FC2ブログ

スイス・マイエンフェルト~ジュリア峠

2011/08/01 (2日目) 続く

バスはリヒテンシュタインのファドゥーツを出発してライン川沿いを走ります。
まるで入浴剤を入れたような川。再び川を渡り、マイエンフェルトへ。

ライン川


ファドゥーツを出発してほんの20分ほどで、マイエンフェルトの村に入る。
想像していた通りの、のどか~な山沿いの村。緑も鮮やか。

マイエンフェルトの村


13:30 ハイジの泉。ガイドブックで赤のコースと紹介のあるハイキングコースにあるが、バスで横付け。ハイジの著者、ヨハンナ・シュピリを記念して1953年、スイスの子供たちがお金を出して作ったとのこと。ちょっと変わったポーズで、顔もかわいいというより微妙。

ハイジの泉


泉よりも、周辺の草原が素晴らしい。周辺ではピクニックやバーベキューをしている親子連れがいかにも楽しそうだった。草原に咲く小さな花と緑、山の景色は最高!

ハイジの泉の周りの草原


ハイジというとあの「アルプスの少女ハイジ」のアニメを想像するが(といっても私は見た覚えがない)、こちらでのハイジのイメージはちょっと違うらしい。

ハイジの絵


バスで、ハイジホフホテル前のパーキングまで移動し、そこから徒歩にて、ハイジドルフへ。
ここはハイジが冬滞在した村のモデル。ここからの景色はこんな感じ。
遠くにはマイエンフェルトの中心部が見える。

ハイジドルフからマイエンフェルト駅方面をのぞむ


フリータイムでは、たまたま持って出た「るるぶ」のよくわからない地図をみて、やぎの水飲み場を探してマインフェルト駅の方へ降りて行ったが、どれが水飲み場かよくわからず。後で他のガイドブックを見たら地図が間違っていることが判明!写真は民家の中心にあった水飲み場。

集落の中の水飲み場


ハイジドルフに引き返して来ると、日本人ツアーが何組か来ていて、ちょっと興ざめ。ハイシーズンだから仕方ない。ハイジドルフには、先ほどと同じような水飲み場があり、近くにはやぎも。

ハイジドルフのヤギ


こちらはハイジドルフにあるハイジの家。古い農家をハイジの家として再現し、博物館としたもの。チケットは近くにあるギフトショップで売っている(7CHF)のだが、日本人がたくさん並んでいたので、入場は止めて内部は想像するだけに。

ハイジハウス


ハイジの家の庭からの景色。目を瞑ればハイジが駆け回る姿が浮かぶよう。この右手には山に入る道があり、青のコースとして、ハイジの夏の家まで行くことができる。

ハイジハウスの庭から


集合時間ギリギリに合わせて、パーキングまで戻る。天気はいいし、景色もいいし、気温もよく、ただ散策するだけもとても気分爽快。前日の体調不良がどんどん回復するのが自分でもわかる。
思わず口笛付きでスキップしたくなる、そんな感じ。

ハイジドルフを後に


14:35 再びバスに乗り出発。ジュリア峠を越えてサンモリッツへと移動。
16:20 ジュリア峠にてPhoto Stop。標高は2284m。空気もさわやかで気持ちいい。

ジュリア峠


峠にあった池。すぐに水に足をつけてみたがる癖があり、道なき坂を外国人の後をついて下りて行ったら、見事に足をすべらせた。普段何もない道でコケまくっているし、反射神経いいので、転ぶまでには至らず、居合わせた人たちと笑って、恥ずかしさを誤魔化しました。

ジュリア峠の山と池


周辺のお花がキレイ。近付いてよーく見ないとわからないくらいのミリ単位の花も多く、私好み。小さければ小さいほど好き。念押しですが、花の名前に興味がないので、絶対、何の花ですかとか聞かないように。これからの山方面の観光が俄然楽しみになってきました。

風になびく花

アルプスに咲く可憐な花たち

次回はサンモリッツ~モルテラッチ氷河をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

空気感

こんばんは。
懐かしい緑と空気の感覚。。。いつも美しい。
田舎に行くと牧畜特有の臭いもありますが、よく使い込まれた急斜面で作業をしている姿も見えて、アルプスの雰囲気全開。良いですね!

Re: 空気感

こんばんは!
スイスの風景ってこんなに美しかったんですね。夏来たことなかったので
本当に感動しました。
広大な牧草地がきれいだと思っていたら、手入れされているものだと知って
またびっくり。スイスの山間部、すごく気に入りました♪

No title

10年ほど前にスイスに訪れましたが、
時間の関係でマインフェルト方面は訪れる事ができませんでした。
でも、想像どおりとても緑が美しい所ですね~

日本のハイジのイメージとは異なるんですね・・・
一体現地ではどのように思われているんでしょう!?

Re: No title

私もマイエンフェルトは初めてです。
お話の舞台ということでなければ、スイスのどこにでもある村
という印象でした。
日本人はたくさん訪れていましたが、静かな村、というのがとても
良かったです。
ハイジにについては、あらすじすら良く知らないし、絵柄から感じる
違いくらいしかわからないです・・・

No title

ayaさま こんばんは。
1枚目の川のバスクリン色もすごいですが、2枚目の草原の鮮やかな緑もすごいです。CGか!?って感じです(笑)
僕はスイスは、もう20年近くも前にフランスからイタリアへ移動するのに電車で通り過ぎただけ、という接し方なので、実体験(記憶)はまるでないのですが、写真を拝見するとやっぱり想像する通りの景色が広がっていて、なんだか嬉しいです(笑)

Re: No title

こんばんは!
本当にどうして今まで夏のスイスに来なかったのだろうと、思いましたね~。
毎年避暑に行きたいと思ってしまいました。
写真は特別キレイに撮れたものじゃなく、見たまんまこの感じでした。
いえ、ワイド感はやっぱり実物の方が素晴らしい。
そして、さわやかな空気!極上のビーチリゾートでぼーっとするのと
同じような満足感でした♪

No title

日本のハイジのイメージは すべてあのアニメでしょうね。
愛くるしい彼女です。  以前 パリの空港でハイジの絵本を見つけて買ったのですが どう見ても可愛くないんですよ。
可愛さの基準が違うのか、可愛くなくて当然なのか・・・文化の違いを感じました。(笑)

Re: No title

ハイジの絵はともかく、ハイジの泉のハイジは、ちょっと不気味な感じさえしましたね。
添乗員は、貞子みたい、と言ってましたが・・・
そこまでひどくはなかったものの、たしかに日本人の感じるかわいさ、からは
ちょっと外れて、現実的なものを感じました・・・。
まぁ、そういった違いを見るのも面白いですよね♪

No title

ayaさん こんにちは。

ライン川美しいですね~(^^)。
山や牧草地に建物、すべて美しくマッチしていますね♪
ハイジは少年?みたいな。。。
可愛さの基準は国によって違うのだなと思ってはいましたが
ハイジの泉の表現もこうなるのですね。

自然に咲いているお花は美しいですね(*^_^*)。

Re: No title

こんにちは!

どこみても美しい景色だらけで、どこで写真撮っていいか逆に悩んじゃいました(笑)
ハイジは本当にその辺にいそうな感じの表現ですよね。かわいさは追求されていないのかも。

お花きれいでしょ~お花畑の中の私、みたいな写真も撮れますよ。
私はイメージ程遠いのでやりませんけど・・・。

No title

いつもいつも、本当にayaさんのレポと写真に感動し、癒されます。
(圧倒されながらも、毎回読み逃げで、ごめんなさい~)

ここはハイジのふるさとなんですね。
行ったことの無い場所なのに、ぐぐっと、懐かしさがこみあげてくるのは、なんででしょう。
ayaさんの写真にはいつも、地球上にはまだまだこんなに美しい場所があるんだなあ~と、驚かされます。
日本どころか、大阪もめったに出ない(笑)私には、癒しの場所です。
そして同時に、旅行って体力勝負なんだなあ・・・とも感じさせられますね^^;
どうぞ、体だけは気をつけてくださいね^^

Re: No title

いつもありがとうございます♪

本当に私も地球上にまだまだ美しいところがたくさんあると、いつも感動してます。
TVやガイドブックで見るそれは、時として何日もねばって、しかもプロがとった
ベストの一瞬ですが、私の写真は一般の旅行者が目にできる光景そのもので
決して特別なものじゃありません。
体力にはまったくもって自信のないヘタレ旅人ですが、見たもの感じたことを
できるだけ残そうと頑張ります!変わらずごひいきに~♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR