FC2ブログ

スイス・チューリッヒ~シャウハウゼン

2011/07/31 (1日目)

8:45 成田集合。今回はKLMオランダ航空のビジネスクラスを利用する阪急交通社のツアー。
ビジネス利用でホテルはスーペリアクラス、メインの展望台などの観光がついて429,800円。
震災後、関係会社の努力と旅行会社社員や添乗員の報酬カットなどの犠牲のもと、成り立っている格安ツアーと言える。お得と思う反面、ちょっと申し訳ない気持ちも。

KLMはチェックインは自動機にて。席を選びたい人は早めにいった方がいいかも知れませんね。
北ウィングの利用は数か月ぶりだったけど、セキュリティにプラオリティラインができていた。
(KLMオランダ航空・ビジネスクラスの搭乗レポートはこちら。)

スカイチームのプライオリティセキュリティチェックラインは一番左


10:35 KL-862にて、アムステルダムへ。
一回目の機内食をおいしく頂き、ちょっと寝て、アイスクリームを食べ、まぁご機嫌に過ごしていたのですが、この後、想像もしていなかったとんでもないことが起きます。

フライトも半分を過ぎてから、頭が痛くて目が覚める。ちょっと飲みすぎたかな、しばらく我慢したけど、どうにも辛くなってきたので、CAに声をかけ、鎮痛剤をもらった。

どうやらこの薬が体に合わなかったらしい。この後、どんどん体調が悪化。頭痛と吐き気、お腹の痛みが交互に襲う。何度もトイレにこもり、後で飲んだ水や薬も含めて、胃の中のものを全て吐くことに・・・。こんな苦しい思いをしたこと今までにあったっけ??

ベテランぽい日本人CAがドクターコールをかけようかと何度も声をかけてくれるが、安静にして様子を見ると最後まで首を横に振り続けた。胃腸薬をもらい、とにかく安静にして過ごす。2回目の機内食はもう見るのもダメ。胃腸薬だと言ってもらった薬は、即効性はないと思うが、拒否反応はないようだった。

14:20 アムステルダム着。予定より1時間も早く到着。ヘロヘロになりながらついていく。イミグレでは今時珍しく、何しに行く、何日、他の国には行かないかなど聞かれた。また、セキュリティチェックも徹底して厳しかった。

日程表の予定と異なり、乗継もビジネスで予約されていたので、クリニックへ行くことも考えたけど送り返されても困るので、ラウンジでひたすら休憩することに。ここで休んでいる間に最大の危機を脱した、と自分では確信した。

17:10 KL-1963にて、チューリッヒへ。もちろん機内食には見向きもせず・・・。
18:25 チューリッヒにOn Timeで到着。
19:20 Arr HTL
スイソテル チューリッヒ。バスタブ有、Internet有料、スリッパとバスローブはゲストサービスデスクへ電話要。古い建物ぽかったが、室内はキレイ。目の前は、鉄道の駅で空港が近い。表と裏にスーパー有、ただし日曜だったため開いていない。

スイソテルチューリッヒの部屋


部屋から一歩も出ずに安静に過ごす。胃が空ですっかり憔悴していたので、トルコでも手をつけなかったおかゆを作って食べて寝ました。

2011/08/01 (2日目)

8:00 Dep HTL
チューリッヒの観光はついていなかったが、安静に過ごしたため、チューリッヒの景色はホテルの窓からしか見ることがなかった。この日は建国記念日の祝日ということで、道などがガラガラ。

スイソテルチューリッヒ部屋からの眺め


8:35 シャウハウゼンのライン滝
普通のスイスツアーでは滅多に入っていない観光地。ライン川の段差にあるヨーロッパ随一の滝と言われている。もっとすごい滝を想像していたら、あれ?ヨーロッパってそういえば滝ってあんまりないんだっけ?というのが最初の感想。

ラインファル


1時間のフリータイム。天気は曇り。体調の悪い私としては、晴れより楽だけど、写真はイマイチ。
滝の周りの遊歩道などを散歩する。こちらは滝の上側の際。間近で落ちていく水の迫力を眺めることができる。

滝の上の展望台


目が慣れてくると、ライン川もやっぱり大きな川だと認識できるようになる。深い色をした水は近くで見てもまずまずキレイだ。河岸の木では名前も知らない鳥が何の不安もなさそうにくつろいでいる。

ライン川と鳥


ヨーロッパ一の水量とあって、最初遠くから見たよりかなり迫力のある滝。対岸に見えているのが、ラウフェン城。

ラインの滝とラウフェン城


案内板には日本語の説明もある。幅150m、落差は23m。
そうそう、スイスは多言語国家で、なんと4つの言語が使われている。ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語。ちょっと場所を移動すると別の語圏に入るので、頭が混乱する。といっても、どこででも英語が通用する。つまり大抵の人はゆうに3,4カ国語も話せるわけ。すごい。

案内板


こちらは、たぶん水力発電の仕組みやパワーを説明する装置。手でハンドルを回すとパワーに応じてランプがつき、きれいな渦巻きが吸い込まれていく。

水力発電説明装置


遊歩道はきれいに整備され、土産物屋などもある。道沿いの花壇もきれいで、これから始まるスイスの旅への期待が高まる。

美しい遊歩道


また遊覧船などもあり、滝の間にある岩島へも渡ることができるが、朝早かったし祝日ということもあり乗れませんでした。白鳥の親子が泳ぐ姿にも癒され、なにより滝のマイナスイオンパワーでかなり体調も気分も回復したように思いました。

ラインの滝と白鳥の親子


次回は、リヒテンシュタインのファドゥーツをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

初めから 大変でしたね~。
でも、鎮痛剤は常備薬としてお持ちにならなかったんですか?
飛行機などで調達すると どんなクスリが出るか分からないですし。
イブプロフェンの効き目が強く出たのかな・・・?
アセトアミノフェン系だとよかったかも知れません。
あ、私は 薬剤関係者です。

Re: No title

久々にやっちゃいました。もともとは飲みすぎです。
薬は持ってたんですが、飲もうと思った時はもう限界だったんで
自分のカバンをあさるという選択肢を捨ててました。
そういえば、バリウムのあとの下剤でひどい目にあったことも
あったので、やっぱり薬は実績あるやつを飲まないと危険ですね。
以後、気をつけます・・・そして、あの薬がなんだったか、残りを
もっているのでちゃんと調べておきます!!

ノルウェーの事件の影響?!

こんばんは。
何とか大事に至らず到着できて良かったですね。旅先で調子が悪くなるほど心細い事は無いですよね。
入管チェックが厳しくなっていたのは、もしかしてノルウェーの事件が影響している可能性もありますね。
スイスは結構長くいましたが、しばらく行っていないので、楽しみにしています!

Re: ノルウェーの事件の影響?!

こんばんは!
初日からずっと、エチケット袋を2,3枚携帯、というなんか悲しい状況でした。
幸い、使わずにはすみましたけど(笑)
ここから先は王道コースと思うので、きっとあまり変わっていないスイスを見られると
思います。あ、氷河の後退とか、変わっていることもあると思いますけどね・・・。

旅先での不安

大変でしたね。
健康だからこそ旅行に出かけるのに、旅先では何が起こるか予測はできない、、、、。
ayaさんのように旅慣れていても、そんなことがあるのですね。
ドクターコールといえばエジプトの帰りお腹を壊した方がいて、周りでワサワサし、CAもウロウロしていたのに名乗り出なかったすぐ後ろに座っていた医師。
落ち着いたころに、「わたしは医者です。もう大丈夫ですよ」ですって。
最初は怒りましたが、彼もプライベートな旅行中だし、、、と思い直しました。
もっと大変だったら名乗り出たのかもしれませんね。

それにしても、自力で回復できたayaさんは凄い!

Re: 旅先での不安

ドクターコールって名乗り出るのやっぱり嫌という人が多いようです。
責任持てないし、そもそもどういう症状かわからないままコールされても
専門外だったら何の役にもたてないかもしれないし。だいたい、機内には
ろくな薬や器具もないし、かかわって万一死なれたりしたら後味悪いし。
そう思うと、どうせ安静にして回復を待つしかないんだから、手をわずらわす
のはやめようと思いました。
パーサーが水より炭酸水の方がいいとアドバイスくれたので、チビチビ
水分補給をして、あとはじっとしてました。
とにかく離団するようなことだけにはならないぞと、必死で耐えた、それだけ
です。油断禁物、今後も気をつけます!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR