FC2ブログ

スイス・ラウターブルンネン~ウェンゲン

2011/08/03 (4日目)

17:40 氷河によって削られたU字谷にあるべルナー・オーバーラントの小さな村、ラウターブルンネンに到着。切り立った崖に挟まれた静かな村だ。その雰囲気は本当に絵の中から飛び出したよう。

べルナー・オーバーラントの小さな村、ラウターブルンネン


17:50 ホテルシルバーホルンの併設レストランにて夕食。
静かな村の素敵なホテルで、泊ってみたい気にさせてくれる。

スイスらしいホテル、シルバーホルン


食後はシュタウフバッハの滝を見にちょっぴり散歩。ヨーロッパ第二の落差、305mもある迫力ある滝で、華厳の滝のような気高さもある。

シュタウフバッハの滝


ここから登山鉄道にのってウェンゲンに行くのだが、駅で列車を待っている間に、すごい雨が降ってきた。明日はユングフラウへ行くのに大丈夫か??その昔の嫌な思い出が頭をかすめる。あのときは、今回の西回りとは違い、グリンデルワルトからのアクセスだったが、結局グリンデルワルトから登山列車に乗ることすらできなかった。

ラウターブルンネン駅


19:04 ラウターブルンネン発の列車で、ウェンゲンへ。ウェンゲンは自動車の乗り入れを禁止しているので、登山鉄道で入るしかないのだ。まるでおもちゃのようなかわいい列車内。
かなりの斜度の山際をあがっていく。いったいどんな片田舎に連れて行かれるのか不安になる。

登山鉄道車内


13分でウェンゲンの駅に到着。途中の人を寄せ付けない山肌を上がってきた時はどうなるかと思ったが、立派な駅で一安心。一緒の列車に乗っていた人達も、この時間にさらに上に行く人はいないらしくウェンゲンで降りていた。この楽器を持った人たちはどこで演奏をしているのだろう・・・

ウェンゲン駅


登山鉄道特有のラックレール。レールの真ん中にあるギザギザがなかったら、急斜面を上がってくることはできない。

登山鉄道レール


写真の奥はウェンゲンのメインストリート。といってもわずか200mあるかどうかという本当に小さな村で、これと言って何もない。スーパーも土産物屋も2,3件ずつあるのみ。それでもユングフラウに一番近い村ということで、観光客には人気があるらしい。(私は今回初めて存在を知ったけど)

ヴェンゲン中心部メインストリート


ホテルはすぐ近く。駅周辺からの眺めも大変よい。駅のホームからは、先ほど夕食を食べたラウターブルンネンを見下ろすこともできし、谷を挟んで反対側の崖の上の村ミューレンを見ることもできる。天気が悪いとは言え、人影もまばらなとても静かな村だ。

ホテル前からヴェンゲン駅


このツアーは震災後に増えたポーターつきませんツアーでしが、ホテルまでは坂道とあって荷物を運んでくれました。こんな小さな荷台に積めるのかと思ったら、スーツケースの引き手を利用して器用に積んでいました。ちなみに今回はビジネスクラス利用ということもあって19PAX。
それにしても落ちないかハラハラ・・・。

電気車で荷物を運ぶ


19:30 Arr HTL
ウェンゲンの駅からすぐの4つ星ホテル、クラシックな佇まいのレギーナ(REGINA)。村の中でユングフラウよりの高台にあるもっとも高級なホテルの1つ。

4つ星ホテルレギーナ


部屋は広くはなく、質素。バスタブ有、ドライヤー有、冷蔵庫なし、スリッパなし、ポットなし。Internetは有料、スイスではSWISSCOMのホットスポットが多いようなので、高いとは思ったけど、7日間有効30時間のSWISSCOMのValue Cardを購入。45CHF(4500円)。

レギーナの部屋


ラッキーなことに、ユングフラウヨッホの見える部屋で、小さいながらもテラスがついていて、とても気持ちが良い。右手にラウターブルンネン、左手にユングフラウという絶景。(天気が悪くて山は見えてませんが・・・)

お気に入りのテラスからの眺め


2011/08/04 (5日目)

晴れ女の本領発揮です。見て下さい、朝起きたらこの絶景です。
夢のような景色を前に、お天気運に感謝。左手の白い山がユングフラウです。やっと見ることができました!!それにしてもなんて美しい村なのでしょう。
この世のものと思えない景色にため息が出ます。

この世のものと思えない素晴らしい景色


次回は、ユングフラウヨッホ、スフィンクス展望台をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは

スイスは行った事ありませんが、
一番下の写真のイメージです。
少し寒そうですが、人々の心は
あったかそうですね。

Re: No title

こんばんは!

山の天気は変わりやすいですし、きれいに山が見えるって、なかなかないんですよ。
しかもホテルの部屋からこれだけの景色を眺めようとすれば1泊3万円くらししますかね。
今回は運が良かったです。何しろ、前に行ったときはそこに山があるかすら何も見えなかったですから(笑)

ちなみに、寒くはないんです。半袖でOK、からっとして爽やか。
人はいい感じの人が多いです。サービスもとてもいいです(フランスとかと大違い)

No title

やっぱり天気が違うと全然違いますねえ。途中の写真を拝見して「惜しい!」と思ってましたが、最後の、朝の写真を拝見して、僕の心もぱーっと晴れた気がしました(笑)
自動車が乗り入れられない町・村って、自動車嫌いの僕には超理想で、だからヴェニスとか、いわゆる「旧市街」とか好きなんですが、こういう田舎町のパターンはあまり知らなかったので、なんだかとても雰囲気良さそうな気がします。

Re: No title

私も土砂降りの雨を前にしたときはすごくブルーな気持ちになりました。
一晩寝たらすっきり晴れるなんてね。急にテンションあがりましたよ。
費用の問題がなければ、毎年避暑に訪れたい、そんな村でした。
ちなみに私も旧市街、大好きです!

No title

ayaさん こんにちは。

も~ぅ毎日感激してお写真見させて頂いています。
本当に旅行している気分になります(^^)。
私が生まれ育ったのは、北海道の小さな町ですので
こういった風景はとても好きです。
最後のお写真は美しくて、暫く眺めていました。
次は展望台ですよね~楽しみです♪。

Re: No title

こんにちは!

北海道育ちですか!いいですね。スイスは北海道の山多い版って感じでしょうかね。
どこまでも続く平原とかじゃなくて、常に山がある風景。
最後の写真の光景は本当に素晴らしかったです。ただただぼーっと眺めてました。
ホテルの部屋からまさかこんな景色が堪能できるとは思ってなかったので、サプライズでもありましたね。
さて、山の景色は変わりやすいですが、展望台は大丈夫ですかね~?お楽しみに♪

No title

はじめまして。
と言っても、いつもこっそり覗き見をさせていただいています。e-351
ヨーロッパ旅行へはいきたいなあと思いますがそれは夢の又夢。
瀬戸内海と東京湾を行ったり来たりの人生で終わりそうです。
だから、せめて疑似旅行でもと楽しませていただいています。WWW
説明も分かりやすく、「そうか、そうか」と見させていただいています。ありがとうございます。

Re: No title

はじめまして!コメントありがとうございます♪

少しでも行った気分を味わっていただければ嬉しいです。
いつも写真選びで疲れちゃって、説明は時間をかけずに書き、さらにちゃんと読み返したりしていないので
たまに、よくわからないところもあるかもしれませんがご容赦を。
語彙が少なく、ステキとか一言で済ませちゃって、何がどう素敵なのかわからないだろうと自分でも思います(笑)
そこは想像力で補ってくださいませ。
今後ともよろしくお願いしますね♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR