FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(2日目②)

2019/7/24 (3日目) 続き

14:20 太陽産室、赤ちゃんパンダを見る列はだいぶ空いてきました。3頭揃ってお昼寝中です。私には赤ちゃんパンダが2頭、と仔犬1頭、に見えてしまいます。ただの色違い、というより別の生き物のようです。

ベビーベッドで寝る成風成浪績笑


幼稚園の庭には今日子パンダは出ていなくてママだけのようです。艾莉(あいり、2011年生)、今日は艾莉の誕生日です。大人パンダには里親さんなどからの差し入れでもない限り、特にお祝いなどはないみたい。おめでとう艾莉とつぶやきます。

艾莉


14:30 月亮産室へ来ました。土砂降りだった雨が止んだかと思えば、晴れてきましたよ。萌萌(もんもん)一家の庭では、双子の子パンダが定位置で寝ています。

萌萌一家


14:00からは笹替えの時間、阿宝(あーばお)の庭まで来たら、ちょうど飼育員さんが準備を終える所だったので、パンダの出待ちをします。扉が開いて出てきた阿宝、岩の上に置かれたパンダケーキにすぐ気が付きました。

楼阿宝


その隣は和歌山生まれの陽浜(ようひん)です。陽浜の庭も準備をしていたので、ちょっと待つことにしました。しかし、陽浜、置かれたおやつに気付かず、出てきたらすぐに笹を食べ始めました。



その後、陽浜は木に登って何かないか探している感じです。そしてやっと木の台の所に行き、おやつを発見しました。



成都パンダ基地で、パンダたちにとってのおやつとは、主にりんごとパンダケーキです。パンダケーキは穀類を使ったもので、人間が食べたらあまりおいしいものではありません。月餅型のパンダケーキ、飼育下で育ったパンダは皆好きなようです。

パンダケーキ食べる陽浜


あちこち行ったり来たりしながら、今度は淼淼(みゃおみゃお)の所に来ました。
実子の金玉(じんゆう)と一緒に笹を食べています。

淼淼と金玉


しかし一緒に暮らしている潤九(るんじゅう)は相変わらず木の上・・・。何度この庭の前を通っても、いつも木の上です。この角度だと、生まれた時にママが傷つけてしまった傷の跡がはっきり見えます。9針も縫っているので、口元に傷跡が残ってしまいましたね。人間と違って顔の美醜を気にすることはないといいのですが・・・。

潤九


時々、内側の保育室の赤ちゃんパンダも見に行きます。双子ですが、日中はどちらかのお世話をママがしているようで、片方しか保育器にいないことが多いです。まだこれといった特徴もなく、双子のどっちなのか見分け不能です。

阿宝仔


16:35 萌萌の庭は回収時間が来たようです。萌萌ママが帰った後、飼育員さんが出てきて掃除しながら子パンダたちを説得します。萌四こと萌宝(もんばお)はあっさりと台を下りて抱っこされて回収されましたが、お気に入りの木の股にいた萌五こと萌玉(もんゆう)はまだ帰りたくなかったようです。やっと説得に応じて帰る所を動画に撮りました。この丸っこさがなんともかわいいです。



幼稚園の庭にいた川仔(ちゅあんざい)と耀耀(やおやお)も呼ばれていますが、なかなか木を下りません。耀耀はそのうち木を下りて自分でパンダ舎へ帰って行きましたが、川仔が帰ってこないので、そのうちまた外に出てきてしまいました。川仔は一日中、高い銀杏の木の上で過ごすのがお気に入りのようです。ようやく下の方へ下りて来ました。



しかし、竹のガードの上まで下りてきた所で、様子を伺っています。
閉園時間の18:00まで様子を見ていましたが、結局、川仔と耀耀、その隣の庭の木上の潤九は帰宅しませんでした。

川仔


飼育員さんたちは仕事がひと段落した後で、ゆっくり子パンダたちを回収するのでしょう。閉園時間の18:00を過ぎたので、正門の方へ向かいます。日本だと18:00前に蛍の光とか鳴らして、出口に誘導しますが、中国では追い出すという考えはないようです。

途中太陽産室に立ち寄ります。もう閉園時間は過ぎているので、他に人はおらず、赤ちゃんパンダは見放題です。しかし結露はすごいのでやはりティッシュが必要です。

赤ちゃんパンダ3頭揃ってて、じっくりと見ることができました。改めて紹介しましょう。こちらは成浪(ちぇんらん)、世界最小42.8gで生まれたパンダです。生後43日目です。通常なら生き残れない未熟児で生まれましたが、ここまで元気に育ちました。

成浪


こちらは成浪の双子の姉、成風(ちぇんふん)です。生まれた時は171.9g、妹の4倍です。でもこちらが標準サイズです。普通は150g前後ですね。あら?よく見たら目が開いてるじゃありませんか!記念すべき日に立ち会えました。

成風


そして、こちらが私が仔犬呼ばわりしている、績笑(じーしゃお)、生後49日目、今年最初に生まれた赤ちゃんです。成風・成浪とはママ同士が姉妹の従姉妹になります。
しかし、このピンク、グレー、白、の見事な3色・・・。ママが舐めることでピンクになると言われていますが、それにしても個性のある赤ちゃんパンダです。こういう子は見分け簡単だし、人気が出ます。

績笑


成風はあいさつもできるようになりましたよ。昼間はひとめ見るのも大変な赤ちゃんパンダですが、夕方17:00以降は好きなだけ見ることができます。



そこに飼育員さんがやってきて、績笑の検温をします。赤ちゃんパンダにしては頭も小さい?仔犬に見えるのは色のせいだけじゃない気がします。



そして、おトイレタイムです。赤ちゃんパンダは自力で排せつできないので、こうして刺激してあげる必要があります。あらら?績笑も目がうっすら開いてるのを見ましたよ!まぁ、目が開いてもまだしばらくは何も見えないらしいですが、これから世界が広がりますね!



貸し切り状態で赤ちゃんパンダを見ていましたが、かわいくてキリがないので、18:25 帰ることにしました。
18:40 成都パンダ基地を出て、来たバスに乗り、18:50 にはホテル到着です。

今日も疲れましたが、赤ちゃんパンダを満喫できて大満足です。

次回は都江堰パンダ谷をレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちはv-290
もしかしてシュッシュしてるのは阿部さんですか?v-10

Re: No title

こんにちは!
よく分かりましたね~できるだけお顔は写さないようにしたのですが。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR