FC2ブログ

中国・都江堰パンダ谷②

2019/7/25 (4日目) 続き

11:35 パンダ釣りの後はパンダたちはお昼寝タイムに入ります。来たばかりですが私も休憩しようかな?でも今回は新たに公開されたエリアがあるのでそこへ行ってみましょう。これまでは一般開放されていなかった3号館の先に、レッサーパンダエリアができました。すぐ隣かと思ったらちょっと歩きます。

パンダ谷3号館の先


やってきたレッサーパンダのエリアは、山の斜面にできた放牧場みたいな所です。このエリアは入場制限があり、一度に入れるのは100人までだそうです。最も、このパンダ谷全体で100人以上の入園客がいるのを私は見たことがありません。ゲートを入ると、きつい階段を上ります。一方通行なのでやっぱ止めたとはいきません。

レッサーパンダは全く出てこないまま、ようやくテラスのような所にでました。はぁ、山です。ここから見える山は、パンダの野生化訓練にも使われていますから、訓練中のパンダがいれば見えるかも知れませんね。でも今は訓練しているパンダはいないと思います。

レッサーパンダの飼育場のテラス


さらに上ります。汗だく、それにかなりしんどいです。ちょっとした山登りです。
レッサーパンダを探す気分にはもうなれません。

レッサーパンダの飼育場の道


やっと道が下りになったので、後は上った分下るだけです。その頃、ようやくレッサーパンダを時々見かけるようになりました。道の下を歩いているレッサーちゃん。

山の中できままに暮らすレッサーパンダ


こちらは頭上で寝ているレッサーパンダ。結局数匹見たかな?
このエリアの観覧には20~30分と体力が必要です。特にレッサーパンダ好きではないので、時間と体力の節約が必要な私はもうここに来ることはないかな、そう思いました。

木の上で寝ているレッサーパンダ


11:55 3号館へ戻ってくると、思縁(すーゆぇん)が顔を見せて寝ていました。かわいい子パンダみたいです。大好きな思念(すーにぇん)のママパンダで、この一族は私のお気に入りです。

かわいく寝ている思縁


室内へ行くと五一(うーいー)が脱力状態で寝ていました。51gで生まれた五一はこれまで世界最小で生まれたパンダでしたが、今年記録は更新されてしまいました。
いつも様々な寝相を見せてくれるパンダで、今日は見事な分厚い敷物になっています。

五一


1号館へ行くと、奥莉奥(おりお)がウロウロしながら扉を叩き、飼育員さんに合図をしているようです。
室内の小梅ちゃん、こと梅蘭(めいらん)は寝ていました。3歳なのに大人パンダと変わらない体型になっています。

梅蘭


休憩にしようと再び外側に行くと、奥莉奥が木の上に座っていました。
どうやら奥莉奥はお腹が空いていたようです。飼育員さんに訴えるも何ももらえなかったので、庭木を食べています。

木上の奥莉奥


パンダは結構庭木を食べるので、よく見れば枝がなく枯れそうな木がいっぱいあります。木に登って枝を折って食べるなんて、見たことない人も多いですよね。



12:15 1号館の少し下にあるパンダカフェで休憩です。スムージー・グレープフルーツ味28元(テイクアウト用紙コップ代+1元)。ここはエアコンも効いているし、無料Wi-Fiがあります。コーヒーお高めですが、夏はこのスムージーオススメです。

パンダ谷のパンダカフェ


休憩後は、パンダ谷を出て、熊猫楽園に移動します。最後に、小梅ちゃんに挨拶に行ったら、寝ていたのに一瞬起きてくれました。またね、と言われたと解釈します。

挨拶してくれた梅蘭


13:00 パンダ谷を出ます。出口にあるインフォメーション周辺でも無料Wi-Fiが使えます。パンダ谷でWi-Fiが入るのは、こことパンダカフェだけです。

パンダ谷出口


出ると、お土産屋が連なっています。しかし、ここで商売が成り立つのか?いつも疑問に思います。とにかくパンダ谷の入園者数は少ないからです。

パンダ谷外のお土産屋


そしてこれがバス停です。以前からありましたが、バスは見たことありませんでした。(注:14路のバス停という表示がありますが、2019年11月現在は101路、103路の臨時ルートのバス停になっていて、14路のバス停は先にある折り返し場になっています)

パンダ谷のバス停


5分と待たず、バスが来ました。
13:20 乗り換えの万达文化旅游城でバスを降ります。次は102路というバスに乗りますが、またバス停がちょっと先に移動しました。来る度にバス停の場所が変わっていて、目印が何もないこともあります。(注:2019年11月現在、この道は封鎖され、102路のルートは大幅変更しています、お出かけの際は最新情報をご確認下さい。)

都江堰は開発地域


102のバスもすぐに来たので、これに乗り、熊猫楽園まで行きます。距離があるので30分くらい乗ります。中国のバスは基本的に、乗ります降りますアピールが必要です。乗りたいバス来たら一歩前出る、手を挙げる、降りる際も、露骨に降り口に立つ、降りますと叫ぶ(下!シャー!で十分)、そうしないと停まってくれないこともあります。

13:54 熊猫楽園のバス停に到着です。バス停の名称は本当は熊猫疾控中心だったかな、通称熊猫楽園です。バスのアナウンスで熊猫(しゅんまお)を聞き漏らさないようにしましょう。

熊猫楽園のバス停


次回は熊猫楽園をレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR