FC2ブログ

中国・臥龍中華大熊猫苑(神樹坪基地)④

2019/12/07 (4日目) 続き

11:55 お仲間数人で、環状道路の外側にあるパンダたちを見て回ります。外環1~6号館までありますが、1号館のみ4組分、後は2組分の施設があります。
5,6は元々パンダが今いないという事前情報がありましたが、4号館もパンダが見当たりません。3号館の庭にパンダがいるのがようやく見えました。

中華大熊猫苑(臥龍神樹坪基地)


お食事中のパンダは情報によれば汪佳(うぉんじゃ、雌)、2007年、幼い頃に宝興で保護されたパンダです。近年では怪我など保護の理由がない場合、しばらくは見守るようですが、母親に何かあったのか戻ってくる気配がなかったために保護したようです。野生の出身ですが、ほぼ飼育下で育ったパンダですね。

汪佳


そのお隣は武岗(うーがん、雄)、2000年にやはり宝興で発見された元野生パンダです。お鼻がピンクと見分けやすいパンダで、近年繁殖に大活躍しています。子どもの中には野生に帰った子もいます。

武岗


その先もパンダが見当たらず、1号館は補修工事でもする予定なのかパンダは都江堰に移動したと聞きました。そういえばそこに住んでいるはずの冰成が熊猫楽園に帰ってきていましたね。一応坂を上がり、誰もいないことを確認します。外環1号館の所は一番の高台になっています。

それでは内環に戻りましょう。上から見下ろすと、幼稚園の三角ハウスで寝ている子パンダたちが見えました。想定通り、起きる気配はないようです。

高台から見た幼稚園


幼稚園2号館のまだ見ていない側を見ます。パンダがいないな・・・
パンダ舎の扉は開けっ放しなので、中にいるのかも知れません。

パンダ見当たらない


扉を覗くと、すぐ近くで寝ているのが見えました。
津柯(じんくー、2009年生、雄)だそうです。はじめましてのパンダさんばかりで全然頭に入ってきません。少しは予習をしてくるべきでした。

扉口の中にいた


隣のパンダもパンダ舎近くの笹の陰で寝ているし、なかなかパンダが見えません。今はお昼寝タイムなのです。朝、はしゃいでいた傲傲(あおあお)も寝ています。

お昼寝パンダ


幼稚園1号館に戻ってきました。上から見た時同様、子パンダたちもぐっすりのようです。こちらはB班です。

幼稚園B


固まって寝ていて、何頭いるのか数えられません。

みんなで寝る子パンダ


A班の前にベンチがあったのでここでお昼の休憩とします。この基地にもレストランとかないので、皆携帯できる食べ物を持ってきています。歩くとダウンは脱ぎたくなりますが、座っていると寒いです。パンダのお昼寝を見ながらシリアルバーとか食べます。

幼稚園A


ここで、朝一で赤ちゃんパンダの事を教えてくれた現地パンダファンさんにまた会いました。有名なパンダファンさんだったようです。ところが、その方に「あなた七喜七巧が好きな人でしょ」と言われ面喰います。オルドス野生動物園で協力したパンダの誕生日メッセージビデオを見て知っているというのです。名前など名乗らなかったけど、そんな所まで行く日本人はすぐ特定されちゃいますね。

しかもSNSでフォローまでされていると知って、更にびっくりしました。
一緒にいたお仲間たちの何人かはSNSで相互にフォローしあっていたようです。私はパンダファンの中では駆け出しの方なので、あまりこの世界の事を知らないようです。

13:00 そろそろまたパンダを見て回ることにしましょう。
三角ハウスの子パンダたちは全く起きる気配がありません。5頭全員が一緒に寝ています。斜めから見ると、この三角ハウスはかなり奥行きがあるのが分かります。

三角ハウスの上で寝る子パンダ


内環を周ります。やはり寝ていたり、パンダ舎の中に入ってしまっているパンダが多いです。林冰(りんぴん)と双子は木の台で寝ています。赤ちゃんパンダは、ぽてっと置かれている感じです。奥には昨夜泊った宿も見えます。

林冰親子


寝ているパンダが多い中、何故か立ち上がっているパンダがいました。
宝宝(ばおばお、2013年生、雌)です。ワシントン生まれ、2017年に贅沢にも専用機のFedExパンダエキスプレスで帰国したスターパンダです。自分の写真でラッピングされた専用のB777で帰国ですよ?、ひっそりと定期旅客機の貨物で帰った日本のパンダとだいぶ違います。

宝宝


内環の1~3号館には、それぞれ赤ちゃんと一緒にいるママパンダが何組かいるのですが、ほとんど見えない場所にいるパンダもいます。例えばこちら、写真中央付近に白黒が寝ているのがちらっと見えます。さらにその右の木の陰には赤ちゃんも落ちています。しかし、よほど注意深く見ないとパンダがいることに気付きません。

斜面に寝ているパンダは気付かれない


幼稚園2号館に来ると、先ほど寝ていた傲傲が起きたようです。

傲傲起床


大あくびする傲傲。野生出身の水秀の子だからか、野性味があるあくびに見えます。

あくびする傲傲


お散歩する傲傲、もう繁殖に参加しているのかな?この基地には元野生パンダや、その血を引くパンダがたくさんいます。

お散歩傲傲


傲傲のお隣パンダも起きたようですが、顔を見せてくれる気はないようです。
右がお隣の绅宾(しぇんびん、2009年生、雌)です。幼稚園2号館は幼稚園という名ですが、子パンダはおらず、繁殖に参加する大人パンダの場所になっているようです。

傲傲とお隣


傲傲の向かい、内環1号館の端のパンダも初めて顔を見せてくれました。武阳(うーやん、2008年生、雄)です。重慶の渝贝(ゆーべい)・渝宝(ゆーばお)のパパで、重慶の子どもたちにあまりにそっくりでびっくりしました。

武阳


武阳の前あたりがこの基地の中心付近と思いますが、この辺りからの眺めがいいです。見えているのは内環3号館と、左に幼稚園1号館が見えます。奥に見える建物がある辺りが昨夜泊った幸福村です。

中華大熊猫苑(臥龍神樹坪基地)


14:00 幼稚園で動きがあるのが見えました。ズームで確認、遠くてピントは合いませんが、飼育員さんが新しい笹を差し入れに来たようです。
あの台に6頭一緒に寝ていたのね。子パンダたちが起きるようなので、それでは幼稚園に戻りましょう。

笹の差し入れで起きる子パンダたち


次回は中華大熊猫苑(臥龍神樹坪基地)の最後までをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

aya1103さんへ!!

親子兄弟は人間と同じくよく似ています。固まって良く寝ますね~~~~。広い公園で歩くのも疲れますね^^・また楽しみにしています。!

Re: aya1103さんへ!!

固まってるとそれだけでかわいいです♪
ここはパンダ舎が固まっているので、そんなに歩かなくてもいいので楽な方です。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR