FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(1日目⑧)

2019/11/07 (2日目) 続き

16:20 月亮産室に来ました。今日から潤九(るんじゅう)と合流したばかりの川仔(ちゅあんざい)と耀耀(やおやお)、もうすっかり新しい場所に慣れたようです。耀耀は歴代子パンダのお気に入りの木のまたに寝て、川仔は木の台でゴロゴロしています。

耀耀と川仔


隣の幼稚園の庭では、19年組の赤ちゃんパンダたちが寝ています。
左のカゴに、阿宝大仔(あーばおの双子の先に生まれた方)と昭美仔(ざおめいの子)が重なって寝ていますが、阿宝小仔は起きた所のようです。

阿宝双子と昭美仔


阿宝小仔は冒険に出かけます。しかし、兄が朝見せたようにお腹が浮いているとは言えない状態、まだ這っていると言った方がいいようです。

阿宝小仔


16:37 隣の18年組の庭でかすかに音がしました。パンダ用の扉が開いた音です。
もう回収(パンダ舎にパンダを戻す)の時間なんですね。川仔と潤九は察知して、早々に帰宅します。耀耀も飼育員さんが様子を見に来てから帰って行きました。

帰宅の時間


10分後には、19年組の赤ちゃんパンダたちも回収されます。
こちらは、呼んでも自分で帰ってこれないので、飼育員さんがお迎えに来て、抱っこされて回収されます。

赤ちゃんパンダ回収


この後、大人のパンダたちも順次帰宅の時間です。大人のパンダたちは扉を開ければ、自分で帰って行きますし、なかなか戻らなければ中から飼育員さんが呼びます。
陽浜(ようひん)は呼ばれていますが、まだ竹を食べています。

陽浜


その隣の庭は今日パンダを見ていませんでしたが、昭美(ざおめい)が歩いていました。子育て中のママパンダは、子どもの面倒を見えている時間以外は外との出入りを自由にさせている場合が多いですが、なかなか外に出てこないことも多いです。

昭美


昭美、溝に下りて、陽浜と柵越しに何かおしゃべりをしています。「フンフンフン、キュイッ」といった感じにお互い何か話しています。威嚇するような吠え方ではないので、何を話しているのでしょうね。やがて飼育員さんが再三呼ぶので、帰って行きました。

陽浜とお話しする昭美


パンダが外にいなくなったので、内側へ周ります。やはり慶賀の子たちの部屋にはママがいないので、どうやら18年組は今日から皆、親離れのようです。

17:15 保育室の前に来ました。もう警備員さんはもちろんお客さんもいないので、好きなだけ赤ちゃんパンダの前に貼り付けます。順順(しゅんしゅん)と溜溜(りうりう)の双子が揃っていました。どっちがどっちか分かりませんが、大きさにかなり差があることが分かりました。もうすぐ1か月、こちらの子はかなり大きく、すっかりパンダです。

順順?


笑っている?いえ、笑っているように見えるパンダは結構多いです。本当の感情は分かりません。この子はそろそろ保育器卒業でしょうね。

保育器の順順


右の子は顔を見せずに寝ています。尻尾がちょろんと出ています。パンダの尻尾はネズミみたいです。尻尾はあまり成長しませんが、そのうち毛がフサフサ生えていきます。黒じゃないし、丸くもありません。

保育器の溜溜


双子なのにこちらの子はかなり小さいです。生まれた時の体重差をまだ引きずっている可能性があるので、こちらが妹の溜溜かも知れません。

保育器の溜溜


保育器の隣には、ベビーベッドが置かれていて、先ほど庭から回収された阿宝大仔、阿宝小仔、昭美仔の3頭がいます。1頭だけ他の子の睡眠を邪魔しようとしています。

ベビーベッドの阿宝双子と昭美仔


17:30 赤ちゃんパンダたちが寝たので、そろそろ入口方面に戻りましょう。パンダ基地の営業は18:00までです。

17:40 帰る前に太陽産室の子供部屋に寄ります。
こちらももう外から回収済みでした。星晴(しんちん)は午後はママの所なのか見かけません。お気に入りのカゴで寝るために、成風(ちぇんふん)と績笑(じーしゃお)がカゴの中で争っています。績笑が犬顔でキメてます。

カゴで犬顔する績笑


成浪(ちぇんらん)いないと思ったら、すぐ足元にいました。部屋の隅っこの死角で寝ています。

隅っこで寝ている成浪


18:00になったので帰りましょう。18:00閉園と言っても、日本のようにスピーカーでお知らせとか、追い出す人もいないのです。でも周囲にもう誰もいませんからそろそろ限界です。赤ちゃんパンダたち、またね。

太陽産室の子供部屋


帰る途中で幼年園を通り、室内をチェックしますが、最近は室内展示場を夜間は使っていないようです。パンダたちはバックヤードの部屋で過ごしているのでしょうね。

最近使われていない幼年園室内展示場


湖の方へ向かうと、途中で14号別荘の下を通ります。現在大規模修繕中で、新しい庭などを作っています。この周辺の道はかなり暗いので、この時期18:00を過ぎたらちょっと不気味な感じです。

工事中の14号別荘


18:15 成都パンダ基地を出て、右のバス停に向かいます。バス停は以前のバス停より先にあります。この道路、この外側に側道があるので、バス停は側道との間の植え込みにあります。地下鉄の熊猫大通、動物園方面に行く場合は、右のバス停で待ちます。

熊猫大通のバス停


これがバス停の表示、日本のように細かい時刻は書いてません。これによれば最近路線変更されたのは198路だけ、他の198A、655、661A、87はどれもパンダ基地と動物園駅を通ります。朝、私はそれだけは乗ってはいけないバスに乗ってしまったのです。

成都パンダ基地を通るバス路線


明らかにパンダ基地に行きそうなパンダファンとか、外国人観光客には運転手が、パンダ基地にはいかないよと呼び掛けているようですが、地元住民に見えちゃったのでしょうね。一眼とか首からぶら下げていれば注意してくれたかも知れません。

最初に来たバスに乗り、16:40 動物園到着です。
ホテルに寄って手荷物をいったん部屋に置いて、スーパーへ出かけます。
近くに日本式の居酒屋があるのに気付きました。でもちょっと入り辛いかな・・・。

動物園駅の居酒屋


ホテルのある広場の地下に大きなスーパーマーケットがあります。
袋は有料ですから、小銭増やしたくないし持参です。夕食代わりのカップラーメン、朝食のパンなどを買い込みます。

動物園駅のスーパーマーケット入口


初日から子パンダの親離れとか、赤ちゃんパンダが歩きだしたりとかいろいろ見れて大満足の一日でした。しかし残念な事がひとつ、成都パンダ基地で今まで使えていたWi-Fiが使えなくなりました。中国の携帯がないと利用できない仕様になってしまい残念です。

次回は都江堰パンダ谷へをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは aya1103さん。
赤ちゃんパンダを抱っこして回収♪
一度でいいから体験してみたいです。
今回の記事も癒されました(*´▽`*)

Re: No title

こんばんは!
抱っこ願望は妄想としてはありますが、やはりパンダにとっては良くない事だと
思うので・・・私は赤ちゃんパンダたちに追いかけられてみたいです♪
やっと1日目が終わりましたね(笑)

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR