FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(4日目①)

2019/4/12 (5日目)

痒み止めを買ったものの、結局深夜に何度か起きてしまいました。猛烈に痒いので、春から秋にかけての成都でパンダは要注意です。

7:30 朝食に行こうとして、久しぶりにカードキーの閉じ込みをやってしまいました。ちょっと疲れが出てきているのかも知れません。しっかり朝食を食べてからパンダを愛でに行きましょう。

Prolit Lankecheng Hotelの朝食


今日もバスで成都パンダ基地に通います。7:50 入園して幼年園に向かうと、もうパンともさん(パンダ関係の友人)は先に来ていました。幼年2班のパンダたち揃って朝食中です。

成都パンダ基地幼年園2班の朝食


続いて1班側に行くと、既に成蘭(チェンラン)がいません。食が細いから体が小さいのでしょうね。左から芝麻(ズマ)、芝士(ズス)、青青(チンチン)、大美(ダーメイ)です。

成都パンダ基地幼年園1班の朝食風景


次は太陽産室母子園へ行きますが、既にちびは木の上の見にくい所でした。
続いて、幼稚園側に周ります。今日は艾莉(アイリ)一家の番です。艾伦(アイルン)がどこで寝ようか、木の股で寝床を探しているようでした。双子の艾米(アイミ)は木の上の方に行ってしまいほとんど見えません。

艾伦


8:20 月亮産室に行きますが、萌萌(モンモン)の庭ではお気に入りの萌五は木の上、淼淼(ミャオミャオ)の所には今日も潤九(ルンジュウ)は見当たりません。金玉(ジンユウ)はママにじゃれついています。

金玉と淼淼


それで2号別荘へと移動します。16年組は朝食中でしたが、今日も顔が見えにくい状態です。

成都パンダ基地2号別荘16年組


8:30 パンともさんと9:00ごろレアパンダ龍龍(ロンロン)の所でね、と朝別れましたが、とりあえず龍龍の庭を覗きに行ってみましょう。すると、今日はもう扉が開いているじゃありませんか。えっ、よく庭を見渡すと、龍龍が庭を歩いています!

想定していたより早い時間です。庭を散歩して帰っていく、と思ったら扉の前まで行ったけどパンダ舎には入らず、また下りてきました。そして、通路際にある溝まで来てくれましたよ。私を見ても逃げる様子もなく、今日はご機嫌なようです。龍龍初めまして~。

レアパンダの龍龍


私が立ち止まっているので、来る人が皆そこで足を止めても、嫌がってパンダ舎に帰る様子はありません。そうしているうちに、パンともさんも早めにやってきました。
野生出身で、極端に警戒心が強く、ほとんど庭に出てこないことで有名な龍龍、今朝は気分が乗っているようです。通路の近くを歩き回り、また溝に降りたと思ったら、池の排水?でシャワー浴びました!思わず居合わせた人たちの歓声が上がります。



その後も歩き回り、今度は池で水浴びです。普段姿を全く見せないパンダとは思えない大サービスです。



何度も間近まで来てくれて、池にも出たり入ったり、私が見つけてから30分、庭に居続けてくれています。目撃情報が滅多に出ないパンダだったとは思えません。



たくさんの人間がいても気にすることなく、ヘリを歩きます。いつもはこの場所で人が立ち止まっていることはないし、パンダファンの中にはどうせパンダ出てこないし、と、この道を歩かない人もいるでしょう。

見物人がたくさんいても気にする様子のない龍龍


9:00 過ぎて、今日の散歩は終わり、と龍龍はパンダ舎に帰っていきました。
しかし、今日はいつもと何かが違うようです。ちょいちょい扉から顔を出して外の様子をうかがっています。今回のパンダ旅の目標のひとつが龍龍の顔を見ること、だったので、大満足です。

扉から外を覗いている龍龍


昨日は隣の家園(ジアユェン)も近くに来たよ、とパンともさんに説明しながら、隣に行きますが、今日はパンダの気配がありません。

家園の庭


いえ、ちょっと待って、庭にはいるみたいよ?上の写真のちょうど中央付近です。
ほら、ズームしたら岩を抱えたパンダがちらっと見えます。私ってパンダを探す才能があるようです。家園も目撃情報はあまりないですが、庭にいることはいるようです。

庭にはいるけど見えない家園


龍龍に熱中している間に、16年組は寝たようです。木や台の上で寝るパンダが多いですが、芝生の上に寝ているパンダもいます。木の上は私のお気に入りの奇一(チーイー)です。

福順と奇一


芝生で寝ていたのは、福順(フースン)、最愛の七喜(チーシー)の弟で、寝ている顔は七喜によく似ています。植えたばかりの毛足の長いフサフサの芝生に負けないくらい、福順の毛もフサフサです。無防備ですが、かわいいでしょう?

フサフサの福順


9:40 パンともさんと月亮産室へ行きます。萌萌、また池で寝ています。

萌四と萌萌


パンダを見ながら先へ進むと、木の上の高い所にパンダを発見です。
左の木の上の方です。

木の上の昭美


大人パンダで、そう高い所まで登るのは、候補は限られます。
やはり昭美(ザオメイ)でした。野生出身のパンダには飼育環境の地上はあまり居心地がよくないのかも知れません。人間さんたち、うるさいですしね。

昭美


次回も続きをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR