FC2ブログ

トルコ・ネムルート山

2011/07/16 (7日目) 続き

17:45 Arr HTL
キャフタの中でももっとも豪華?な3つ星ホテル、ゼウス。ロビーの柱にはネムルート山の想像図が。いよいよ一番楽しみにしていた世界遺産ネムルート山がもう間近、期待に胸がふくらむ。

ネムルート山の想像図


それにしても瞬電が頻繁にある。バスルームがかなり狭い。エアコン、冷蔵庫あり。Internetは単純なパスワードをフロントで聞いて利用、無料。ただしコンセント少ない。

ゼウスの部屋


そして、ホテルに関しては声を大にして言いたいことがある。それは、東トルコのホテルにある冷蔵庫、かなりの確率でまったく冷えないということ!つまり冷蔵庫じゃなくて、ただの物入れとしか思えない。いや、電源も入ってるし、一応電化製品のようだし、内部に強弱の調整のつまみもある。
でも、冷えない!現地調達のビールを冷やしておいて飲むのだけど、冷えてなくて何度がっかりしたことか!

ホテルの機能しない冷蔵庫


2011/07/17 (8日目)

2:00 モーニングコール。そう、早朝に出発してネムルート山で朝日観賞をするため。
3:00 早朝の山の上は寒いかも?と言う事で、念のためヒートテックと長袖シャツ、薄い上着と、Foxfireのジャケットで出発。ミニバス3台に分かれてネムルート山へ。

4:00 ネムルート山に到着。トイレや土産物屋がある小屋で準備をしたのち、各自自分のペースで登山開始。思っていたより風が強く、かなり寒い!なめていたので、上着は要らないとミニバスに置いてきてしまった。毛布をかぶっている人も結構いる。道は懐中電灯がなくても月明かりでなんとか登れる。石やら岩やらの狭い登山道を登る。周りは誰が誰だかわからず、一人で黙々と登るが、あれ、思っていたよりもきつい・・・。

夜明け前の登山


途中で3回くらい休憩。それでも20分くらいで、東のテラスに到着。かなりの人が朝日を待って、強風をしのぎながら肩寄せ合っている。どうやら、他に日本人または東洋人のグループは見当たらない。月明かりの元見る東のテラスのネムルート山と石像はとても幻想的に見える。

月明かりで見るネムルートダーゥ


もうすぐ日の出。空が美しいピンク色に染まってくる。雲があって、日の出が見られないかもという不安もよぎるが、寒いので、早く日が昇ってくれと祈るような気持ち。実際にはやせ我慢して、平静を装っていましたが、じっとしているとやっぱり寒かったです。体感的には10℃くらい?

日の出を待つアナトリアの大地


5:15 朝日が昇る。雲の間からちゃんとキレイな朝日が見れた。雄大な景色に昇る朝日に感動。

ネムルート山朝日観賞


朝日を十分堪能した後は、東のテラスでガイドが説明。その後、北側から西のテラスへ移動して、後は6:30までフリータイムで各自駐車場に戻る。

ネムルート山のこの山頂部分は人工的に小石が積み上げられたもので、紀元前1世紀の小国コンマゲネ王国のアンティオコス1世の墳墓。砕石を積み上げた墓は盗掘も発掘も難しく、今もコンマゲネ王国の最盛期の王アンティオコスはこの墓に眠っていると見られている。良く見ると、墳墓はキレイな円錐ではない。長年多くの人がきっと盗掘やら調査で石を崩れさせたのだろう。

アンティオコス1世の陵墓


東のテラスと西のテラスのそれぞれに、5体の神像とその脇にライオンと鷲が対に2組と石像が置かれている。地震によって頭部がテラスに崩れ落ちている。写真は西のテラス、左は神像の1つとして神と共に並べられていたアンティオコス1世の顔。顔の大きは2mくらいか。

西のテラス


こちらは同じく西のテラスのゼウスの顔。ネムルート山と言うと、この顔が一番私にとっては象徴的なものだったので、自分の目で見れて大満足。かなり間近に見られるのと、西のテラスの石像は無造作な感じに置かれていて、その感じも妙に気に入っている。
(西のテラスにあった獅子のレリーフなどは収蔵庫にしまわれてしまい現在はない)

ゼウスの首


南側の眺め。素晴らしいの一言。この、何もないように見える地にかつてどのような王国があったのだろうか・・・。

ネムルート山の南側


東のテラスに戻る。こちらは顔が一列に並べてある。朝日を浴びて、先ほどとは石の色も表情も変わって見える。

東のテラスに並ぶ神像たち


階段のついた祭壇から遺跡を撮影。朝日を背に自分の影が長く伸びる。正面から見たこの墳墓は堂々としたものだ。高さは50m、直径が150mもある。

朝日を浴びるネムルート・ダーゥ


標高2150mのネムルート山からは、どちらを向いても雄大な景色が楽しめる。山を降りながら、時折足を停めては、美しく広大な大地を心に刻む。

ネムルートダーゥから見る絶景


次回はキャフタ~ガジアンテップをレポートします♪
(スイス・ジュネーブからの更新でした。これから帰国します。)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

身長を伸ばしたくてお悩みではありませんか?

「あと5cm!身長が欲しい・・・」とお悩みですか?それならば、何歳になっても背が伸びるモデルの身長UP法をお教えします。なぜ、何年も背が伸びていなかったのに身長が伸びたのかその方法を初公開していきます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR