FC2ブログ

旭川・旭山動物園(もうじゅう館~かば館)

2020/12/20 (2日目) 続き

12:20 もうじゅう館へやってきました。
最初のエリアで、何か黒い動物が寝ているのが見えます。起きるのを待つ時間はないので、他の動物がいそうな右へ行きます。この時左側にまだ展示エリアがあることに気付けませんでした。

エゾヒグマ?


右隣には超かっこいいアムールトラがいました。子トラ3頭によろしく言わなくちゃいけないのですが、どうやら1頭しかいないようです。

旭山動物園のアムールトラ


近くで雪かきしていたスタッフの方に、今日は子トラは展示出ないのでしょうか?聞いてみましたが、飼育員さんではなかったようで、分からないと言われました。掲示を見ると、今いるのはパパのキリル、ママと子トラ3頭は、午前午後の交代で展示エリアに出ると書いてありました。

午前午後で交代展示


うーん、今はまだ午前、なのかな?午後って何時から?ご縁がなかったという事で子トラさんたちには会えませんでした。もし次会う機会があってももう子トラではないでしょうね。パパトラがおいしそうな獲物を見るような目で寄ってきます。

キリル


次はその隣のライオンです。雪の中のライオン、百獣の王子様オリト君でしょうか。こちらもよろしくの伝言を伝えます。大きいです。

旭山動物園のライオン


立ち上がるライオン、かなりの身長だと分かります。私の倍近い?
すごい迫力です。



その後、近くに寄ってきました。1頭だけの飼育なのでしょうか・・・群れで暮らす動物だったと思うので、ぼっちは可哀そうです。動物園嫌いの理由のひとつです。

オリト


ギリギリ近くまでライオンが来ましたが、雪が積もってて逆に顔がよく見えません。

近すぎのライオン


さて、ユキヒョウを見逃している事を気付かないまま、もうじゅう館を後にします。上の東門に戻りながら残り時間見るつもりでしたが、ここで、よろしくを頼まれていたうちのカバのお嬢様を見てない事に気付きました。お嬢様って事は子カバですよね、見たい!キリンの隣だったから、戻らないと・・・。下へと足を運びます。ぺんぎん館前を通ります。もう誰もいません。

ぺんぎん館


ペンギンたちは固まって休憩中のようです。私たちの団体ももうほとんど東門方面にいるのでしょうし、他の入園客もランチ休憩中なのか、下の方のエリアには誰もいません。

休憩中のキングペンギンたち


あざらし館の前を通り、ペンギンのお散歩コースの脇にあるきりん舎そして、奥の建物がかば館です。

キリン舎とかば館


キリンは独りでお散歩中です。周囲に人の気配は全くありません。

旭山動物園のキリン


かば館に入ります。もう解説版などを読んでいる暇はないので、とにかくカバの姿を探します。割と大きいプールがありますが、カバがいません。
あれー、寒いのに外とかにいるのかな?カバどこ?

かば館のプール


あちこち探すもカバの姿が見えないので、ちょっとしゃがんでみたら水中をうごめく巨大な影が見えました。あぁ、潜ってたのね。割と長い間水中に潜れるのにびっくりです。

カバを水中に発見


しばらくすると浮いてきました。ママの後ろに小柄のカバがいます。母娘ですね。見れた、良かった、よろしくも伝えたよ。

水面を泳ぐ母娘カバ


水面に顔を出したカバの母娘の様子です。



順路に沿って下へ行くと、先ほどのプールの中が見えました。
カバが潜ってきましたよ。ママについて、子カバも潜ってきます。

水中に潜るカバ


ママを追いかける子カバ、かわいいです。カバってものすごくでかいので、水中でこんなによく動くとはちょっとびっくりです。昔ボツワナで見た野生のカバは、岩のように川で寝てたり、のんびり草を食んだりしてほぼ動かない動物のように見えました。

ママを追いかける凪子


野生だと水中までは観察できないので、この展示方法はすごいですね。プールは大きいと思いましたが、カバの大きさ的にはギリギリサイズ、あまり恵まれたカバの飼育環境は見たことがないので、マシな方かも知れません。



気付いたら12:30を過ぎています。戻るだけでも10分はかかるし、出発前にトイレにも行かなくちゃだし、急がねばやばいです。

次回も旭山動物園続きをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR