FC2ブログ

トルコ・アクダマル島~ディヤルバクル

2011/07/15 (6日目)

8:30 ホテル出発、バスにて30分程移動。ワン湖畔の小さな桟橋で、ボートに乗り換え、悲恋の伝説の残るアクダマル島へ。伝説は身分違いの娘に恋をした男が島へ泳いで渡る途中お溺れ死んだというお定まりの話。

アクダマル島


船は約20分くらいで1km程先のアクダマル島へ到着。それほど大きくはない岩でできた小島には、アルメニア教会がポツンと建っているのみ。

アルメニア教会


先に教会内部を見学。この教会はヴァスブラカン王国のガギック、アルドゥルニの治世、915~921年に建設されたアルメニア教会。造りがかなり頑丈なので、建物自体はよく残っている方か。

アルメニア教会内部


残念ながら内部のフレスコ画の状態はかなり悪い。かろうじて何のシーンかわかるものもあるが、ほとんど下書きのようにしか見えない。

内部のフレスコ画


しかし、この教会の見どころは、外側のレリーフ。外壁にはくっきりと、聖書の逸話の数々が美しいまま残っている。

外壁の美しいレリーフ


少し離れたところから。こうして見ると1100年も前の建物には見えない。

美しいたたずまいのアルメニア教会


こちらは誰もが知っているアダムとイブの物語のシーン。

アダムとイブの物語のレリーフ


説明を聞きながらゆっくり見ていると、暑いのでちょっと疲れてきた。手近の石に座ろうとして、あれ?何か書いてある。もしかして、この辺り一帯は、お墓??

周囲の石は墓石か


アクダマル島には、他に見るべきものはなく、小さなお土産屋があるくらい。トイレ休憩などを皆さんがとっている間に、岩山を少し登ってみることにした。パンフレットなどで見た景色が自分の目で見たかったから。きちんとした道があるでなく、思ったより急な斜面だったので、途中で断念したが、でもこの景色。山々と湖をバックにひっそりたたずむ教会がキレイだった。もっと時間があれば、上まで登りたかったなぁ・・・。

岩山の丘の中腹から


アクダマル島の船着き場の反対側の入江は水も澄んでいてとてもキレイ。暑さもあって飛び込みたいくらいだった。残念ながら冷たいジュースを飲みながら眺めるだけに。この後は再びボートに乗って、バスに戻る。ボートは風を切って進み、気持ち良かった。

アクダマル島の入江


10:55 バスに乗り換え、タトワンへ。
12:20 タトワンのショッピングセンターのフードコートのようなレストランにてLunch。メインはピデ(トルコ風ピザ)、焼きたてで結構おいしかったので、めずらしく完食。アルコールはなし。このショッピングセンターは結構近代的で、ボーリング場や屋上カフェもあった。

焼きたてピデ


15:50 WC Stop
気温42℃。たまらない暑さだ。ガソリンスタンドの前にポツンとあったのは高等学校らしい。今はもう夏休みだけど、周辺にそんなに民家がないのに、こんな立派な学校があるのはちょっと変な感じ。

高等学校


17:00 Arr HTL
長いドライブの末、ディヤルバクルのホテル、デデマンに到着。スリッパ、ミニバー、バスタブ、エアコン有。WiFiはアカウント作成要。目の前にスーパーマーケット有。

デデマンの部屋


さて、ここでちょっとした問題発生。着いた早々、バスを降りてくらっと来た。全身から力が抜けるような感じと、お腹は壊してないのだけど、そんな時のトイレに行きたいようなお腹の痛さ。
スーパーに行くのも諦め、夕食もキャンセル。シャワーだけ浴びて、部屋から一歩も出ずひたすら安静に過ごした・・・。そういうわけで、このディヤルバクルの報告は何もできません。
高層の建物が多いということ、そして、ひたすら暑いということ、それだけ・・・。

ディヤルバクルの町


次回は、ハランをレポートします♪
(スイス・サンモリッツからの更新でした。少し体調回復しました♪)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

今頃はスイスかなぁ~~
涼しそう~~
お花の写真が楽しみーー

1100年前の建物にびっくり。
美しい~~
何か建てた人の思惑も何もかも洗い流されたような清らかさがある。

Re: No title

具合悪くなった記事を、具合悪くなった旅行の最中にアップする・・・
もう若くないから無理しないようにしないと。

山の景色は変わりやすく、今は雨がふっています。明日はどうかな・・・。

東トルコの遺跡は自然との調和が美しかったですね♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR