FC2ブログ

中国・成都~北京動物園①

2019/12/12 (9日目)

6:15 フロント脇のソファで寝ていたホテルスタッフを起こし、チェックアウトしてデポジット200元も返してもらいます。小雨が降っていますが、駅は目の前です。2,3分待ったら係員が来てシャッターが開きました。

成都の動物園駅入口


6:35 地下鉄の始発に乗り、空港へ向かいます。
7:20 成都双流空港第2ターミナルに到着です。セキュリティチェックを受けて空港内に入り、優先カウンターでチェックインします。荷物は今日の目的地、オルドスまでスルーで預けます。

成都双流空港CAの優先カウンター


優先ラインでセキュリティを抜けたら、すぐ右上のCAラウンジへ向かいます。公式マスコットのパンダがお出迎えです。

成都のCAラウンジ入口


今日はいつものラウンジが改修工事で閉鎖だそうで、隣のラウンジを使います。こちらの方がランク上だと思うのですが、あまり変わらない感じです。Wi-Fiはダウンしてるので空港Wi-Fiを使います(第1ターミナルでは使えたことありまえせんが、第2は+81でコードが受け取れます)。

成都空港のラウンジ内


今日はラウンジ飯が朝食です。
中国パンダ旅は後半栄養素が不足しているので、野菜やフルーツも頂きます。

CAラウンジ朝食時間のフード類


ラウンジ内で搭乗案内があったので、それに合わせてラウンジを出ます。
いつも北京便はゲートが遠いです。途中にお店はいっぱいあり、すき家もあります。しかし朝食メニューは牛丼からかけ離れた中国スタイルです。

成都空港制限区域内のすき家


8:30 沖止めバス移動の42ゲートに到着すると、出発30分前なのに最終バスでした。中国ではギリギリに搭乗する人の方が稀なので、早めに行かないとダメです。搭乗は15分前までと書いてあるのに、20分前にはバスが出ました。

成都空港のゲート


9:00発のCA-4101便にて、北京へ移動です。
機材はA330-200です。中国の国内線は遅延することが多いのですが、夏に11:00の便にしてたら約2時間の遅延にあったので、今回は早い便にしました。

中国国際航空機


9:20には離陸、今日は定刻通りです。窓からちょうどANA機がゲートを離れるのが見えました。ANA成田行きはたしか9:30なので、定刻より早いですね。朝は遅延は少ないのですが、成都は霧が出て遅れることもよくあります。

この機材には個人モニターもついていて、安全ビデオをしっかり見れます。公式パンダマスコットがかわいいのです。

中国国際航空の公式マスコットが安全ビデオに登場


安定飛行後、ドリンクとパンが配られます。ソーセージが入ってるのですが、パン自体がきめ細かくておいしいです。

中国国際航空の国内線で配られるパン


モニターが付いていることが少なくあまりフライトマップを見たことがなかったのですが、今晩行くはずのオルドス上空を通過しました。下を見ると、雪はありません。ちょっぴり雪とパンダを期待していたのですが、今回は見れないようです。

中国国際航空の成都→北京便はオルドス上空を通過


12:03 北京到着です。CA便のオルドス行きは1日1本、夜なのでたっぷり乗継時間があります。この時間を利用し、これから北京動物園に行きましょう。
12:35 エアポートエキスプレス(25元)と、地下鉄を乗り継いで動物園まで約1時間です。

北京空港T3のエアポートエキスプレス駅


13:35 北京動物園に到着です。入園チケットは冬季料金でパンダ館込14元です。気温は1℃ですが、思ったほど寒くないし、よく晴れて青空が広がっています。

北京動物園入口


さっそくパンダ館へ向かいます。パンダ館内にはトイレがないので、先に済ませておきましょう。冬は短縮営業で17:00までですが、むしろ夏は暑くて外のパンダは見れませんから冬の方がオススメです。夏は室内展示場のパンダ以外は、朝1時間くらいしか見れないそうです。

北京動物園パンダ館の案内


まず、奥にあるオリンピックパンダ館に直行です。夏、ここのパンダたちとは会えなかったので優先的に見ます。外のお庭に、さっそく萌蘭(もんらん、2015年生、雄)がいました。久しぶり~なんだか、だいぶ大きくなった?

食事中の萌蘭


ちょうどお食事中です。萌蘭はとても人気の高いパンダで、成都パンダ基地で生まれ、2歳の時に所属地である北京動物園に移動して来ました。
日本のパンダファンからは「もんた」という愛称で呼ばれています。

萌蘭


少ししたら、食べるのを止め、奥の方に行ってしまいました。
庭には何日か前に降った雪が残っています。

雪が薄っすら残る萌蘭の庭


オリンピックパンダ館の屋内に入ります。ここは人間の観覧場所は屋内ですが、パンダは吹き抜けの空間で、以前1つだった展示場を2つに分けて使っています。右には、萌蘭の妹たち、萌宝(もんばお、2018年生、雌)と萌玉(もんゆう、2018年生、雌)が暮らしています。こちらもお食事中です。

萌四萌五


萌四・萌五と呼んでいたこの双子も、成都パンダ基地で生まれ、9月に北京動物園に引っ越してきたばかりです。夏に成都で会って以来の再会、萌五(萌玉)は2018年生まれの私のイチオシのお気に入りです。

萌五こと萌玉


天使のようにかわいい萌五。ちゃんと顔見せながら食事する所に、スター性を感じます。ママの萌萌は上野動物園にいるシンシンの妹ですから、シャンシャンのいとこです。

天使のような萌五


萌四は、左耳の下に黒い毛があるので、この双子の見分けは簡単です。
奥が萌四、前が萌五です。

萌四と萌五


この双子も私の最愛のパンダ七喜(ちーしー)とパパが同じ、美蘭(めいらん)です。美蘭の子らしく、おっとりとした性格のようです。萌四はあまりこちらを向いてくれません・・・。



左奥には、福星(ふーしん、2017年生、雄)が暮らしています。こちらのママ瑛華も、シンシンの姉ですから、みんなシャンシャンのいとこたちです。お食事中ですが、向こう向いていて顔が見えません。

福星


福星は胖大海(パンダハイ)と呼ばれて育ったやはりスターパンダです。雅安碧峰峡基地生まれで、1歳で北京動物園に来ています。北京動物園はパンダの財産権を持っているので、要するにここに戸籍がある訳ですが、所属パンダは親戚だらけ、繁殖のために雅安や耿达、成都にお見合いに行き、生まれたパンダは北京動物園所属なので親離れするとここにやってきます。

福星はしばらく顔を見せてくれる気がないようです。笹が揺れないとどこにいるか分かりませんね。

手が見えるだけの福星


福星の姉の点点(でぃえんでぃえん、2015年生、雌)も同じように北京動物園に来ましたが、萌四萌五たちが来て展示場所が足りなくなったからか、今はバックヤードに暮らしているようです。

萌四萌五たちに続き、ママの萌萌(もんもん)も北京動物園に戻っていますが、やはり場所が足りないので、展示エリアにいません。
萌四萌五は双子だし、まだまだ子ども、当分は一緒に暮らせそうです。食事が終わったらおもちゃで遊んでくれるかな?

萌四萌五


次回も続きをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR