FC2ブログ

中国・都江堰パンダ谷2日目②

2019/11/13 (8日目) 続き

10:49 飼育員さんが2号館の方から1号館へやってきました。パンダ釣りの時間です。まずは、大妮(だーにー)です。飼育員さんはパンダを運動させるため木に登らせようとします。大妮はしぶしぶ木に登ってパンダケーキをもらいます。

大妮


飼育員さんとの膠着状態が1分以上続きますが、大妮が折れました。



次は梅蘭(めいらん)の番です。張り切って立ち上がりますが、飼育員さんはやはり木に登らせたい・・・。でも、飼育員さんは梅蘭には甘いようです。
パンダケーキをもらった梅蘭は満足そうな顔で食べます。

パンダケーキを持つ梅蘭


梅蘭のパンダ釣りの様子も動画でどうぞ。粘っても木に登ってはくれないと飼育員さんは諦めているのかもしれません。
巨体ですが、このパンダ谷で一番若い、3歳のパンダです。



次は2号館かな?2号館に行くと、奥莉奥(おりお)は既に手を舐めていました。どうやら大妮の前にもらって食べ終わった後のようです。

手を舐める奥莉奥


2号館奥の庭に行きます。先ほどは岩に擬態していて誰だか分かりませんでしたが、奇縁(ちーゆぇん、1999年生、雌)でした。あれ?奇縁はまだパンダケーキをもらっていないようです。

奇縁


2号館のバックヤードから先ほどの飼育員さんが新たにパンダケーキをお皿に盛って出てきました。なるほど、2回に分けて、2号館手前から1号館、2号館奥から3号館と2回周る訳ですね。

飼育員さんは奇縁を呼びますが、なぜか転がってお腹を見せたりします。
奇縁のお腹には縦にうっすら黒い毛が2本の線のようにあります。パンダファンに、ダブルチャックと表現されています。まるで着ぐるみのチャックのようです。

奇縁


奇縁はもう歳なので、木に登らせるとかせずに、比較的簡単に取らせてあげます。私の好きなパンダはほぼ全てこの奇縁の子孫なので、大好きなパンダです。和歌山の良浜の姉なので、梅蘭の大伯母にあたりますが、奇縁の方が小柄で子パンダのようです。

パンダケーキに手を伸ばす奇縁


なかなか取りに寄って来てくれない奇縁、パンダケーキを手にしてからもゆっくりと食べます。



次は3号館です。徳徳(でで)、なかなか飼育員さんの思い通りには動いてくれません。木の構造物の上まで登ってほしかったようですが、やる気をだしてくれません。飼育員さん、諦めて立っただけで良しとすることにしました。



3号館の奥、五一(うーいー)の番です。五一は呼んだらすぐにやってきて、張り切っています。飼育員さんは、ハンモックに入って欲しかったのでしょうか?
十分後ろ足で立っていたという事でパンダケーキをもらえました。



室内の思縁(すーゆぇん)の所にも行ってみましたが、奥の方にいてよく見えず諦めます。

2号館を通りかかると、奇縁はずいぶんゆっくりパンダケーキを食べていたようで、10分以上かけて食べ終わったところのようです。お腹の屑を丁寧に舐め始めました。

パンダケーキの屑を舐めとる奇縁


奥莉奥は笹を食べています。パンダ谷は訪問者が少ないので、パンダファンがいるとすぐに分かります。中国のファンは立派なカメラを持っていますからね。奥莉奥は人気の高いパンダなので、奥莉奥に会いに来るファンも多いです。シャッター音は、そんなパンダファンさんのものです。



1号館に戻ると、梅蘭が寄ってきて、おやつ?みたいな顔をして、ぐいぐいアピールされました。媚びを売っているようにしか見えません。パンダ谷で一番写真を撮りやすいパンダです。近くに来て、可愛く撮ってね、と言っているようです。

寄ってくる小梅ちゃん


大妮の所には新しい笹が差し入れられました。早速その笹を食べる大妮です。



梅蘭の所へ戻ると、あら?もう寝るのかな?お気に入りの休憩場所にいる梅蘭ですが、視線を向けられます。おやつ本当にもうないの?と言いたいのかどうかは分かりません。

いつも私を見る小梅ちゃん


やはりまだ寝ないようです。起きだして、笹を食べ始めました。ちょっと太り過ぎなせいか、笹は少量ずつあちこちに置かれていて、追加の差し入れはないようです。

笹を食べる梅蘭


移動しては食べるというのを繰り返す梅蘭、よく動きますが、それ以上によく食べます。

歩きながらも笹を食べる梅蘭


その後、やっと梅蘭が寝たので、今のうちにトイレへ急ぎます。
その後、梅蘭の側のベンチで休憩します。パンダが見える場所にベンチがあるのは助かります。今にも降り出しそうな曇りですが、今の所雨は降ってきません。しかし、手がかじかみ寒いです。パンダの間を歩き回っていればそれほど寒くないですが、座っているのは逆に辛い・・・。

梅蘭の庭


11:50 寒いので休憩を切り上げ3号館に来ました。
徳徳はかっこよく寝ています。

徳徳


五一はどちらかというと可愛く寝ています。このパンダ谷ではパンダ釣りの後はパンダお昼寝タイムなのです。

五一


思縁の所へ行くと、手を舐めていました。パンダケーキをもらったのが遅かったのか、それとも食べた後にずっと手を舐めていたのか・・・、後者もあり得るパンダなので区別が付きません。息子たちも30分以上手を舐めていることがよくありました。今回は外で会えなくて残念です。

思縁


その後、パンダたちは皆ぐっすりで誰も起きませんでした。
そろそろパンダ谷から移動しましょう。小梅ちゃん(梅蘭の愛称)、またね。
寝ている梅蘭にそうテレパシーを送り、パンダ舎を後にします。笹を食べているのではなく、寝ています。

寝ている梅蘭


13:00 パンダ谷を出ますが、来た時より0.3℃気温が下がっていました。
11月以降にここ来るなら、手袋が必要ですね。バス停までは、露天のお土産屋がずらりと並んでいます。いつも思うのですが、ここで商売になるのかな?それくらい訪問者が少ない場所です。

パンダ谷外のお土産屋


バス停で立っていると、通りすがりの車にどっかまで乗せてってやるみたいに声かけられましたが、不要、謝謝と断りました。
13:10 101路のバスに乗って、青城山駅へ向かいます。この時は103路も通っていたので、乗りたいバスには手を挙げるなどアピールが必要です。

次回は熊猫楽園をレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

パンダケーキをもっているの、めっちゃかわいらしいですねー。これはかわいらしい!!

Re: No title

ここはパンダとの距離がとても近いので、間近でかわいいパンダが見られます!
すぐに虜になってしまいますよ~
しかも、多くの時間、貸し切り状態だったりします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR