FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(2日目②)

2019/4/10 (3日目) 続き

9:15 月亮産室を一周、萌萌(モンモン)親子の庭に戻って来ました。先ほど寝ていた萌萌、萌四(本名は萌宝、モンバオ)と遊んでいます。萌五は木の上で寝ていて、庭にいる間ほとんど下りてこず、ママの相手をするのは専ら萌四の役割となっています。

萌四の稽古をする萌萌


2つ先の淼淼(ミャオミャオ)の所へ行くと、こちらも親子仲良くじゃれていました。先ほど見当たらなかった、実の息子の金玉(ジンユウ)です。ここには潤九(ルンジュウ)という子(親友の娘)も預かって一緒に世話しているはずですが、今日は見当たりません。

淼淼と金玉


さらに2つ先の庭、いつも木の上にいる昭美(ザオメイ)が地面で食事しているではありませんか。それも通路に向かって正面向いています。ついに正面から顔をじっくり見ることができました。

タケノコ食べる昭美


野生パンダとして生まれ、5年ほど前、3~4歳の頃に痩せて泥だらけで発見されたパンダです。野生出身だけあって、基地で暮らす他のパンダたちと顔つきが違いますね。最近ようやく飼育パンダとしての生活に慣れてきたようで、以前食べなかったタケノコもおいしそうに食べています。



昭美は何本か食べた後、一本咥えて、いつもの木の上に戻っていきました。
通常、月亮産室は反時計回りに周りますが、混んでなければ行ったり来たり、戻ったりもできます。淼淼は眠いようですが、金玉がママに登って遊んでいます。鏡餅ごっこでしょうか。

淼淼親子


萌萌はまた池に戻っていました。今度は池の中に入って休憩しているようです。
とても丸っこい顔で、体もぽっちゃり丸々としていてとても人気があります。
上野動物園のシンシンの妹です。

水浴び萌萌


そんなママの周りをウロウロする萌四、萌五は相変わらず木の上、これがこの庭の日常風景です。



9:30 月亮産室を出て、2号別荘に再び立ち寄ります。16年組、うん、全員寝ています。朝食後のお昼寝は当分起きないでしょうね。

2号別荘16年組


2号別荘には4つの庭がありますが、内側2つは野生出身のパンダが住んでいます。
家園(ジアユェン)の庭は鬱蒼としていてパンダがいても見るのは難しそうです。前回来た時背中が見えただけです。家園は近年保護されたパンダです。
そして、成都パンダ基地でも見るのが極めて難しいとパンダファンの間でも有名な龍龍(ロンロン)、最近目撃情報が聞かれるようになったので、しばらく粘ってみましたが、やはり外に出てきませんでした。

今日はまだ1号別荘に行ってなかったので、体力のあるうちに1号別荘まで坂道を上ります。昨日まで奇福(チーフー)が使っていた庭、ローテーションで交代になり、16年組5頭が出ていました。成実(チェンスー)と園月(ユェンユェ)が木の奪い合いをしていて観客が大勢います。1号別荘は基地の一番奥にあるので、こんなに人がいるのは珍しいです。

成都パンダ基地1号別荘


今回の成都パンダ基地滞在では、いる間にどうしても一度は龍龍を見たい、そう思い、またまた2号別荘へ寄りますが。龍龍は出てきてくれる気配がありません。
諦めて16年組の庭を通りかかると、福順(フースン)が珍しくテンション高く、水に入っていました。

水に入る福順


さらに、水から上がって、木に登ると、細い枝を揺らして遊んでいます。枝さん、気丈に耐えています。パンダの庭に植えられた木の寿命は短いです。



先ほど1号別荘の16年組の隣にまだパンダが出てなかったので、そこは誰が出るのか気になっていた私は再び坂を上がります。我ながらすごい根性です。行ってみたら、そこには園園(ユェンユェン、2003年生、雌)が食事中でした。

園園


室内展示場は何か改修作業が始まるみたい?とすると、最愛の七喜(チーシー)のママ奇福に今日は会えないようです。

10:55 今日何度目?の2号別荘へ立ち寄ると、ちょうどパンダキッチンの車が到着しました。出来立てパンダケーキが配達されたのだと思います。パンダ釣りやるかな?しばらく待機しましたが、始まる気配がありません。最近はパンダ釣りやってないのかなぁ。

2号別荘16年組


11:30 2号別荘を去り、太陽産室へと向かいます。
幼稚園と呼ばれる庭から時計回りに周ります。幼稚園の庭は今日は艾莉(アイリ)一家が出ていました。この時間はパンダたちのお昼寝タイム、艾伦(アイルン)も木の上で寝ています。双子兄弟の艾米(アイミ)はかなり遠い木の上でほとんど見えません。

艾伦


太陽産室の大人パンダたちは朝一は出ていなかったし、昨日はもう帰宅済みだったので、今回初めて会えます。第二活動場、ネームプレートは成績(チェンジー、2000年生、雌)です。

成績


太陽産室には全部で7つの庭があり、内側の5つ第二~第六は、繁殖に参加していると思われる大人パンダたちがそれぞれ1頭ずつ使っています。通路から遠い所にパンダがいることもあり、こんな感じです。左の阿宝(アーバオ、2007年生、雄)は陝西省の野生出身パンダ、お隣の雌が気になるようで、仕切りに歩き回っています。

太陽産室の庭


今はパンダの発情期ですね。個々で時期にブレはあり、雌の発情期はとても短いです。発情すると頃合いを見計らって、産室内にあるお見合い部屋のような所で、ここに住む候補のお相手と引き合わせられます。今年は阿宝の子が生まれるかも知れませんね。

7つ目の庭は母子園です。娅韵(ヤーユィン)とその双子が暮らしていますが、今日はちびたちの姿が見えません。木の上を注意深く探してみましたがいないようです。ママは滑り台の上の通路で寝ています。手前にあった柵は奇福が食べてくれたので、観客が見やすくなりました。

滑り台の上で寝る娅韵


次は亜成年園へと向かいます。B区から周ります。喜蘭(シーラン、2008年生、雄)が寝ています。兄の美蘭が繁殖に大貢献しているせいで、弟に機会が巡ってこないのか、このシーズンに産室に呼ばれないみたいですね。

喜蘭


亜成年園B区からA区、そして成年園と周ります。それぞれ庭が4つずつありますが、見学通路からほとんど見えない庭もあります。そしてこの時間ほとんどのパンダが寝ていました。成年園の端は庭の施工中です看板が出ていてパンダがいませんが、観客がいっぱいいました。ここはいつも孔雀がいます。孔雀は自分の家と思っているようです。なかなか立派な羽をお持ちなので、見物人も多く集まるのです。

孔雀センパイ


幼年園に戻ってきました。幼年園でもパンダたちは皆好きな場所で寝ています。
まだ今年の子たちのネームプレートが出来ていないのか、プレート入れは空のままです。
この庭では1歳のパンダたちがかなり木の高い所にいることもあるので、ちゃんと上も見ましょうね。

幼年園高い木の上にいるパンダたち


次回も続きをレポートします♪
(成都からの更新でした)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR