FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(1日目③)

2019/11/07 (2日目) 続き

9:50 太陽産室に戻ってきました。太陽産室は円形の形をしていて、外側に7つの庭があります。一番端は、母子園と呼ばれています。人だかりができているので、赤ちゃんパンダたちを外に出したようです。今日は天気がいいので、早めに日光浴に出したのでしょう。

成都パンダ基地母子園


日光浴の定番スポットを覗くと、小さいのが丸いザルの上で寝ています。8月9日生まれの星晴(しんちん)です。太陽産室には4頭の赤ちゃんパンダがいますが、一番最後に埋まれた子で、まだ歩けません。

寝ている星晴


他の子はいないのかな?一番先に生まれた績笑(じーしゃお)が飼育員さんに抱っこされて回収されていきました。ママの所に行くのかも知れません。よく探すと、成風(ちぇんふん)がいました。6月11日生まれの成風はもう歩けますから、日々新しい発見がある年ごろです。

成風


成風の双子の妹、成浪(ちぇんらん)はいないようです。ママの所にいるのかも知れません。この時期はまだ、親子で外に出ることはないので、非公開の屋内にいるはずです。ちなみに、太陽産室で2019年に生まれた4頭の赤ちゃんは全員女の子です。

成風は飼育員さんによって星晴の側に戻されました。日光浴スポットで、ここに置かれて寝て大きくなった成風は、まだまだここが安心スポットのようです。庭は広いのに、あまり遠くまでは冒険に行こうとはしません。

星晴と成風


成風は、星晴を踏みつけて、タイヤでできたブランコに乗ります。星晴は踏みつけられるのは慣れっこになっていて、全く動じません。成風、自分でタイヤに乗って得意そうに遊んで見せます。



成風は星晴の周りで一人で遊んでいます。星晴はまだまだ寝るのが仕事です。



今度は成風は、猫ちぐら、じゃなくてパンダちぐら、に近付きます。運がいいと中にすっぽり入ることもありますが・・・、入りそうで入りません。もうちぐらがちょっと小さくなっちゃったかな?



成風はどこへも行かず、何度も星晴を踏みつけては、右に行ったり左に行ったりします。成風もまだまだ赤ちゃんなので、起きている時間は物凄く短いはずですが、今日はご機嫌なようです。

星晴の上を歩く成風


やがて、毛布の敷かれた安全地帯を出て、芝生の上へお散歩に出かけました。
歩けるようになったのをまるで自慢しているようです。

芝生の上を散歩する成風


しかし、やはり遠くに行く気はないようです。この年頃の赤ちゃんパンダはとてもかわいいです。生後5か月くらいですが、よちよち歩き、あまり速くは動けないし、丸っこいフォルムでなんとも言えません。もう少し大きくなると、木に登れるようになり、一日中木の上で降りてこなくなったりするので、今が一番かわいいです。

丸っこい成風


成風は、星晴の所に戻ってきました。どうやら成風も電池切れのようです。眠くなると、抱き枕が欲しいのか、お友達に抱き着いてぐずります。

星晴を抱き枕にしようとする成風


さすがに起こされちゃった星晴、しかしどんな扱いを受けてもされるがままです。

成風に起こされた星晴


星晴は嫌がる感じも見せず、抵抗しないので、成風は好き放題です。
可愛がっているのかも知れません?

星晴を可愛がる成風


可愛がりの動画です。



成風の電池が突然切れ、ようやく可愛がりが終わります。呆然とする星晴、たくさんの見物人にお顔を見せてくれました。

起きた星晴


かしこい星晴は、安全な場所まで頑張ってうにうにと動いて行ってまたお昼寝の続きです。こうして2頭の赤ちゃんパンダは寝てしまいました。当分の間、起きることはないでしょう。

成風から離れて寝る星晴


赤ちゃんパンダたちが寝たので、太陽産室を一周しましょう。しかし、半分くらいの庭には看板が出ていました。お庭の修繕工事などの時期なのです。パンダがいる庭でも奥の方で寝ていたりして、全く顔も見えません。

そんな時は別の場所へ移動します。体力が残っているうちに成都パンダ基地で一番の高台にある1号別荘へと向かいましょう。

10:55 1号別荘に来ました。ここには室内展示場1つと外には庭が4つあります。
1つ目の庭ではパンダが奥で寝ていたので、次に行くと、ネームプレートとは違うパンダがいました。成対(ちぇんとぅい、2012年生、雄)です。私が初めて成都パンダ基地に来た時に幼年園にいましたが、その後3年の地方転勤を経て成都に戻ってきてます。

おやつを待っている成対


次のパンダも奥で良く見えないので、4つ目へ行くと、ここもネームプレートと違うパンダがいました。績美(じーめい、2016年生、雄)・績蘭(じーらん、2016年生、雌)の双子のようです。どこにいるか分かるでしょうか?食事の時間を逃すとパンダの顔を見るのは大変です。

績美績蘭


室内展示場には、同じく2016年生の文文(うぇんうぇん、雄)・雅竹(やーじゅー、雌)・雅韻(やーゆぃん、雌)が、ちょうど小窓からパンダケーキをもらっているところでした。まだ3歳で、人間でいえば10歳くらい、でも立つとすごく大きいです。先にもらった子がこそこそと食べているのがおもしろいです。

おやつをもらう文文雅竹雅韻


さて、室内展示場から出てくると、1号別荘の上に何か作っているのが見えました。
成都パンダ基地は近年繁殖が安定しうまくいくようになり、パンダの数が増えたので手狭です。新しくパンダ舎を作っているのかも知れません。

新しい施設を作っている成都パンダ基地


室内の子たちがパンダケーキをもらったので、外のパンダたちももらったかも知れません。行ってみたら、先ほど顔を見せてくれなかった奇福(ちーふー、2008年生、雌)が、幸せそうな顔してパンダケーキを食べていました。私の最愛のパンダ七喜(ちーしー)のママパンダです。

パンダケーキを食べる奇福


パンダケーキを食べ終わった後、お腹にこぼれたケーキのクズを丁寧に舐めています。七喜の双子の姉、七巧(ちーちゃお)と表情がよく似ています。

ケーキくずを舐める奇福


先ほど顔が見えなかったもう1頭のパンダ嬌子(じゃおず、1995年生、雌)も手を舐めているので、ケーキを食べ終わった後のようです。このパンダケーキ、穀類などから作られた月餅型をしたものですが、飼育パンダの好物で、毎日の楽しみのようです。

手を舐める嬌子


次回もパンダ基地の続きをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは aya1103さん。
2頭の赤ちゃんパンダのかわいいこと♪
ふにふに柔らかそうでたまりません( *´艸`)
ざるの上でねんねする姿も面白いですねー

Re: No title

こんばんは!

私はこの時期の赤ちゃんパンダが一番好きです。
ちょうど歩き出す頃。寝ていても、何してても可愛いですよね!

aya1103 さんへ!!

中国はコロナで苦労しますが、パンダさんには楽しませてもらいますねー。!
赤ちゃんは無邪気で遊ぶことが仕事ですねー。!ありがとうございました。!

Re: aya1103 さんへ!!

中国は既にコロナの騒ぎが落ち着き、パンダ飼育施設も次々に再開しています。
それにまだ3月なのに、もう今年の赤ちゃんパンダが生まれています♪
日本はこれからですね・・・頑張りましょう!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR