FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(3日目④)

2019/12/11 (8日目) 続き

13:00 成年園を周ります。まだお昼寝から起きたパンダは少なく、園潤(ゆぇんるん)だけが起きて笹を食べていました。成年園の内側は運がよくないとパンダが見えないのですが、今回、園潤はよく顔を見せてくれました。

園潤


端の庭は15年組3頭、仲良く固まって寝ています。成年園、亜成年園は、産室などに比べ、かなり広い庭なので、庭中に散らばって寝られると探すだけで一苦労なのですが、一緒にいてくれるととても助かります。

啓啓点点小雅


13:10 幼年園に来ました。この成都パンダ基地に来て、絶対に見逃してはならないのがここです。産室にいる赤ちゃんパンダはかわいいですが、季節によって大きさや、展示方法も違います。

最初は保育器、1か月ちょっとで保育器を卒業すると庭で日光浴か室内子ども部屋、4か月くらいまでは歩けません。4か月前後からかわいい盛りですが、寝ている時間も多いです。その後、1歳前後はママパンダと暮らします。

1歳半ほどで親離れして同級生と暮らすのがこの幼年園です。体は大人に比べやや小さく、個性も出て複数で遊んだりするのが可愛いです。5頭前後が一緒に暮らすので特にパンダ好きじゃなくてもきっと大満足できます。

幼年園はとても広い庭が2つあります。パンダ舎から奥まで100mほどあり、山の中のようで、パンダが隠れて見えない事もあります。
こちらは2班と呼ばれる庭、パンダ舎近くにパンダを3頭見つけました。

幼年園フォークの木


起きているのは妮可(にこ)のようです。遊び相手の晶亮(じんりゃん)が起きるのを待っているのかな?

妮可


そして、木の上には、その晶亮が、珍喜(じぇんしー)に抱き着くように寝ています。顔が見えているのが珍喜、珍喜は幼名で、四川航空がスポンサーについて、三優という名前をもらいました。四川航空の航空会社コード(便名に使われる2レターコード)が3U、なのが由来のようです。

晶亮と珍喜


1班側を見に行きます。庭の奥側から周ると、奥にある木に成蘭(ちぇんらん)と大美(だーめい)がいました。ちょうど大美が木を下りるところでした。

幼年1班の奥にある木


私のお気に入りの成蘭、変な姿勢で寝ています。

成蘭


木から下りた大美は、通路際を歩いてパンダ舎の方へ向かいます。
これから行われるパンダ釣りというおやつタイムに備えて、パンダたちもお昼寝から起きたら集まってくるのです。

大美


誰より先に待っているのはいつも青青(ちんちん)です。かなり早めに待機して、残っている竹などを食べて待っています。

青青


幼年園の側にはベンチがあるので、パンダ釣りの時間までしばし休憩です。使い切った電池などを充電しつつ、PCで日記などを付けながら待ちます。

13:50 飼育員さんがやってきてパンダ釣り開始です。今日は成蘭が一番にやってきました。近くにいた子たちはすぐに集合し、たくさんいる人の中から飼育員さんを見分けておやつを待っています。

パンダ釣りスタート


まずはパンダケーキを1個ずつ皆に配ります。皆ノリノリで張り切って立ち上がっています。そして、どこにいたのか奥の方から芝麻(ずま)もやってきて全員揃いました。

幼年園パンダ釣り


中には、飼育員さんからもらわず、仲間のを取ろうとする子もいます。
その隙に、大美はパンダケーキをもらいます。

大美


一通りパンダケーキを配った瞬間だけは平和な時間です。全員揃って目線をくれました。パンダは1頭でもかわいいのに、5頭も揃ってこちらを向いてくれたりすると誰でも虜になると思います。これが幼年園の醍醐味です。

皆でケーキ


パンダケーキを食べ終わると、リンゴをもらえます。食べるスピードに差があるので、この辺りから大混乱になります。

幼年園パンダ釣り17年組1班


食べるのが一番遅い成蘭には、立たせてリンゴをあげる余裕はもうありません。他の子が気をそらしている間に素早くあげないと、簡単に横取りされてしまいます。

成蘭口元でリンゴもらう


しかし・・・、結局は仲間の総攻撃に遇い、食べかけのリンゴを芝士(ずす)に取られました。芝士は今日リンゴ2個もらったのに・・・。そして青青は、成蘭の口の中まで強引に狙っています。

襲われる成蘭


それでは、動画で一部始終をご覧ください。右手前にいる小さめの成蘭を見て下さい。おっとりで食べるのが遅く、仲間に取られ安い子です。その性格はパパ美蘭(めいらん)の遺伝子のせいだと思います。パンダケーキもらった順は、青青、成蘭、芝士、大美、芝麻です。



1班が終わると、次は2班です。成蘭のリンゴの顛末を見た後だと、私が2班側に行ったときには、もうパンダケーキを配っている途中でした。
そして食べ終わった順にリンゴが配られます。

幼年園パンダ釣り17年組2班


2班の4頭は、力加減が拮抗しています。比較的狙われやすい女子も防御力が高いので平和なパンダ釣りです。妮娜(にーな)はいつも1歩下がって食べ、他の子に取られないようにしています。左から晶亮、妮娜、妮可、珍喜です。

妮娜


今日は晶亮と妮可はリンゴを2個ずつもらいました。お陰でとても平和に終わりました。

仲良くおやつの幼年園2班


2班のパンダ釣りの様子も動画あります。デジカメ2台で、左手で動画、右手で写真を撮っています。コンデジならではの技?です。



さて、ちょうど14:00、これから各パンダの庭はどこも笹交換が行われます。朝一の次に、パンダが起きている時間です。成年園、亜成年園をまた通りますが、ちょっと早かったか、阿宝(あーばお)しか顔が見えませんでした。

楼阿宝


14:20 太陽産室へ行きます。笹交換が終わった庭からパンダが出てきます。こちら妮妮(にーにー、2008年生、雌)、外に出てくると置いてあったパンダケーキに気付き、座ってゆっくり味わいます。産室の場合は、パンダケーキなどは扉付近に置いておくことが多いです。

妮妮


笹に隠れてお食事中なのは成大(ちぇんだー)、今の所庭に出ている時間は子育てから解放されて一息付いている時間です。

成大


そして端の庭、幼稚園では、18年組の子たちも出てきました。パンダケーキをもらえるようになるのは2歳近くなってからなので、おやつにリンゴ片をもらったようです。早々に食べ終わった艾伦(あいるん)は仲間のを横取りしようとしますが、失敗、屑拾いをします。

韻文韻武艾伦


韻文(ゆぃんうぇん)・韻武(ゆぃんうー)の双子は、リンゴの後は手舐め派のようです。徐々にこうした性格や癖がはっきりしてきて、見た目だけでなく行動によっても見分けやすくなっていきます。パンダの名前と顔が一致すると、数倍楽しくパンダを見れます。

韻文


次回は成都パンダ基地最後のレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR