FC2ブログ

ウズベキスタン・ブハラ(アルク城~ボロハウズモスク)

2019/7/3 (2日目) 続き

15:30 戴冠式のホールの説明が終わった後、残りは15分フリータイムの見学となりました。ホール出て左へ行くと、王の中庭があります。この奥に王様の居住空間があり、この広場の所で王様への挨拶などが行われたようです。

アルク城王の中庭


中庭左手の建物などは博物館になっています。時間がないので、さくっと見学します。
こちらはコイン、中には紀元前などもあり、様々な年代のものがあるようです。

アルク城博物館のコイン


意外にも部屋が奥にどんどん続いていたりして、展示室がいっぱいあります。
こちらは割と最近のものと思われる豪華な装備品です。詳しく見ている暇がないのが残念です。

アルク城博物館


衣装もいろいろ。
やはりこの辺りの文化と言うのは、いろんな影響が見られて面白いです。

アルク城博物館の衣装


駆け足で博物館を見たら、戴冠式のホールの正面辺りにある、馬場に来ました。ここは正門のちょうど上の辺りです。台車のようなものが置かれているだけの広いテラスみたいな所ですね。

アルク城の馬場


こちらが正門の真上、この建物が王座が置かれた場所なのかと最初は思いましたが、こちらは王が門を通る際に太鼓などを鳴らした楽隊のような人のための場所だったそうです。今はお土産屋さんになっています。

アルク城正門上


この馬場の周りからはちょっと無理な感じではありますが、城壁から城の外を眺めることもできます。レギスタン広場です。眺めがいいなどとガイドブックに書いてありますが、こうしてみると、この町はとんでもない田舎なのかと思いますね。

アルク城からレギスタン広場を見下ろす


別の方面、とにかく高い建物は全くありません。街の中心部だというのに、建物もまばらです。ん?目の前は空き地?何か動くものいますね。

アルク城からの景色


ズームで見たら、ヤギのようです。
のんびりした風景ですね。

町の中心の空き地で草をはむ山羊


15:45の集合に合わせて城の出入り口に戻ります。
この通路、写真の右手が牢屋になっています。正直、城のあちこち暑いので、風の通るこの通路脇の小部屋はちょっとヒンヤリして、牢屋というより居心地良さそうな部屋にも感じます。

アルク城入口のスロープ


アルク城を出ます。
日向は滅茶苦茶暑いです。帽子や日傘必須です。

アルク城


次は近くのボロハウズモスクまで歩いて移動です。アルク城の前のレストランの展望台、
最近左にエレベーターができたという事ですが、元々は塔の中にある螺旋階段使って登っていたみたいですね。高所恐怖症の私は見るのも怖い階段です。この町は高い建物が本当にないので、怖い階段でも登る人いたんでしょうね。

アルク城前のレストラン


15:50 ボロハウズモスクに到着です。(日本語のガイドブックではバラハウズとか、いろいろ記載は別れます。)18世紀のモスクで、元々は王様専用のモスクでした。お城からここまで来たそうです。今もモスクとして使用されていて、お祈りの時間以外は見学できます。

ボロハウズモスク


アルク城内にあったモスクよりも立派な建物です。
クルミの木の柱が20本、王様専用だっただけあって宮殿っぽいですね。

ボロハウズモスク外観


撮影料として3000-5000スムほどを寄付して中へ。外観からの想像とは違って、きれいな空間でした。白基調なので、青いミフラーブが輝いて見えます。シャンデリアもきれいです。

ボロハウズモスク内部


ボロハウズモスクの前にある溜池は16世紀のものです。昔は114もあった溜池、今は3つしか残っていないそうです。この衛生状態だと、埋めたのは分かる気がします。

ボロハウズモスク前の溜池


次回はイスマイル・サマニ廟などをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR