FC2ブログ

トルコ・トラブゾン~スメラ修道院

2011/07/10 (1日目)

12:00 成田発トルコ航空TK-0051にて約11時間のフライトでイスタンブールへ。(トルコ航空搭乗レポートは、旅の最後にします)
イスタンブールにて両替(1万円→188TL ちなみに成田より両替レートがいい)

国内線ターミナルへ移り、5時間以上もの乗り継ぎ時間は、同行者がブログ開設一周年を祝ってくれてビールを飲みながら過ごしたらあっという間でした。ごちそうさまでした♪

1:48 予定より30分以上のディレイでやっと黒海沿岸のトラブゾンに到着。
2:35 Arr HTL。ノボテル。設備は新しく、InternetはLANケーブルがあり無料。ポット、ミニバー、ドライヤー、スリッパあり。バスタブはなし。目の前に巨大なアウトレットあり。

ノボテルトラブゾンの部屋


2011/07/11 (2日目)

9:00 朝食は期待しないで行ったら、種類が豊富でびっくり。蜂蜜が巣のまま、コクがありおいしい。

ノボテルトラブゾンの朝食


キレイに手入れされたホテルの庭の向こうはすぐ黒海が広がっている。

ノボテルトラブゾンの庭


10:00 大阪から合流した4PAXを加え、計22PAXでホテルをバスにて出発。
10:30 ボズテペという丘にてPhoto Stop。トラブゾンの街を一望できる絶景スポット。古代名トラペズス(テーブルという意味)の黒海沿岸、トルコ北東部の街。カラ・デニズ(黒い海)と呼ばれる海は、トルコで見られるエーゲ海や地中海と比べるとやや色が濃い。

ボ・ズテペからトラブゾン市街を見下ろす


人口60万人、いわし漁やヘーゼルナッツが有名な街。写真はクルミの木。

くるみの木


11:40 バスでトラブゾンから1時間程のスメラに到着。ミニバスに乗り換え、修道院へ向かう。
途中、スメラ修道院を遠くに見ることのできるスポットにてPhoto Stop。緑が濃い。
スメラ修道院は標高1200mほどの奥深い山の中の垂直の絶壁にへばりつくようにして建っている。

スメラ修道院


12:10 最後は歩きで修道院へ向かう。途中はちょっとした山道のようになっているが普通の靴で大丈夫。チケットオフィスまでは10分程。夏休みシーズンに入っているためにとても混んでいる。

山道を修道院まで歩く、森林浴


この修道院、諸説あるようだが、4世紀頃から岩穴を使った礼拝堂などが作られ始め徐々に建て増しされていったものらしい。階段を上がって、岩の門をくぐると、近代的に見えた外側からの景観とはまた違う世界が待っている。

修道院入り口


内側の岩に張り付いた古い建造物群。外側から見た感じとは違い明らかに古い時代のもの。初期ビザンツ時代の修道院。ガイドの説明を聞いていると、上から鳥に糞を落とされた(泣)、ご注意を。

スメラ修道院の内側を上から


中央にある鮮やかなフレスコ画が残る礼拝堂は9世紀頃に描かれたもの。ところどころきれいに剥ぎ取られた部分は、フランス人やイギリス人によって比較的近年持ちだされた跡。

フレスコ画で飾られた礼拝堂


近くで見ると、古くからの落書きがびっしりと絵の上に刻まれている。

落書きだらけの痛々しいフレスコ画


岩窟の中にも入ることができる。内側の壁、天井一面にもフレスコがびっしり描かれている。色彩はかなり鮮明に残っていて見ごたえ十分。

岩窟内部のフレスコ画


「奇跡の水」と呼ばれる滴が落ちてくるところには水槽があり上から落ちる滴を下から見ることもできる。中庭から外側はかなり新しい、しかもきれいに修復されたと見られる僧房で最大800人が収容できたらしい。対面も山に囲まれていて、少しひんやりしたきれいな空気がとても心地よい。

僧房からの景色


周囲の山の色濃さと、私の好きな小さな花を咲かせるかわいらしい野草など、緑に囲まれた修道院の見学はとても楽しく、そして気持ち良かったです。

癒しの草花


次回は、エルズルムをレポートの予定です♪
(エルズルムからの更新でした)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

どんだけ砂漠だとツッコミを用意していたら・・・
まあ、ナンテ素敵な山の景色。
森林浴だぁ~~

いたずら書き・・・情けないのは昔から世界中に居るのネ。

くるみの木、始めて見ました。

Re: No title

今のところ、どちらかというと高原地帯ですね。
気持ちいいです。暑いですけど、さわやかだし?

今日はこれから遺跡なので注意します!

すてきな写真をありがとう

トルコの旅楽しんでいただいていらっしゃいますか?
写真を見てびっくりしました。
トルコというより東欧の何処かの街のようです。
緑が深いのにも感動しております。
ステキな修道院ですね、たずねてみたいです。
これからの旅も楽しみにしています。

No title

ayaさん こんにちは。
トルコ、行ったことないですけど海と山
なんか空気が澄んでいそう。。。
岩と建造物や修道院、歴史を感じますね。
落書きは残念ですね~。

次も楽しみにしていますので、楽しい旅をして下さい。

No title

ayaさんへ。
今晩は。貴です。ご無沙汰して済みません。トルコ、イスタンブールは、人種を超えて魅せられるらしいですね!!しかも、トルコ料理は、世界三大料理の一つだから、美味でしょうね♪ 雄大で美しい!!目に見える過去と現在の証。ayaさん!これからも、真実を見せて下さい! 楽しみです♪♪
有難うございました。

見応えのある修道院

こんばんは。
さすがトルコ、歴史の中心にいた場所だけのことはありますね。
世界の見方はどうしても西欧中心ですから、トルコ、トルコ近辺も割を食ってます。
美しい修道院の剥がされてしまっている部分が痛々しい。歴史そのままっていう感じです。
更に良い旅を!

No title

修道院は、まるでドラクエの世界見たいですね~
重要なアイテムが置いてありそう。

フレスコ画もいい具合にごちゃごちゃしていて、
それがまた絵になりますね^^

Re: No title

皆さま、コメントありがとうございます。
イラン国境のアララト山の麓ではInternet繋がらず返信遅くなりました。
まとめての返信になりますので、ご了承ください。


takechan0312さん

確かにトルコの印象と違う風景に私もちょっとびっくりしました。
すごくこの周辺は緑が濃くて、トルコの他の地とは色合いが全く違います。
修道院への道は、ブルガリアのリラの僧院への道を思い起こすようでした。
毎日、特に風景を楽しんでいます。続きもお楽しみに・・・


M.heart+masumiさん

多くの人が訪れる西トルコはまた全く違う感じなんですが、
東トルコも自然豊かで観光地化があまりされていなくてとてもいいです。
それなりに暑いんですけど、空気も澄んでいるし、カラッとしていて
とても気持ちいいです!今のところ絶好調で旅を続けているので、続きも
見て下さいね♪


貴さん

トルコ料理ですが、、、私はあんまり好きじゃないんです。いえ、嫌いじゃ
ないんですけど、三大料理っていうのはどうかなーっていつも思います。
ちょっと日本人には癖があるかなってところでしょうか。
トルコは、地方によって人種もかなり違います。今いるあたりは、クルド
とか多かったりするし、顔立ちもトルコの中でも結構違うんですよ。
残念ながら現地の人の写真は撮りにくい地域ですので、あまり紹介できないん
ですが、血が混じっているから若い人は美しい人が多いです♪


yokoblueplanetさん

西トルコに比べると、今周っている方面は観光客もまだ少ないし、観光地に
お土産屋の1軒もないし、道路整備もまだまだだったりしますが、
逆にあまり手が加えられていないということもあって、旅好きにはたまらない
ところかも知れません。修道院のフレスコ画も剥がされている部分以外は
本当に色もキレイに残っているので、残念に思うのと同時にこれも歴史だな
って私も思いました。残りも楽しく旅を続けて来ます♪


なごやんさん

ドラクエのように隅から隅までチェックしましたよ♪ちっちゃなお部屋みたい
なのとか、岩穴とかいっぱいあるんです。宝はありませんでしたけど。
フレスコ画はびっしりだったので、ひとつひとつ見ると聖書の場面とか
聖人とか区別はできるんですけど、遠目に見たら派手な感じで凄かったです♪

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR