FC2ブログ

中国・北京動物園②

2019/12/12 (9日目) 続き

13:45 オリンピックパンダ館の萌宝(もんばお)と萌玉(もんゆう)の双子は揃ってお食事中です。萌四、萌五と呼んでいますが、萌萌(もんもん)の4番目、5番目の子、から来ています。

萌四萌五


もっとも、萌萌の子と名前から分からなくても、丸っこい体形とお顔で、誰の子だっけ?と首をひねらずに済みます。

萌五萌四


朝食事した後はお昼寝するので、午後の食事タイムに時間が合うのはかなりラッキーです。パパの美蘭(めいらん)の遺伝子のせいか、食べるのはのんびり、です。



パンパンの大きなお顔が特徴の萌五は私のお気に入りちゃんです。
日を浴びて輝いています。

萌玉


展示場前には、新しいネームプレートが掲示されていました。
名前、生年月日、特徴などが書かれています。こちら萌四のネームプレート、萌四の方が活発だそうです。

萌四のネームプレート


萌五のネームプレートはこちら。こうして、4枚もの写真と共に紹介されているので、初めてパンダを見る人が見ても、どちらがどちらか見分けやすそうです。

萌五のネームプレート


萌四萌五は、成都で生まれて育ち、9月に引越して来るのと同時に親離れ、双子姉妹だけで暮らすようになりました。まだ1歳半の人間で言えば幼稚園児ですから、おもちゃもたくさん用意されています。

萌四萌五のお庭


おもちゃで遊ぶのか見てみたいですが、まだまだのんびり食事中です。やっと萌四が顔が見える姿勢になってくれました。

萌四萌五


このオリンピックパンダ館は2階に上がることができ、展示場を上から眺めることもできます。まだまだ小さいパンダたちには、十分な広さがあるのが分かります。

2階から見た萌四萌五の展示場


食事はまだ続きそうなので、他のパンダを見に行きましょう。外に出ると、萌四萌五の兄、萌蘭(もんらん)がまた食事を再開していました。萌蘭は、主に中国のファンから萌三と呼ばれています。

萌蘭


では、アジア運動会パンダ館を見て回りましょう。こちらは3つの庭と3つの室内展示場があります。夏に来た時と違い、庭の周囲はガラス(もしくはアクリル?)とフェンスで覆われてしまいました。食べ物や石などの投げ込みが多いので、それを防ぐためと思います。

囲われたパンダ展示場の


萌蘭の向かいにある庭では、大地(だーでぃ、1992年生、雄)が寝ています(写真中央)。神戸のタンタンの兄であり、上野のシャンシャンにとっては曾祖父に当たります。寝ていて顔が見えないのでまた後で来ましょう。

寝ている大地


その隣、真ん中の庭は割と広めで、木の台や遊具がありますが、いつ来てもあまり使われている気配がありません。

古古の庭


庭が広くても、今日もパンダ舎の前で寝ているのが見えました。古古(ぐーぐー、1999年生、雄)です。

隅っこで寝ている古古


そして3つ目の庭、と言ってもこちらパンダ館入口からは手前ですが、ここには萌大(もんだー、2013年生、雄)がいました。ハンモックでくつろいでいます。萌萌の長子で、これが本名です。三四五とは父親が違います。

萌大


やがてハンモックを出た萌大、今度はブランコに上ります。あら、自分の名前入りですかね。笹を食べるかと思いきや、どうやら気に入らないようです。

萌大


飼育員さんが来ないかな、おやつ来ないかな、そんな感じで見回りをする萌大です。

萌大


室内に入ります。手前、萌大の庭の内側では、吉妮(じーにー、1993年生、雌)が笹を食べています。おそらく、萌大と日替わり?で中と外を使っていると思われます。

吉妮


吉妮は、和歌山のパパパンダ、永明の妹です。私は永明に会ったことがないのですが、写真を見る限りそっくりです。

吉妮


そして、真ん中の部屋には萌二(もんある、2013年生、雄)が寝ていました。萌大の双子の弟です。ママの名前+大、+二というのはよくある名前です。アジア運動会パンダ館の室内展示場は狭く、奥行きもないので、見学はしやすいですがパンダには気の毒な環境です。

萌二


3つ目の室内展示場は空で、大地が中に入った時に使うようです。
1周したので、オリンピックパンダ館に戻ります。萌蘭は既に寝ていました。

萌蘭


萌四萌五の所へ行くと、ちょうど遊んでいる所でした。パンダファンに玉蟲と呼ばれる遊具に乗っています。西日が差し、逆光で見えにくいのが難です。

萌四萌五


一緒に遊んでいる姿を見て、なんだかほっとします。この双子、ずっと一緒に暮らしていながら、いつもべったりなタイプではなかったのです。でもママと別れて、よりお互いを必要としているように見えます。

萌四萌五


萌五が萌四の所に落ちてきました。せっかく滑り台付きですが、手摺の所をすべったみたいです。



追いかけて行って一緒に遊んでいます。どうやらおもちゃがなくても仲良く遊べそうです。

萌四萌五


女の子の双子は大人になるまで一緒にいることも可能ですから、ずっと仲良く暮らして欲しいです。北京動物園は展示場所も足りないので、繁殖に参加するまでは一緒にいられるかも知れません。

萌四萌五


次回も続きをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR