FC2ブログ

なぜ添乗員に間違えられるのか?

今回のポーランド行きは、ルフトハンザのフランクフルト経由だったのですが、そのフランクフルト行きの機内で、ちょうど一年前にパプアニューギニアでご一緒した添乗員さんに偶然再会しました。

私「○○さんですよね?パプアニューギニアで去年、ご一緒しましたよね。」

添乗員「え?いや、行きましたけど、一緒じゃないですよね」

私「ちょうど1年前、ゴロカに行ったじゃないですか、一緒に。間違いありませんよ。」

添乗員「え??いや、行きましたよ、でも人数少なかったし、バス1台だったから、あり得ないですよね?一緒には行けないじゃないですか。」

このようなやり取りが続き、どうも話がかみ合わない。確かに添乗員は年間何百人ものお客さんを相手にしているので、覚えていないのは仕方ない。あ?ひょっとして・・・

私「私、添乗員じゃないですよ。」

添乗員「え?添乗員じゃないんですか!絶対添乗員だと思った。」


とまぁ、このようなやり取りで始まる再会となりました。このように現役の添乗員にもよく間違われるんですよね。前にも、5日目くらいになって、参加していたツアーの添乗員に「お仕事、添乗員ですよね」と聞かれたことも。

他にも、飛行機で隣り合わせた方が席を出入りする際、通路側の席にいた私が立ってあげると、「お仕事中すみません」て毎回言うんですよね。特に何もしてないのだけど、仕事で出張に行く人に見えたのかなと思っていたら、「私もちょっと前まで添乗員やってたんです」と話しかけられました・・・。

ツアー参加中、レストランで飲み物のプライスリストの説明をし始められたり、駅、空港、ホテルなどでガイドさんやアシスタントさん、職員等に「ツアーリーダーですか」と聞かれたことは数知れず。

また同じグループのお客さんからもよくサブ添乗員で来てるんだと思ったとか言われたりと、まぁ、多くの人にこれまで添乗員と間違えられました。

そして、ついこの前は成田の税関職員にまで「添乗さんですねー」と言われる始末・・・。

何がそんなに添乗員に見えるのか?あまりに頻繁なので自分なりに分析してみました。

理由その1:微妙な年齢。
一般のパッケージツアーのお客さんのプロファイルからちょっと外れたお年頃で、一人でマイペースで歩いているから。

理由その2:格好が観光客ぽくない?
特に成田出発時には、誰に会うかわからないし訳あって比較的ちゃんとした格好している。オフィスでのカジュアルデーくらい。ななめがけのカバンとか持っていない。つまり旅行者ルックじゃないから。

理由その3:飛行機は最後に乗る
添乗員は普通、自分のお客さんが乗ったのを確かめて最後に乗りますよね。
私は飛行機が怖い、だから精神的負担を減らすためにファイナルコールでしつこく催促されてから乗る。そして、通路側に席をもらっていることが多い。添乗員がよく座るあたりの席に居ることも確か。

理由その4:確かに旅慣れてはいる
会社員時代には一人で海外出張にも何回も出ているし、全部合わせて現在57回の渡航歴。同じ国に行くことも数知れず、海外旅行に関する経験が豊富ということは確か。なのでいろいろ知っていたり、準備がよかったりするから。あと、普通の人が使わない業界用語?を知らないうちに使っているらしい。もしかしたらブログにもそういう記述があるのかも・・・。

理由その5:人当たりがいい
自分の認識では普段結構不機嫌な顔して歩いているはずなんだけど、日本でも海外でもとにかく歩いていて、道を聞かれたり話しかけられたりする。話しかけやすい感じが何かあるらしい。話しかけられればちゃんと対応する。そのあたりが人の扱いに慣れた添乗員に似ている?


添乗員にとにかく間違われるんです、と言うと、99%の確率で「あー、いそう、そんな感じ」という具合の反応をされる。心の中で、それってどんな感じ?といつも思っていますが・・・

大変残念なことに、添乗員にはなれないので、間違えられても嬉しくないんですね。だからと言って、あえて間違えられないように何か工夫をするのも変だし。笑って、違いますよ、目指してもいませんよ、って言うことにするしかない。

ではなぜ、ツアーで旅行に散々行っているのに、添乗員という職業を選択肢のひとつとして検討しないのかを説明しておきますね。私だって、なれるならなってみたいとは思ったことはあります。

でもまったく無理なんです。

最大の理由は、飛行機恐怖症。飛行機怖い添乗員なんて有り得ないですよね?嫌いという人はいるでしょうけど、乗ってから降りたくまではなりませんよね。仕事だと思ったら乗れないと思います。

後は、良く熱中症になるし、胃腸も弱い。乗り物も全般的に弱い。体力ない。極度の高所恐怖症。
どこでも寝れない。ダメな理由オンパレードですね。

添乗員の事情にもPAX側の事情にも詳しいので、添乗員から見たら、ちょっと扱いに困る客なのかも知れないですが、お仕事の邪魔しないように、楽しい旅仲間としてみてもらえるようにしたいです。

では、次回からポーランドの旅レポートスタートです♪
(実はちょっとトラブルもあって、記事を準備する時間がなく、今回は写真なしの横道ネタになりました・・・しかも長文でスミマセン。クラコフからの更新でした。)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

よほど言われているんだろうなぁ。
ぷぷ
でも添乗員さんと大差ないほどの渡航歴。
自ずと雰囲気が違うと思うなぁ。
旅先でも何気に見る場所を心得ていたり、
第一まごまごしてないよねぇ。
颯爽と歩いていると思われる。

Re: No title

たしかに颯爽と歩いているかもしれません。現地に住んでいるかのごとく。
なので、じゃぁここで解散、とか言われて、周囲にまだ皆さんがいるときは
地図とか見たりして、まごついているフリとかしますよ、適当に(笑)。

No title

こんにちは、

私も一度、飛行機のなかで、添乗員じゃないかと思った、といわれたことがありました。 まったくもって、納得できなかったです。 そのときの服装は、カジュアルなチェックのジャンパードレスでした。 

Re: No title

こんにちは!
そうなんですよね、必ずしも服装がそれらしくないときでも私もよく言われます。
襟付きシャツにジャケット来てる時は、まだしょうがなかと思いますが、Tシャツに
ジーンズでも言われますし、やっぱり慣れてる感が何か出ちゃうんでしょうかね。
結局のところ真相はよくわからずです(笑)。

動きに迷いが無い。

こんばんは。
これ判る気がします:恐らく動きに迷いが無いのだと思います、色々な要素が絡まっているでしょうが。
旅慣れていない人は比較的迷いながら、考えながら動いてますから、それが無く動いている人は、人の世話をする役目の添乗員風に、添乗員に見えるのではないでしょうか?
面白いですね。

Re: 動きに迷いが無い。

こんにちは!
なるほど、迷いですね、確かに。動きに迷いはまず現れないと思います、私の場合も。
それに不安みたいなものも見えないでしょうね。歩いていてスリに狙われていると感じ
たこともないし、不自然さがないのかな。
私は人の事を添乗員ぽいと思ったことがないので、どういう人がそう見えるのかいつも
不思議だったんですよね。
今度から、そう言われたら、どうしてそう思ったか聞いてみるようにします♪

いやいや

横道に逸れていただいて 長文であっても(笑)興味深く読ませていただきました  飛行機嫌い 高所恐怖症 車に弱い・・・・そうか・・・おもしろいですv-391

No title

はじめまして。
ayaさんと一緒に旅したら
色んな事に詳しくて
旅も楽しいだろうなーって思ってしまいました^^

No title

第一印象で判断する場合の要素としては、やっぱり
  ・服装を含めた見た目
  ・旅慣れた感じがする
あたりですかね。。

あとはカバンがシックな感じで大きかったり、
英語を使って話しているとそれっぽいかも?

No title

ayaさんへ。
こんばんは。貴です。興味深いです。私、そういう事を考えた事が無かったので。新しい目線です。添乗員さんらしい?私もイメージ出来ないです。CAならイメージ出来ます。しかし、添乗員さん??考えてみます。

添乗員をしていましたが

そうですか添乗員に間違われますか?
多分一般の旅行者のようにびくびくしていないかもね。
何かあっても自分できるようですから、
その態度が添乗員と間違われるのかもしれません。
でも添乗員になれない理由を聞いて驚きました。
これなら船の中でキャビンアテンダントは如何ですか?
残念ながら地には着いていなけど、空は飛びませんよ。

私も高い所嫌いなのですが、飛行機大好きです。
飛行機の渡航歴はayaさんの方が多いかもね。
だって私最近あまり旅行していないので。

No title

 こんいちは。初めてのコメントです。

 いろんな国に行ってますね。

 ところで、添乗員に間違われるって事は、犯罪者は寄ってこないって事?僕は、怪しい奴らに寄ってこられる事が多かったから、そうならいいなってね。
 ほとんどは対応出来るんだけど、こちらの予想を超えた事をされると、やられたし。

 序に書くと、アジアや欧州なら気楽でいられるけど、中東やアフリカのイスラム国家は違和感あるし。(トルコは別) モロッコなんか、セウタから日帰りで
ティトゥアン(だっけ)に行っただけで、カルチャーショック受けたし。

それ程も魅力なのですね

こんにちは、
楽しく旅行記を拝見しておりますが。。。。
本当に飛行機が嫌いなのですね。
私も嫌いでしたが、最近前ほどではなくなってきました。
嫌いな飛行機に乗っても体力がなくても?(私から見ると凄く体力があると思います。)行きたい気持ちが上なのですね。
旅行記を見ていると納得です。
添乗員が駄目でも、旅行に関するお仕事、アドバイスなんかするとみんなが喜ぶ気がします。
ポーランド旅行記仲良しの母国なので行進楽しみにしています。

Re: それ程も魅力なのですね

皆さま、たくさんのコメントありがとうございます!感激です♪
楽しく旅を続けて夜は飲んだくれてしまったり、パタンと寝て
しまったりでなかなかブログの更新まで行きつかず・・・
返信、まとめてさせて頂きますのでご了承下さい。

みんこさん

旅ともには、飛行機嫌いは信じられない、って言われるんですが
怖いものはどうしようもないんですね。昔はなんともなかったので
何とかこれだけでも克服したいと思っています。
それでも旅の魅力には今のところ負けていないので、まぁ徐々に
でもどうにかできれば・・・高所恐怖症とかは一生治らないでしょうけど。


spicaさん

はじめまして!コメントありがとうございます♪
楽しいかどうかはともかく、ちょっとは心強く気持ちに余裕ができる
旅になるんじゃないかなぁとは思います。
もちろん、一緒に目いっぱい楽しむこともできるかも??
今後ともよろしくお願いしますね♪なんでしたら是非旅行も一緒に?


なごやんさん

あ、カバン黒くて大きいかも?。
英語は、苦手ですけど、旅行に必要なくらいならまぁ、しゃべれるから
航空会社とかホテルとかガイドさんとか、直接話はするけど・・・
添乗員じゃないって言うと、次は目指している人って思われるんですけど
それも違うんですよね。なりたがっているように見えるんでしょうかね。


貴さん、こんばんは。

そう、私も添乗員らしいの意味がわかんないんですよ。
私から見て、いかにも添乗員っていうのは、黒のジャケットとか着て
お仕事モードを醸し出している人くらいですかね。
まぁ、アイテナリーとかドキュメントをたくさん持っていたりすれば
すぐわかりますけど、それ以外はまずわかんないんですよね!


takechan0312さん

船は好きなので、いいかもしれませんね!倍率高そうですが。
いや、まって、私はそんなに英語とか外国語ができないんですよ、そもそも。
飛行機は確かに国内線も入れたらもう何百回って乗っていると思うのですが
怖いと思うようになってから、回を追うごとに怖さが増しているかも・・・。
まぁ、ともかくも何か旅にちょっとでも絡む仕事につけないかちょっと考えて
みようかなと思う今日この頃です。


一匹狼さん

はじめまして!コメントありがとうございます♪
そうですね、犯罪者は寄ってきませんね。狙われてると思ったことすら
ありません。実は結構無防備で、パスポートやら現金、カードなんて
ほぼノーガードで持ち歩いているんですが、あまりにも隠さな過ぎて
返って安全なのかも?一度痛い目に合えば、考え方も変わるかも知れませんが
近所を歩くのと同じような感覚で貴重品もって歩いています・・・
今後ともよろしくお願いしますね♪


sakuramomさん

こんにちは。そうなんです、本当に飛行機が嫌い、いや正確に言うと
何より怖いんです。それに、体力というか持久力ないんですよ、本当に。
ですから、観光地などではいつも最後を歩いていたりします。短距離は
得意なので、いざとなれば走ったりはできるけど、超時間歩いたり立って
いたりがどうしても疲れてテンション下がっちゃうんですよ。
喜んで頂けるならタダでもアドバイスとかはしちゃいますが、何らかの仕事に
結びつけるには、ちょっと難しいなと感じる今日この頃です。

いやいや

現役添乗員です。
添乗員は犯罪者が近寄ってこない??
どこからそういう発想になるのでしょうか。
添乗員こそ狙われますよ。
ガイドさんも。
お金などをたくさん所持していると思われるのでしょうね。
現に何度もスペインやフランス、イタリアあたりでは
犯罪に巻き込まれたり、全財産盗難にあったり
命を失った添乗員もいます。

添乗員の実情を知らずに、勝手なことをいわないでくださいね。

Re: いやいや

くまこさん、コメントありがとうございます。

お気を悪くされる記載があったのならごめんなさい。
私の知っている添乗員さんだけでも、カバンごと取られたり、現金やチケット取られた方がいるので、添乗員が犯罪者に狙われていないとは私は思っていません。
その道のプロから見たら、私はむしろ添乗員には見えないと思いますよ。
昨今では、昔ほどは現金の大金を持ち歩かなくてよくなったでしょうし、航空券もeチケットになって前よりは負担が少なくなっただろうとはいえ、PAX以上にいろんなものを持っているのは明白ですから専門としている犯罪者もいるかもしれませんよね。

犯罪者の目と一般的なPAXの目、同業者の目というのはそれぞれ違って、意図しない見方をされることがあるというのが実情ですね。だから私も添乗員に間違われるわけで、その理由はそれぞれなんでしょうけど、もしそれが誤解から生まれたものであれば、どんどん指摘をしていいと思います。実際、今回のコメントで、添乗員って犯罪者に狙われるの?って思う人は少なくないはず。そういう体験話を添乗員同士ではしてもPAXにする人は少ないのかもしれません。

No title

こんばんは。
ayaさんの記事のおもしろさの1つとして添乗員さんとの関係があります。おそらく正直に書かれている点が全体のなかでアクセントとして効いています。

でも添乗員だいう感じはしませんでした。
僕がまったく気にしない飛行機の空調のことなども(どこかに)書かれていたので前職はCAさんだったのかな、と思っていましたが。まさか飛行機、嫌いだとは。

僕もできるなら飛行機に乗らずに旅したいです。

Re: No title

こんにちは!

添乗員さんとのやり取り、もっと紹介したいエピソードもたくさんあるですが
何しろ相手がいることなので、書いても大丈夫かな?と思うことだけを書いています。
書く以上は、正直に盛らずに書きたいですから・・・。

ちなみに、顔立ちのせいか、私を見てCAの経験があるかと疑った人はいないと思いますよ。
かなり十人並みの平凡な顔をしていますから。
飛行機は、何百回も乗ってだいぶ恐怖は和らぎましたが、未だに嫌いです。
毎回ビジネスクラスに乗れる身分だったら、そうではないかも知れませんが
おとなしく座っているのが難しい性分です。

早くどこでもドアできないですかねぇ・・・(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR