FC2ブログ

イタリア・アマルフィ②

2019/10/21 (4日目) 続き

15:45 アマルフィのメインストリートを進んでいましたが、山が近く人も少なくなってきたので踵を返します。

アマルフィ


同じ道を通るのも何なので、脇道を歩きます。さらに横に伸びる道、というか階段道を歩くのもオススメですが、母は冒険が嫌いです。迷子になったら困る、と思っているのでしょうか?それとも階段上りたくない?行きたくないと言われてしまいました。

アマルフィの脇道


メインストリートをドゥオーモ(アマルフィ大聖堂)まで戻ります。鐘楼などは、マヨルカ焼きの装飾でとても美しいです。この大聖堂はガイドブックなどには入場無料という記述もありますが、実際には天国の回廊に入場することによって最後に見学できることになっています。

アマルフィ大聖堂


私は以前に来たことがあるから、母に一人で行ってきてと勧めます。回廊見て、地下聖堂見て最後に大聖堂見たら正面から出られるから、と。しかし母は一人じゃ嫌だからいいと言います。アマルフィに来てここが一番の見どころだから行った方がいい、地下も怖い所じゃないと説得しますが・・・。もめた挙句、一緒についていくことになりました。

一人3ユーロ支払い、天国の回廊から入ります。日本語のパンフレットももらえます。イスラム調の回廊は、13世紀の貴族たちの墓地、大聖堂の裏手にあり、観光客ひしめく広場の喧騒とはうって変わり、静寂の空間です。

天国の回廊


回廊の周りには小さな礼拝堂の跡などが見られます。古いフレスコ画が残ります。
他にもモザイクの装飾だったり12世紀のものなどが見られます。

天国の回廊にあるフレスコ画が残る礼拝堂


先へ進むと、広い聖堂に入れます。そこは今、司教区博物館となっています。
一言で説明するなら宝物館ですかね。宝石がちりばめられた司教冠とか、まばゆいお宝がたくさんです。

司教区博物館


聖堂のお宝を見た後は地下へと進みます。地下と言っても美しい装飾の部屋で、窓から光も入ります。教会の地下と言ったら暗くて、墓石が並ぶ不気味な空間と思うかも知れませんが、ここはまるで宮殿のようです。

地下聖堂の天井


この地下聖堂は聖アンドレアの聖遺物が保存されているというアマルフィにとって大事な場所です。聖アンドレア、日本だとアンデレの名で知られるキリストの最初の使徒です。立派な像も祭壇に置かれています。

聖アンドレアの祭壇


最後に奥の階段を進むと大聖堂にでます。
左右の礼拝堂とかにも見ごたえのあるものがたくさんです。

アマルフィ大聖堂


大聖堂を見たら、角にあるトイレを借りて(アマルフィ内の公共トイレの多くは1ユーロ、ここは天使の回廊入場料に含む)、母に後は適当にお店とか覗いて、自分で駐車場に戻ってと突き放し、一人で町の景色を楽しみに行きます。

海沿いの道に出ました。この先はほとんど行ったことがないので、ちょっと行ってみます。それにしても、真夏のような天気です。

アマルフィの海岸通り


斜めから見たアマルフィの町、輝いています。

斜めから見たアマルフィ


そして眼下にはビーチ。泳いでいる人もいます。水着があったら泳ぎたいくらいの天気なのでちょっとうらやましいです。

アマルフィのビーチ


高台とかまで行ってみたかったですが、今日は時間切れ、大人しくバス駐車場の方面へ戻ります。駐車場は海のそばです。その脇にある桟橋の先端あたりが写真スポットだと現地ガイドさんが言っていたので行ってみます。

アマルフィの桟橋


アマルフィ全体が山を背景に一望、確かに絶景です。

アマルフィ全景


桟橋を戻りながら、先ほどとは違う角度でビーチを眺めます。
この手前はパブリックビーチでしょうね。出入りも自由なので、ちょっぴり足を付けてみました。

アマルフィのビーチ


16:30 バス駐車場に戻り、ナポリへ戻ります。
帰りは海岸の道は通れないので、山を登り内陸の道へと出ます。クネクネ山道、車窓は結構な景色です。

帰りは山側から


今回、海側バルコニー以上の客室の人にはシルクドソレイユと有料レストランが付いているので、事前にメニューをチョイスしてとメニューが回ってきます。今回初めてクルーズの方も多いのか、35人中、28人が該当客室でした。

クネクネ道が長く続き、ヴェスヴィオ山が見える頃にはやっと平坦な道になり、メニューにマークを付けることも可能になりました。

ヴェスヴィオ火山


18:05 ナポリに戻ったらクルーズターミナルへ向かい各自乗船です。その前にターミナルのお店に吸い込まれる人多数です。ターミナルにWi-Fiがないので、早めに船に戻ることにしました。船も大きいので乗船口は3か所くらいに割り振られます。

セキュリティ後、いざ船に乗る時になって、目の前のヨーロッパ人女性がクルーズカードがないとパニックで泣きそうになっていました。「クルーズカードは夫のポケットに入っている。買い物している間に置いて行かれた。」代わりにID提示を求められますが、それもないと。部屋番号を言って電話してもらっても誰も出ない。最後は顔認証で乗船を認められていましたが、ちょっとした大騒ぎでした。気を付けよう・・・。

次回はナポリ出港~メッシーナ入港をレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

前に来たことがあるから一人で行ってきてと勧めますって、ayaさんらしくないような・・(私みたいだ! 笑)
教会は入場無料が当たり前と思っているのですが、イタリアの教会って有料多いですよね。(ポルトガルも多かった気がします)

しかし、ランチのホテルといい、そこまでの風景といい、海沿いの景色は晴れてなければダメですね。アマルフィは曇天だったので、あまり良い印象持っていません。
4月後半にイタリアで取りこぼししているチンクエテッレに行くのですが(ブログ内検索したんですけど、ayaさんも未訪問?)、今度は鉄道旅行で日程も柔軟なことから、晴れるまで現地滞在で粘ろうかな。

Re: No title

前に来たことあっても記憶があいまいな場合は、もう一回見るか、になるのですが・・・。
まぁ、フリータイムが欲しかった、のが正直な所?

チンクエテッレ、未訪問です。地中海クルーズでも、バルセロナ発着だとジェノバ喜光地に行く場合が
多いようですが、今回もチャンスなしでした。
Rさんのレポートを楽しみにしています。晴れるといいですね!

aya1103 さんへ!!

アマルフィの町は素敵な街ですねー。大聖堂への階段の細い道はいかにもキリストが住んでいるように思いました、☆

Re: aya1103 さんへ!!

アマルフィ、特に海側から見るととてもきれいな町です。
でも、観光客だらけで、観光客向け商売もすごいし、
テーマパークみたい。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR