FC2ブログ

旭川・旭山動物園(レッサーパンダ舎周辺)

2020/12/20 (2日目) 続き

12:13 ほっきょくぐま館見た後は、いよいよ残り時間が気になり、ちょっと焦りがでてきました。ほっきょくぐま館の出口の先には、小さなホッキョクギツネ舎があります。庭は雪だらけ、どこにキツネが?

ホッキョクギツネ舎


動かないのでなかなか見つけにくかったですが、ちょこんと座っていました。冬毛で分かり辛かったです。北極圏に暮らすキツネということで、寒さに強いそうですが、今は動く気がなさそうです。

雪の中のホッキョクギツネ


すぐ隣にレッサーパンダ舎があります。
狭い箱庭が2つ、左に雄1頭、右に雌とその子どもたちかな?2歳児と0歳児の双子2組?が一緒のようです。

レッサーパンダ舎


ママは重慶動物園の出身ですか。あの動物園の飼育場から来たと思うと可哀そうな狭さです。よく動き回るレッサーパンダたち、何匹いるのか数えるのも大変です。

レッサーパンダあの庭


この子たちは遊んでいるのか動きが激しいです。生後半年の子たちかな?
体の大きさで判断するのは難しいです。

遊んでいる子どもたち


狭い庭を激しく動き回るレッサーパンダたち、5匹いるはずですが、3匹しかいない?数えるそばから動くので、ちゃんと5匹いるのか、どれがママか全然分かりません。

レッサーパンダファミリー


上の方にも1匹見つけました。4匹はいますね。飼育スペースが狭いので見る距離も近いのですが、何回数えても4匹しか見当たりません。

上にも1匹


空中の吊り橋の先、見学通路の反対側にある支柱の上に残りの1匹を発見しました。寝ているようで、耳らしきものと尻尾らしきものが見えるだけで、いったいどういう寝相で寝ているのか見当もつきません。

飛び地で寝ているレッサーパンダ


吊り橋の先のエリアはさらに狭く、木1本分の飛び地になっています。その前に「生うんち」なる展示がありました。
こういう工夫が旭山動物園らしさ、かも知れません。

レッサーパンダの生うんち


離れて寝ているのがママなのか、ちょっと大人しいこちらがママなのか、私には区別が尽きません。中国のパンダ基地にもレッサーパンダが飼育されていますが、何しろ広大な敷地、山とかの斜面に放されている事も多く、間近で複数のレッサーパンダを見ることもないのです。

レッサーパンダ


ですが、例えばこちらの子はまだ若い子だと分かります。
尻尾のストライプ模様がまだぼんやりしていますよね。大人になるにつれ、濃くなるはずです。

幼いレッサーパンダ


次へ行こうと歩きだすと、吊り橋を渡るレッサーパンダが見えました。
このように頭上をレッサーパンダが渡ります。ペンギンのお散歩を除き、一番見物人が多いエリアでした。他は周りに1組いるかどうか、です。

レッサーパンダ舎の吊り橋


吊り橋にもたっぷり雪が積もっていて、レッサーパンダの姿も半分は見えません。真下からなら気付かないかも・・・。

雪の吊り橋を渡るレッサーパンダ


渡った先が小さな飛び地になっていて、支柱の上に1匹寝ています。
きっと起こされちゃいますね。

渡った先には寝ているレッサーパンダが


さて、次へ行きましょう。レッサーパンダ舎の隣は小獣舎、檻の中にマヌルネコが展示されているそうですが、どこにいるのかな?

小獣舎


探すと、かなり高い所にいました。
なんだか不機嫌そう?少しじっとしては、また別の場所に動くを繰り返しているようです。

マヌルネコ


もふもふでかわいらしい体形ですが、すごい目力でかっこいいです。
そういえばマヌルネコの写真ってほぼ全部こういう目つきですよね。この表情がとても印象深いです。

かっこいいマヌルネコ


次回はもうじゅう館~かば館をレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR