FC2ブログ

中国・都江堰パンダ谷②

2019/11/08 (3日目) 続き

9:35 パンダ舎3つをぐるっと周って1号館に戻ってくると、先ほどは寝ていた小梅ちゃん、本名は梅蘭(めいらん、2016年生、雌)が起きて笹を食べています。

小梅ちゃん


小梅ちゃん、また来たよ~とテレパシーで挨拶しますが、今は笹のおいしさの事しか頭にないようです。食べている時の小梅ちゃんは幸せそうな顔をしています。

たベルの幸せな梅蘭


小梅ちゃんが食べてる動画です。まだ3歳で、人間でいえば10歳くらいなんですが、
肥満児みたいな体形です。とにかく食べるのが好きです。



しばらくすると小梅ちゃんがその場で寝ました。食い倒れ・・・。行き過ぎたしもぶくれ状態の顔です。

寝ている梅蘭


またぐるぐる周ります。先ほどパンダいないと思っていた2号館の庭に、奥莉奥(おりお、2012年生、雄)がいました。こうして見ると、奥莉奥の顔はまん丸ですね。小梅ちゃんの異母兄にあたります。

奥莉奥


10:35 もう1周して1号館に戻ると、小川(しゃおちゅあん、2015年生、雄)が食事中です。パンダ谷に来ると、こうして何周もぐるぐる周ってしまいます。午前中は誰かしらが起きて食事していたりします。こうしてマジマジ見ると、小川も結構丸い・・・、小梅ちゃんと異母兄妹かも知れません。パンダは父親の外観的特徴を受け継ぐ場合が多い気がします。

小川


小梅ちゃんの所に戻ると、おやつ?という顔で寄ってきました。そう、もうそろそろおやつの時間なのです。でも飼育員さんじゃないと分かると、庭に生えているつる草を食べだしました。何でも食べてみる派のパンダのようです。

つる草食べる梅蘭


それほどおいしくなかったのか、笹を食べ始めました。
こうして、たくさんの笹の葉をかき集めて束にしてから手で持って食べます。

笹をほおばる梅蘭


笹を集めて食べる様子を動画でどうぞ。



さて、今日は午後は熊猫楽園へと移動です。しかし、利用する予定だった102路のバスが通る道が全面閉鎖されていました。パンダ谷ではパンダカフェ周辺と入退園口の所でWi-Fiが入るので、懸案の移動方法を調べておきましょう。

中国ではGoogleはあてにできないので、高徳地図と百度地図で調べます。都心部以外はこの2つの両方を調べると精度が上がります。

乗る予定だった102路だけでなく、101路のルートも変更していて101路がパンダ谷の前を通っているようです。それで青城山駅で102路に乗り換えれば良いようです。そういえば、谷までバスで登ってくる時に101路や103路のバスとすれ違いました。今ままでその道は14路しか通っていなかったのに。

ふと時計を見ると、もうすぐパンダのおやつの時間です。1号館で飼育員さんが来るのを待ちます。小川の所を見に行ったら、笹を食べていた小川が急に匂いを必死に確認し始めます。そうしたら飼育員さんが来ましたよ!目が悪いパンダは嗅覚に頼って生きてるのが分かりますね!



小川にパンダケーキをあげた飼育員さんは小梅ちゃんの所へ向かうので、あわててついていきます。高い所で寝ていた小梅ちゃんも早速下りてきてパンダケーキをもらいます。目が輝いているように見えます。

パンダケーキ食べる梅蘭


今日のおやつ担当の飼育員さんは、パンダの後ろ足を鍛えるためにちゃんとパンダを立たせたりするまでおやつをあげないタイプの人なのですが、小梅ちゃんには甘いみたいです。大きな顔で頂戴アピールされたらついつい甘くなるのか、それとも小梅ちゃんは粘ってもちゃんと立ってくれないのかも知れません。



小梅ちゃんがパンダケーキを食べるのを見ていたので、飼育員さんがどちらへ行ったか見失いました。追いかけますが、奥莉奥はとっくにパンダケーキを食べ終わったようなので一番にもらったようです。そして、蜀祥(しゅーしゃん、2008年生、雄)も今食べ終わりましたという顔をしていました。

急いで3号館へ向かいます。すると、徳徳(でで、2010年生、雄)がまさに食べ終わって手を舐めている所でした。奥の五一(うーいー、2006年生、雄)がパンダケーキをもらっているのが見えました。飼育員さんは食べるのを見届けないので、ついていくのは大変です。五一、おいしそうに食べています。

五一


パンダ谷では11:00前後にこのおやつの時間があります。パンダたちは朝ごはんの後に寝ていても、大抵のパンダはこの誘惑には勝てません。だからパンダ谷を訪れるのはこの時間の前後がオススメです。この時間までは夢中でパンダの周りを周っていましたが、ここが山の麓という事もあって、11月なのに蚊がいるのにすぐに気付きませんでした。中国の蚊は日本のより被害大で、刺されると猛烈に痒いです。冬以外は油断禁物です。

この時間が終わると、パンダたちは午後の昼寝をします。あくびをする奥莉奥、眠そうです。

あくびする奥莉奥


11:30 2号館室内の奇縁(ちーゆぇん、1999年生、雌)は今パンダケーキをもらったのか、置かれていたのを気付いた所なのか、皆よりちょっと遅くにパンダケーキを食べていました。子だくさんで、孫も増えてきたパンダなのに、ちんまり体形、かわいい子パンダのようです。

パンダケーキ食べる奇縁


そろそろパンダ谷を出ましょう。最後にパンダたちに挨拶して周ります。
1号館室内の大妮(だーにぃ、2015年生、雌)はパンダケーキで食欲に火がついたのか、笹を食べています。

大妮


もう一度2号館に行ったときには、奇縁はもう寝ていました。やっぱりかわいい。

寝ている奇縁


そして、3号館室内に住む奇縁の長女の思縁(すーゆぇん、2004年生、雌)も寝ていました。また来るね~。

寝ている思縁


先ほど調べたこの後の移動ルートを頭の中で復習しながら、出口へ向かいます。
バス停はどこだろう?地図で調べた時は出て右でしたが、その通りの場所にないのは、こういう山の中とかでありがちです。

パンダ谷の道


12:25 パンダ谷を出ます。出口の所の警備員さんに101路の青城山方向のバス停どことメモに書いて聞いたら、かつての14路のバス停を指さされました。地図では出て右だったけど、左、やっぱり違いました。

14路のバス停は、101路、103路などのルート変更した路線のバス停に使われていて、14路のバス停はその先の折り返し場になっている訳ですが、どこにもそんな事は書いていません。

パンダ谷バス停付近


12:28 101路のバスが谷の下からやってきました。2元払って乗ります。熊猫谷の先は山の中と思っていたけど、山間の村みたいな所を通る感じでした。バスの中で栄養補助食品でランチ替わりにし、しばし休憩です。

101路バス


13:00前に青城山駅に到着します。地図ではこの先のバス停で乗り換えろと指定されていましたが、駅にはちゃんとしたバスターミナルがあるので、バス停の場所を間違える危険が少ないのでここで乗り換えです。

バスターミナルには、バス路線が変更になっている旨、路線マップとともに掲示されていました。都江堰と青城山の間を走っていた101、102、103が大きくルートを変えていました。都江堰周辺は開発が盛んなので、毎回直前に状況を調べ直した方が良さそうです。

バスの路線変更の告知


13:03 102路、方向をちゃんと確認して2元払って乗車です。
結果的には当初の予定よりも早く熊猫楽園に着けそうです。

次回は熊猫楽園をレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR