FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(4日目③)

2019/11/12 (7日目) 続き

14:00 太陽産室幼稚園にやってきました。韻文(ゆぃんうぇん)・韻武(ゆぃんうー)の双子は木の上で寝ていました。

韻文韻武


その時、奥の方からもう1頭出てきました。艾伦(あいるん)じゃないですか!ママと双子兄弟と一緒に2号別荘で暮らしていたはずですが、少なくとも1週間以上姿が見えないと言われていました。ここに戻ってきたんですね!午前中はいなかったので、合流したばかり?それにしても、小さい時は可愛かったのに、ずいぶんと薄汚れて丸みがなくなり、熊っぽくなりました・・・。

艾伦


14:30 子パンダたちはいったん回収され、その後笹替えがあってまた出てきました。艾伦の双子兄の艾米(あいみ)は一緒じゃないのか注視してましたが、再びパンダ舎から出てきた時も3頭のままでした。

艾伦にとっては、一家で引越す前にはずっと一緒に育ってきた韻文・韻武と久しぶりの再会ですが、どうやらもう思い出したようです。一緒に笹を食べ、一緒に遊んでいます。



15:10 再び月亮産室方面へ行く前に、太陽産室の子供部屋も覗きます。カゴに績笑(じーしゃお)が入っていて、下では成風(ちぇんふん)が遊んでいました。今日は星晴(しんちん)を見ていません。

成風と績笑


15:35 2号別荘へ少しだけ寄った後、月亮産室に来ました。2018年組の庭には、やはり今日は耀耀(やおやお)がいません。今日は川仔(ちゅあんざい)と潤九(るんじゅう)の女子2頭だけです。

川仔と潤九


川仔、いっちょ前にマーキングでしょうか。川仔は5月生まれ、もうすぐ1歳半です。すっかりパンダらしくなり、牙(犬歯)もはっきりしてきました。

川仔


お隣、赤ちゃんパンダがいる幼稚園では阿宝の双子は草陰にくっついて寝ていて、存在自体あまり気付かれていません。正面から見たら全く見えないので、いろんな角度から探さないと見つかりません。

阿宝の双子


そんな中、カゴの中で大人しくしている昭美仔は観覧客に人気です。

昭美仔


そのすぐ隣の庭では誰かがバキバキと竹を割って食べています。いつも園園がいた所ですが、あら?アトランタ顔です。この近くに、アトランタ生まれの姉妹、阿宝(あーばお、または宝蘭)、美轮(めいるん)、美奂(めいふぁん)がいるのですが、雰囲気は阿宝っぽいです。同父母の姉妹を見分けるのは困難です。

宝蘭っぽい


内側に周って保育室をチェックします。歩ける赤ちゃんパンダから保育器の赤ちゃんパンダまで同時期に見れるのは珍しいです。パンダの赤ちゃんは毎年夏に生まれますが、今年は4か月の月齢差があります。
小丫頭(しゃおやーとぅ)の双子の兄の方かな?端っこで寝るのが好きです。

順順


こちらは妹の方かな、飼育員さんがやってきて体温測定中です。
大人しく寝ています。

溜溜


16:40 2018年組の川仔と潤九の帰宅時間です。開いた扉にすぐに反応し、自主的に帰ります。あら?中に別のパンダが見えます。耀耀かな?大きさ的には大人パンダに見えますが・・・真相は分からずです。

川仔と潤九ご帰宅


この後はしばらくすると赤ちゃんパンダも回収に来るでしょう。
16:50 この時間になると、赤ちゃんパンダの庭の前でさえ、ほとんど人が来ません。もっとも、草陰で寝ているので、人が通っても素通りされてしまいます。

月亮の赤ちゃんパンダの庭


17:05 阿宝の双子が起きました。くっついて仲良く寝ていたので、片方が起きればもう片方も起こされます。うにうにとその場で、はまったまま動いています。

阿宝の双子


17:15 ついに飼育員さんがお迎えに来ました。飼育員さんは、パンダを掘り出し、汚れなどを叩いて両手で抱えてお持ち帰りです。生後4か月、女性の飼育員さんでもダブル抱っこがまだ可能です。



保育室に行き、回収された赤ちゃんパンダたちを見ます。阿宝大仔は、双子妹より昭美仔が好きなようです。逃げる昭美仔を執拗に襲って可愛がっています。



1日は早いもので、もう帰る時間です。最後に誰も来なくなった赤ちゃんパンダの保育器の前でじっくり赤ちゃんパンダを見てから帰りましょう。
兄の方、順順(しゅんしゅん)でしょう。あくび連発です。



妹の溜溜、一回り小さいです。



17:50 太陽産室の子供部屋も忘れずに覗いてから帰ります。お気に入りのカゴに、3頭の赤ちゃんパンダが文字通り詰まっています。

績笑と成風成浪が詰まったカゴ


今日1日、見なかった星晴は、離れたカゴに悠々寝ていました。自分で入れないと思うので飼育員さんに入れてもらったのだと思いますが、安全地帯ですね。

カゴで寝る星晴


3頭の方は、うにうにしすぎて写真が撮れません。小さなカゴの中で、お互いを抱き枕にしようと寝心地のいいポジションを争っています。今日は成風が最初に逃げ出しました。抱き枕にしたいけど、されるのは嫌、なのでしょう。



この後も揉めて、成浪(ちぇんらん)が落ちました。抱き枕がいなくなったので、績笑もカゴを出て、成風が寝ている青カゴに突入していきました。

太陽子供部屋


夢中で見ていて気付いたら18:30をまわってたので慌てて帰ります。追い出されることはありませんが閉園は18:00です。

しかし!道が分からないくらい真っ暗です。いつもは車道脇の木道を歩きますが、段差があり危険なので、ぼんやり見える木道を頼りに、車道の真ん中と思わしき所を歩きます。あまりに怖かったので小走りで帰りました。冬季は懐中電灯が必要です。

真っ暗な成都パンダ基地の道


途中、大規模改装工事中の14号別荘の近くで、大木を積んだトラックが前から来て、人間に見つかった野生動物のような気分になりました。夜間真っ暗な中、パンダの庭の木をせっせと植えていました。改装は年内に終わるかな?

18:40 成都パンダ基地を出ます。出口は右手にあるのですが、18:00で閉めるので、入口の所が少しだけ開いた所から出ます。この時間に出ても誰かにとがめられることはないです。

成都パンダ基地正門


18:50 バスに乗って一理村のホテル到着です。

次回は都江堰再びをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

通行止めから横道にそれました

Re: No title

長い長い道のりでした。私の道もそれつつあるように思います(笑)

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR