FC2ブログ

中国・オルドス野生動物園(4日目③)~帰国

2019/4/19 (12日目) 続き

16:55 タケノコを食べ終わると、七巧(チーチャオ)は、ハンモックにいる七喜(チーシー)に近付き、頃合いを見計らって入り込みます。バトルと言うよりいちゃいちゃいしている感じです。かぷっと甘噛み、七喜、大きなアイスクリームを食べているみたいです。

七巧をかじる七喜


仲良しの双子ですが、パンダは大人になると単独飼育になりますから、いつまで一緒に遊べるか分かりません。こんなツーショット、いつまでも見ていたいですけどね。

ハンモック七姉妹


おもちゃ持ちの七姉妹ですが、どのおもちゃよりもお互い同士が好きみたいです。
性格がのんびりしているせいか、動きもゆるく、この双子に限っては一生一緒でもいいのではと思わせる雰囲気を持っています。

ハンモック七姉妹


ハンモック七姉妹の動画です。



15分ほど一緒にハンモックで遊んだ後、七巧は眠くなったのか、自分のベッドへ去って行きました。そして、いつものように頭を垂れて寝ています・・・。

それぞれの場所で寝る七姉妹


17:30近くになると飼育員さんがパンダたちを呼びました。パンダたちは素直に扉付近に来ますが、まだ扉が開かないので、扉の周辺でうろうろと待機です。
一緒にお水を飲む七姉妹、七巧と壁の隙間に大きな顔を入れる七喜、やはり顔が大きいというより毛が長いのですね、ちゃんと飲めているようです。

一緒にお水飲む七姉妹


遊んで帰宅を待つ七喜、今回もかわいい姿をたくさん見せてくれてありがとう。大好きな七喜とももうお別れの時がやってきました。飼育員さんがパンダ帰宅させるね、と声かけてくれました。今回もいろいろ気を使ってくれてありがとう。

おもちゃで遊ぶ七喜


17:40 扉が開いて、パンダたちが帰宅します。年間パスポートも登録したし、また来るからねー、それまで元気で・・・。

また会う日まで


パンダを見送ったら私も帰ります。全てのパンダ行程を終え、物凄い満足感を覚えるのと同時に、一気に疲労を感じた一瞬です。出口へ向かうと、この4日間見なかったプチトランがいました。週末は運行するのかな?小さめのカートや、普通のバスの他、こんなプチトランまで持っている動物園です。この4日間はカートさえ運行していませんでした。

オルドス野生動物園のプチトラン


18:00ごろ動物園を出ると、やはり26路のバスが来るのに遭遇しました。閉園時間にここを通るバスがあるなら、次回は使ってみたいと思います。

今日は雨がたまにポツポツくるなど天気がイマイチで、なんとなく薄暗いです。
車がほとんど通らないので、今日も交差点まで歩き、タクシーを待ちます。
もう慣れたもので、先客がいようと、タクシー見たら手を挙げるのに躊躇しなくなりました。しかし、1台目のタクシー、先客いましたが、方向が違うと断られます。

オルドス動物園近く


2台目、満席で止まってくれません。そして、10分ほどして3台目、先客3人乗っている中、止まってくれて乗せてくれました。3人の先客は全員が一人客のようです。今回の旅で初めてメーター使ってないタクシーでした。

最後に乗ったのに、自分のホテルが一番近かったのか最初に寄ってくれました。
値段聞かずに相場の20元を払って下ります。
ホテルで預けた荷物を引き取り、早々に空港に向かうことにします。

ホテル近くでタクシーを拾い、鄂尔多斯机場と書いたメモを見せて乗ります。
廃墟感があるのは、ホテルが町外れだからと思っていましたが、町のあちこちにこんな場所があるようです。只今建設中のまま何年も経っていると思います。

オルドスの風景


運転手さん、話好きでいろいろ話かけてきます。「听不懂(ティンプートン)」=分かりません、連呼しているのに、構わず話続ます。どこから来たかと聞いているのが分かったので、日本、だけやっと答えます。空港までは大きく2つのルートがありますが、G65高速の方を通っているようです。40㎞以上あるので、寝たフリしてこれ以上話しかけないでアピールします。

オルドスの高速


19:30 オルドス空港に到着です。メーターは112元でした。
建物に入るのに、パスポートチェックと爆発物検査があります。

オルドス空港


この空港のカウンターは各社共通です。そのためか、乗継便のチェックインとかはできません。どこまで?と聞かれたときに、北京経由で東京と言ってみました。北京までしか手続きできない、とそこまでは知っている情報を聞いた後、荷物は持ち込んだ方がいいと言ってくれました。持ち込んでいいの?と心の中で思います。中国国際航空は大きさも他社より小さめ、重量に至っては5㎏までだからです。

乗継便のANAの搭乗券は今朝ホテルで印刷してもらったので、これで国際線乗り継ぎに進むことができます。深夜到着の便で預け荷物があると一度外に出なくてはならないので、深夜にどこで時間を潰すか不安でしたが、ひとつ問題が解決されました。

外はいつの間にか雷雨、ゲート前で日記とか書きながら待っていてふと気付くと、「遅延」の文字が目に入りました。中国国内線あるある、まぁ北京で乗継時間はたっぷりあるので多少の遅延はOKです。折り返しのCA-1149便が遅れているんだろうな、そう思ってネットで調べてみると・・・。まだ北京を発ってないじゃないですか!2時間は遅れています。CA-1149便は自分も乗った便ですが、元々遅い時間なのに遅れることもあるのかとがっくりです。

2019/4/20 (13日目)

出発は0:30 と表示が出て、やがてCA-1149便が到着し、ほっとします。LCC並みの速さで、搭乗が始まり、すぐに出発です。
0:30 CA-1150便にて北京へ移動です。水ボトルが配布されるだけの深夜便です。

1:40 北京空港へ着陸です。
2:05 降機して、transferの案内に従ってみます。こんな時間に国際線乗り継ぎの人なんていないので、ぽつんと係員がいるだけでした。そこへ行き、搭乗券とパスポートを見せ、下階へ行くとシャトルの中間駅でした。来たシャトルに乗ると何か変・・・。人はいず、巨大なゴミ箱が・・・。

北京空港の深夜のシャトル


これ、深夜にゴミ箱輸送していた車両、本来客は乗せないらしいですが、乗る人いないと思って中間駅で扉開けてしまい、私が乗ってしまったようです。
乗って動きだしてからゴミ箱運ぶ人がやっと私に気付きました。

国際線ターミナルで降りて、出国、厳しいセキュリティを抜けたら、CAラウンジに向かいます。チェックインカウンター付近で仮眠しなくてはいけない可能性もあったのに、搭乗券と荷物が揃っていればここで夜明かしができるとは。天地ほどの差があります。

北京空港CAラウンジ


ラウンジでいつの間にか寝ていたようです。はっと気付いたら、ラウンジ内に誰一人いませんでした。閉鎖はしないみたいですが、誰もいないと不安になります。また寝た時のためにアラームをかけました。

5:30からラウンジでミール類が出るのですが、次にはっと起きた時はもう朝食始まっていました。ちゃんとしたコーヒーもあるし、ラウンジは私にとって天国です。

CAラウンジの朝食


固いベンチでセキュリティと寒さを気にしながら仮眠を覚悟だっただけに嬉しいです。次回も、なんとしても乗継の搭乗券を印刷しなくてはいけないのと、荷物は手荷物で、というのが教訓になりました。

8:30 NH-964便、羽田行きに搭乗です。懐かしのANA、もう帰国した気分です。
一人でほとんど日本語しゃべらずに旅してたので、ものすごいほっとしました。
機材はB787です。

北京発羽田行のANA機


機内食、豚肉の生姜焼きか白身魚のチョイスでした。これ生姜焼き?といった感じす。ANAとは言え、復路はそんなものです。

北京→羽田の機内食


12:42 定刻より少し早く羽田空港に着陸です。
飛行機降りたら、さっそく花粉を感じます。すっごく疲れたけど、花粉のシーズン、日本を脱出して大好きなパンダ漬けで幸せでした。

これで春のパンダ旅のレポートはおしまいです。今回も最後まで見て頂きありがとうございました♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

長旅お疲れさまでした。
ayaさんでも日本語環境に接してほっとするんですか。これ、みなさん書いてますけど私には分からない感覚です。

ちなみに、ルーマニア4か所5泊目ですけど、日本人どころか東洋人も皆無という環境です。初日のアラドはガイドブックに載っていないので当然だと思いますけど、残りはガイドブック掲載地なのに。
季節的にも悪くないので、ここまでルーマニアって日本人が来ないのかと驚きです。中心部の街並みは、どの街もいい感じなんですけどね。
当然街を歩いていると注目されてしまいますし、悪ガキには「ニイハオ」と声を掛けられます。

しかし、七姉妹は本当にかわいいですね。
いや、サイズ的にはかわいいという大きさではないんですけど、行動が子供なので。

Re: No title

私はツアーが多いので、基本2週間も日本語話さないとかないんですよね・・・
だからすっごくほっとします~。

ルーマニアはツアーだとブルガリアとセットが多いので、そうなるとバラの咲く春が
人気なんですよね。秋はねらい目と思います!

七姉妹の可愛さが分かってきましたか。私もしつこいですからね(笑)。
このようにパンダにもキャラがあるので、名前や性格が分かると、ただ見るだけより
もっとかわいく見えるんですよ!
大きくなっても、特に雌パンダは丸っこくてかわいいパンダが多いです。
成都に行きましょうね~。

こんにちは!

動画見てると
やっぱあいくるわしいですね

ayaさん
許可が出れば
このハンモックの中に一緒にはいりたいとおもいませんか😃

Re: こんにちは!

血だらけになってもいいから入りたいですね~
生まれ変われるならパンダに生まれたいです(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR