FC2ブログ

阿寒湖・鶴雅の温泉&夕食(和食膳)

2020/11/6 (1日目) 続き

17:10 散策から戻ってきました。こちらはあかん遊久の里鶴雅本館の正面エントランスです。北海道一と言われる名旅館、品格があります。

阿寒湖鶴雅本館エントランス


部屋へ戻る前に、アイヌコタンを見に行きます。鶴雅本館からすぐです。
アイヌの集落兼お土産屋街、夜まで営業している所が多いのでライトアップがきれいです。しかし、なんてことでしょう、観光客が誰もいません。侵しがたい静寂の風景、入口をくぐらず旅館に帰ることにしました。

アイヌコタン


一度部屋に戻り、時刻を確認すると、まだ夕食まで1時間あるので、食事前に温泉に行くことにしました。食後出かけるのでまだ着替えず、タオルは部屋から持っていきます。お風呂にいくための網バックも用意されていました。

まずは本館の温泉に行きましょう。本館1階にはお土産屋さんもあります。民芸品は外で買った方がいいでしょうが、食品などは買って荷物に入れてしまうのも手です。地域共通クーポンも使えます。

鶴雅本館1階のお土産屋


そして、マリモもいました。エコミュージアムセンターまで行かなくてもここでも見れたのですね。

鶴雅本館にあるマリモ


1階の奥に大浴場があります。奇数偶数日で男女利用できる時間が区切られていて、今日は22:00まで女風呂です。豊雅殿と名付けられた和風のお風呂は地下と1階からなり、この時間男風呂は8Fにある洋風のお風呂になります。

鶴雅本館大浴場入口


10種類くらいの浴槽があり、洞窟風呂や丸太風呂、うたせ湯などなど・・・、そして庭園露天風呂はとても風情があり阿寒湖が見渡せます。真っ暗だったので、遊覧船が見えただけですが。混んでるかと思いきや、広くていろいろある大浴場は、どの浴槽も、露天風呂も独り占めできる状態でした。夕食に行っている人が多いのかな?

アメニティはいろいろ揃っているので、こだわりがなければタオル1本持っていくだけで利用できます。

入浴後のアメニティも揃っている


私が今までいった温泉の中でもベスト5に入る温泉じゃないかな?私は初めて来たという認識ですが、ダンナは来たことある、と言い出しました。おそらく、前回来た時に、鶴雅リゾート花ゆう香に泊り、大浴場を相互利用できるので来たのだと言います。私は温泉というかお風呂自体が好きじゃないので、わざわざ別の館まで入りに来なかったようです。

18:30からの夕食は本館2階の広間ウタサで和食膳を頂きます。10分前に部屋を出て本館にまた来ました。本館1階のフロント付近、庭園風の池があります。奥は宴会場のようです。

鶴雅本館1階


2階に上がっても、このような風情の所を抜けた先に、添乗員さんが待っていて、食事会場はこちらですよーと案内してくれました。

鶴雅本館2階


こちらがウタサという広間に設定されたお食事会場です。広間なので、靴脱いで上がります。コロナの時代ですので、申し込み単位のテーブルごとにしっかりとソーシャルディスタンスが確保されています。

鶴雅本館2階で和食膳


予め前半のお料理がセットされています。

つつじ膳


暗黙の了解でこのツアー、参加者同士が会話をする、という事がないのですが、19:30のイベントを予約しているのに1時間でこの食事食べ終えるかな、さらに飲物頼んで大丈夫かなと心配に思った際、お隣も同様の心配をされてて、参加されますか?とだけ声を掛け合いました。

他の参加者と会話したのはツアー中2回だけの最初の1回です。それほど会話がない状態なので、コロナ時代の団体ツアーは、なんだか異様な感じさえします。常にマスク、頻繁のアルコール消毒、会話なし、これなら感染リスクはかなり低いですが、果たして1人参加の方は楽しいのだろうか?という疑問も浮かびました。

さて、食事ですが、1時間で食べ終わって、ウィングスのロビーまで行かなければなりません。毛蟹1人半身付きで、これは少々時間がかかりそうです。味噌もたっぷり、少しお皿を片付けてから頂くことにしましょう。

毛蟹半身


前菜にはホッカイシマエビもあります。飲物は結局ビールを頼んでしまいました。クラシックの瓶は東京では見たことがないですね。800円(チェックアウト時に税込み880円で清算)、キンキンというほど冷たくなかったのが残念。

前菜はホッカイシマエビなど


お造りの手前は、幻の魚イトウだそうです。
養殖しているので食べられるのですね。

お造りにイトウも


鍋物の火が通るのを待ちながら、毛蟹は頂きました。隣のテーブルでは、男性が蟹に一切手を触れず、じっと待って剥いてもらって食べているのを見て、化石を見た気分になりました。煮物は、百合根饅頭、私は苦手なので辞退させて頂きました。

苦手な百合根


こちらは焼物、どれも量が抑えめなので、最後までおいしく頂けそうですが、ふと時計を見ると時間がありません。すみませんが、この後予定があるので、残りお食事とお菓子までお願いしますと仲居さんに頼みます。

焼物


ななつぼし使用の帆立炊き込みご飯、おいしかったです。おかわりされているテーブルも結構あったようです。すごい量に見えた旅館飯ですが、ランチ抜きだったせいもあり、最後までおいしく頂けました。

帆立ご飯


次回はカムイへの祈り、をレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

暗黙の了解でこのツアー、参加者同士が会話をする、という事がないのですが って、かなり特殊なツアーじゃないですか?
高額ツアーだから参加者の意識も高いのでしょう。
私が目撃してきたツアーの人たち、屋外ですけどマスク外しておしゃべりしている人もそれなりに見かけましたし、ましてや食事中なんかは大声でしゃべりまくりの人もいました。(ツアー団体と食事で遭遇したのは1度しかありませんが)
少なくとも会話無しっていうのは、見たことありません。

果たして1人参加の方は楽しいのだろうか?という疑問ですけど、ふだんから一人旅している人なら問題ないでしょうね。
必ずしも会話したくて(人と会いたくて)旅行するとは限らないですから。
私もその中のひとりです。

Re: No title

一緒に参加している家族内などではおしゃべりしますよ、主に外で。
だから外野から見たらどう見えるかは・・・。私が見た限り、それほど客層はいいという感じではなかったですが、目につく変な人もいなかったです。

団体の中で、1人参加ってごく少数なんですよね。1人か2人。他人とお互い話はしないけど、周りは家族同士で仲良くしている雰囲気の中にポツン、なんていうか小学校のクラスで仲間外れにされている感じに見えるというか。
誰とも何も話さず旅を続ける・・・、特に食事時、コロナ前なら相席とかもありますが、今回はないので、ぼっち感は逆に増すかな、と。私も知らない人と話すの面倒くさいし好きじゃないけど、挨拶くらいは普通はするし、ずーっと無言ってどういう気持ちかなと考えてしまいました。

マナー徹底してますね。

このツアー面白そう・・・と思っても国内旅行(和旅館のせい?)は二人参加が基本らしく、”一人参加可能”な又は”一人参加限定”を選んで参加します。
個人情報が叫ばれてから、参加者同士の会話はスマートになってるし、適当にほっといてくれてるんだなと思ってましたが、寂しそうに見えるんだ?

aya1103さん、海外は一人参加なのに国内となるとカップル目線(仲良くしている雰囲気の中にポツン)になるのが面白いです。
一人参加の人は一人に慣れてるし、ボッチ好きですからお気使いなく!複数参加をうらやましく思った事なんて無い無い無い。

それにしても北海道ギリギリセーフでしたね。

Re: マナー徹底してますね。

海外で、自分だけが一人参加というツアーも体験してますが
今回ばかりは、この状態で私は一人参加は無理だと思いました。
以前は、朝の挨拶とか、観光地や食事の感想とか、最低でも何かしらの
交流というのがありましたよね?
でも一緒に行動しながら、一切誰とも言葉を交わさない、とあまりに寂しいような。
他が羨ましいとか言う話じゃなく、今までだったら違和感なかったのに、
コロナで場違い感出ているような状態とでもいいましょうか。
実際、一人参加の方がずっとしかめっ面していたので、そう思ったのかも知れません。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR