山あるけれど私が最初に行ったのもユングフラウです。
その後添乗で何回か行く機会がありましたが、
いつもどうなっているのは良くわからない時がありました。
一度は西回りと東回りを間違えたこともあります。

でもお天気が良いと最高ですよね。
いつか電車ではなくゆっくりハイキングしてみたいです。
と言うかしばらく暮らしてみたいのも夢です。
カナダの山とは違った美しさがあります。
ステキな思い出ができたことを願っています。

Re: Swiss

スイスに行く日本人観光客が一番目指す場所がここじゃないでしょうか。
ヨーロッパ周遊のツアーにも、ここだけ入っていることもありますよね。
私は、今回自由行動でいろいろ悩んだので、かなり地理に明るくなりました。(笑)

私も澄んでみたいと思いました。ただし夏だけ?

観光客の出す熱や排泄物までも適切に処理し再利用していると聞いたことがあります。
観光地のカガミですね♪交通費などの費用がっ高くても納得です♪

No title

めちゃくちゃきれいな景色ですね~!
太陽の光がとても強そう。。。

あの赤い丸いポスト懐かしいです。
ここから葉書を出すと少し優遇?してくれるのですね?(笑)

それにしても「食べる酸素」が気になります!
何ですか?それ?

chempakaでした!

Re: No title

日差しは思ったほど強くないように感じましたが、帰国してから
鼻の頭の皮がむけました。(笑)

「食べる酸素」は登山グッズ売っているお店などでゲットできる
タブレット型の高山病対策サプリとでもいいましょうか。
高地に行くのに、持ってくる人が増えています。もっと早めに飲む
必要があるみたいですが、結構きくと評判です。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR