FC2ブログ

那覇・首里城~沖縄そばランチ

2019/4/30 (4日目) 続き

11:05 ガイドツアーで出てきた所は正殿の裏側にある後之御庭、この周りは最近オープンしたばかりだそうです。正面の建物は元王女が使っていたという世誇殿、右側は台所だった場所、目の前の茶色い地面の場所にも建物があったそうですが、記録がなくどのような建物か分からないので復元されていないそうです。

後之御庭と寄誇殿


世誇殿では1日3回(11:00、14:00、16:00)伝統芸能公演をやっていて、今始まるから見て行ってとガイドさんが言っていたので、中へ入ってみました。沖縄の舞踏は初めて見ます。別の国だったんだなぁと感じる踊りです。

首里城伝統芸能


2演目ほど見たところで出て、首里城の一番奥に当たる、東のアザナと呼ばれる所まで上がります。一番の高台、坂を上がり、先にある白銀門と呼ばれる門をくぐります。

東のアザナへ


こちらが東のアザナ、城壁の高台にある見晴らし台のような場所です。狭い通路は人がすれ違うのがやっとの幅です。

首里城東のアザナ


一番の高台ですからとても見晴らしがいいです。街はもちろんのこと、首里城のメインの部分を一望することができます。とても美しい景色です。

東のアザナから見た首里城の景色


景色を十分に堪能したら後之御庭の方へ下りて行きます。先ほどの伝統芸能が終わったのか上り口は行列になてちました。下り口の先には、湯屋跡があります。説明版によれば、手前の四角の所に小さな建物があり、奥は水槽、女官たちが使った浴室だそうです。裏側に見えるのは、世誇殿の隣にある女官居室の屋根です。

首里城湯屋


これで首里城有料エリアの見学も全て終了です。順路に従って先へ進みます。
正殿の屋根の上、立派な龍が守っています。

首里城正殿の龍


最後は北殿という建物に入りますが、お土産屋とカフェに使われています。
その先、右掖門でどちらに行ったら良いか??となってしまいますが、左に行き有料エリアを出ました。順路的には右になっていて、右に行くと東のアザナの外側の方に行けるようですが、もう坂を上るのは勘弁です。内側の城壁に沿って歩きます。結構立派な城壁です。

首里城の城壁


行きに上がって行った斜めの階段道と瑞泉門が見えてきました。
私はこうした城壁と門、みたいな景色が大好きです。

首里城


道沿いでは沖縄らしい植物などを見ることもできます。

南国の草木


守礼門まで戻ってきました。首里城にはたくさんの門がありましたが、それぞれ形が異なりおもしろかったですね。

守礼門


この守礼門を背景に写真撮影をする人が多いので、脇には貸衣装屋さんがあります。
結構商売繁盛しているようです。

守礼門脇の貸衣装屋


さて、そろそろ12:00、ダンナがガイドブックで目を付けていた沖縄そば屋さんへ行こうと思いますが、来る時その場所を探したのですが、見当たりませんでした。しかし帰りは、目に付く看板がありましたよ。って、この細い横道を入るんですか。私道にも見える細い道を入り、住宅街を歩いていくとしばらく行って目当てのお店がありました。

ほりかわの看板


首里ほりかわ、という住宅街の路地裏の一般民家といった感じのお店です。
ちょうど12:00になる所でしたが、満席、しかし入れ代わりに帰る方がいて待たずに入れました。先に券売機で食券を買います。ドリンク付きセットにしました。

ソーキそばセット1120円、ソーキそば、あぐー肉みそじゅーしぃー、かき揚げ、もずく酢、シークァーサージュース。そばはコシがあり、スープの出汁も抜群!みそを混ぜて食べるじゅーしぃー(炊き込みご飯)もおいしかったです。

ソーキそばセット


ほりかわそばセット1000円、上と何が違うかって、ソーキそばがほりかわそばになりました。お肉がホロホロです。かき揚げは紫の塩で頂きます。

ほりかわそばセット


食後にゆっくりとシークワーサージュースを飲んで、12:35店を出ます。その頃には店の前には行列ができていました。こんな細い道の先にあるお店、本当にお店あるの?という場所でしたが、とてもおいしかったです。やっぱり本場は違いますね!

ほりかわのある裏路地


次回は金城町石畳通りをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR