FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(2日目④)

2019/4/10 (3日目) 続き

15:10 幼年園に来ましたが、パンダたちが全員寝ています。炭焼き小屋と言われる中央下の台に大美(ダーメイ)、右下の台の上に芝士(ズス)、左の木の上の方に2頭がいます。1頭足りない、庭の奥の方の木で芝麻(ズマ)が寝ていました。

幼年園パンダがあちこちで寝ている光景


木の上は、5頭の中で体の小さい2頭、青青(チンチン)と成蘭(チェンラン)です。
同じ木の別の枝にコアラのように貼り付いて寝ています。

木の上で寝ている青青と成蘭


パンダが寝ているので、近くの太陽産室母子園に移動します。珍しく、双子が地上にいました。韻文(ユィンウェン)と韻武(ユィンウー)です。

韻文と韻武


やがて、1頭が庭の大木を登っていきました。片割れも後を追います。

大木に登っていく子パンダたち


1本咥えて行ったみたいですね、こちらが弟の韻武の方かな。

木の上でタケノコかみかみする子パンダ


赤ちゃんパンダが小さいうちは毎年この木は登れないようにカバーされていたのですが、今年はカバーがないので、どんどん上に行ってしまい、帰宅の説得をするのが毎日大変そうです。ママの娅韵(ヤーユィン)は食事に専念しているようです。



太陽産室幼稚園の庭に行ってみると、こちらのちびたちも木の上でした。艾伦(アイルン)、艾米(アイミ)の双子です。

木に成っている艾伦艾米


亜成年園に移動しました。喜蘭(シーラン)が木の上にいるのを初めて見た気がします。
大人になっても、木に登るパンダもいますが、あまり多くはありません。

木の上にいる喜蘭


しばらく見ていたら、木から下りて、隣との壁際を行ったり来たりウロウロしていました。前に来た時もこの行動を繰り返していました。日課なのか、ストレスによる常同行動なのか、ちょっと気になります。

黙々と行ったり来たりする喜蘭


亜成年園、成年園をぐるっと一周、大人パンダたちを見て周ります。
娅仔(ヤーザイ、2006年生、雌)、パンダらしいポーズで食事しています。

食事中の娅仔


こちらもある意味ではパンダらしい食事スタイル。成功(チェンゴン、2000年生、雌)、足の後ろ側に白い毛が多く、顔を見なくても誰か特定できるパンダです。

食事中の成功


夕方になってくると、パンダは寝ていたり、たまたま起きて食事中だったり、いろいろです。幼年園に戻ってくると、2班は全員が木の上にいました。と言っても、Y字に見えるのは偽モノの木です。偽木に妮可(ニコ)、妮娜(ニーナ)の双子、左の木には、晶亮(ジンリャン)と珍喜(ジェンシー)が一緒にいます。よく見られる光景で、この庭をコアラ園と呼ぶ人もいるほどです。

コアラ園のパンダたち


16:30頃小雨が降り出しました。この時間だし、かなり人が少なくなってきました。
よせばいいのに、また2号別荘への坂を上がります。2号別荘の16年組、帰宅時間も近付いてきて、パンダたちも昼寝から起きて遊んでいたりします。

成都パンダ基地2号別荘の16年組


最後にもう1度、月亮産室へも行きましょう。そろそろパンダを回収する時間です。
普段人がたくさんいる、月亮産室と2号別荘の分かれ道辺り、小雨のせいか人が全く見えません。思わず時計を確認し、閉園時間過ぎてないか確認してしまいました。

人の姿が消えた成都パンダ基地


17:10 親子で庭に出ていた、萌萌(モンモン)一家と淼淼(ミャオミャオ)一家はもう帰宅済みでした。その先の大人のパンダたちはまだ庭にいまいたが、そろそろ帰宅時間です。扉の前で扉が開くのを待っているパンダもいます。うーん、美轮(メイルン)なのかな?それとも宝蘭(ばおらん)?

アトランタ帰国子女


少し先へ行くと、どこかから声がします。美奂(メイファン)が溝に寝転がって何か言っています。ここにはお隣との壁に窓のようなものがあり柵で仕切られています。

お隣と話す美奂


隣も覗いてみると、そこには陽浜(ヨンバン/ヨウヒン)がいました。
フーンという感じの大きく長い鳴き声で、美奂に何か語りかけているようです。パンダ同士何を話しているのでしょう。パンダは独り立ちすると単独で生活していますが、野生下においてもたまにパンダ同士で交流を持っているようです。だからこういう交流の窓は必要かも知れないですね。

隣の美奂に話しかけている陽浜


内側に行くと、慶賀(チンフー)一家も室内に帰っていました。ちょうどバックヤードでミルクをもらったちびたちが、ママのいる部屋に戻ってくるところでした。後から入ってきた啓程(チーチェン)がタライに入った水をひっくり返し、タライで遊んでいます。



ここの双子は庭にいる時なかなか見えやすい所にいてくれないので、室内にいる時がじっくり見るチャンスかも知れませんが、この時間は人はほとんど来ないけど、暗くて見にくいです。あまりに人が少なく、通りかかった中国人にあれこれ話しかけられ困ってしまいました。

慶賀一家


17:30を周ったので、そろそろ出口に向かいましょう。太陽産室に立ち寄りますが、パンダはすべて回収済みで、どこの庭にもパンダはいませんでした。子供部屋も使用されていないようです。

帰りがけに幼年園を通ると、まだパンダが外にいました。
成蘭が一人でかわいい顔しながら残飯あさりをしています。17年生まれの中では私のお気に入りです。最愛の七喜(チーシー)の異母弟です。

成蘭


もう誰もいない中、アメリカ人女性2名が一緒にこのかわいい成蘭を見ていました。
この子のパパはアトランタ生まれと教えてあげると、誰なの?というリアクション。美蘭(メイラン)と言ったら、感激して写真を撮りまくっていました。美蘭はアトランタの第一子ですから有名です。

幼年園の扉は1班、2班とも開いていましたが、パンダたちを呼んではいません。室内展示場も使われていないようです。夜、自由帰宅にさせているのでしょうか?もう閉園時間なので、真相を確かめることはできませんでした。18:00になったので、帰りましょう。

18:20 ホテルの部屋に戻りました。今日はあまりに行ったり来たりし過ぎて、3万歩超え、疲れ過ぎてもう1歩も歩きたくありません。数日滞在するのに欲張り過ぎました。反省です・・・。

次回は成都パンダ基地3日目をレポートします♪
(内モンゴル自治区オルドスからの更新でした)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR