FC2ブログ

中国・都江堰熊猫楽園①

2019/7/25 (4日目) 続き

14:00前に、中国大熊猫保護研究中心都江堰基地、通称熊猫楽園に入園です。バス停の裏側にあるのがこの施設です。開園時間は8:30~16:30、入園料は1人58元です。(夏のおすすめ時間は9:00~11:00)

熊猫楽園入口


成都パンダ基地とは違う系統の施設で、本拠地は臥龍にあります。上野動物園のシャンシャン一家は中国大熊猫保護研究中心の所属ですから、将来ここにシャンシャンが来る可能性もあります。

この熊猫楽園では、4つの園が公開されています。入口入るとすぐにあるのが肦肦園、最初に出会うパンダは、シャンシャンのお祖母ちゃん、英英(インイン)です。
1991年生まれ、野生出身です。9回も出産しているので、子どもも孫も多数います。

英英


そのお隣には、2017年生まれの女の子たち、天天(てぃえんてぃえん)・研研(やんやん)、4月に来た時は天天・夢夢だったので組み合わせ変わったのかと思いましたが、名前が変わっただけのようです。パンダは里親が付いたりして名前が変わることがありますが、先の名前が定着していると誰も新し名前を使いません。木組みの上でお昼寝中です。

天天と夢夢(研研)


英英さんの反対側の隣は、錦心(じんしん、2007年生)ママと昨年生まれた双子の姉弟、念念(にぇんにぇん、雌)・知路(じーるー、雄)です。ちょうど餌交換の時間、飼育員さんが呼んだので、ママはパンダ舎に帰って行きます。

錦心


余談ですが、この錦心の一家ですが、日本との関わりが少しあります。錦心のママは錦竹というパンダですが、これが何と、雄と間違えられてタンタンとペアで神戸に来たことがあるのです。何かおかしいぞと、2年後に帰国、雌と判明し、後に子どもを産んだのです。パンダの性別判断って今でも違ってました、というのが時々あります。

双子の片割れ、念念の方が、ママの後を追いましたが、扉が閉められてしまいました。とても困り顔をしていますが、こういう形のアイパッチなので、いつも困った感じです。繁殖は別の基地で行われているので、この基地で赤ちゃんパンダなどは見られなかったのですが、最近は親子で引越してくるケースがあり、親子展示が見られます。

念念


その隣はワシントン生まれの泰山(たいしゃん、2005年生、雄)です。見当たらないので、パンダ舎の窓から覗くと、お部屋の中でパンダケーキを食べていました。
こうしたおやつで呼び寄せて、パンダにいったん部屋にいてもらい、その間に飼育員さんが笹の交換などをするのです。交換が終われば、扉は開けっ放しで、パンダの気分次第で外と行き来が自由です。

泰山


錦心親子の庭にタライを持った飼育員さんが入ってくるのが見えたので、戻ります。
呼んでも動かない知路にミルクを運んできたようです。もうすぐ1歳の子パンダ、だいぶ大きくなりました。

知路


この子も困り顔ですが、お姉ちゃんに比べたらそれほどでもありません。双子の見分けは簡単で助かります。やっぱりパンダはちょっと困り顔の方がかわいいです。

知路


ミルクをもらう知路。ちょうどいいタイミングで来たようです。朝の朝食タイムを逃したら、14:00がちょうどいい時間なのです。

ミルクもらう地路


動画もあります。ミルクを飲み終わったらタオルで顔を拭いてもらいます。
そしてタケノコもらいました。



しかしまだ上手にタケノコの皮を剥けないようです。かわいいですね。
(錦心と知路は、9月、念念を置いて、陝西省の施設に転籍になってしまいました。)

タケノコ噛む地路


さて、早く次に移動しないとパンダたちがまた昼寝に入ってしまうので、次はリン洚園へ移動します。ここから先、奥に行くに従い、上り道でちょっとしたハイキング気分です。ここも蚊が多いので春から秋までは要注意です。ちょっとだけ涼しいです。

熊猫楽園の道


リン洚園には、レッサーパンダと、熊も住んでいて、パンダは1組しかいません。
しかしここ何回か、この園でパンダを見たためしがありません。室内にいることが多いのでしょう。坂が多いのに、骨折り損な場所、でもレッサーパンダはいつも見れます。

熊猫楽園のレッサーパンダ


次はさらに上にある蝶泉園へ向かいます。途中に、「愛心竹林」こっちというちょっと気になる道標がありました。こういうのを見ると、確かめずにいられない性格です。こっち、についた獣道のような道を山登りします。

愛心竹林の道標


結構登った先にあったのは、要するに、竹林を植樹しました。というもののようです。蚊に献血するためだけの寄り道になりました。来た道戻るは嫌、と思うくらい登ったので、先に進みます。

子どもたちが植えた竹林


すると、蝶泉園の上の方に出ましたよ。希夢(しーもん、1993年生、雄)の所です。熊猫楽園ではこのようにネームプレートが付いていて、ある程度信頼できます。稀に、パンダが移動したのに、プレートがそのままという事もあるのですが、その場合はお手上げです。何しろすべてのパンダの情報は公開されていないので、プレートで初めて存在を知るパンダもいるくらいですから。

ネームプレートと希夢


希夢は、神戸のタンタンのお兄さんです。タンタンは足が短い事で有名ですが、お兄さんは手足が長いです。そして、寝食いが得意です。結構なお歳なのですが、まだまだ元気です。

希夢


次回は熊猫楽園の続きをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

初めまして。
錦心は永明の弟・園園(ユェンユェン)の子供です。
雄浜~彩浜たちのいとこになります。

Re: No title

始めまして~
パパ情報捕捉ありがとうございます♪
もうみんな親戚!ですよね(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR