FC2ブログ

モロッコ・カスバ街道~ワルザザード

2011/02/19 (4日目) 続き

Photo Stopがあると、よく子供がよってくる。物売りじゃない。せがむのはアメ。
写真を撮らせてもらったとき、習慣がないところでむやみに現金を渡すのはどうかと思うので、カバンやポケットにアメをしのばせておくと便利。

モロッコの子供たち


15:40 ブマレンダデスにてPhoto Stop。
この近くには、峡谷があってその景観は素晴らしいらしい。いつか脇道にそれられるゆとりある旅ができれば・・・。

ブマレンダデス


バスはカスバ街道を西に進み、ダデス谷の村々を通る。名前の通り、カスバが点在する。カスバとは日本語に直すなら、城塞。カスバの四隅にあるのは見張り台で、内側には中庭があるのだそう。

カスバ

畑


16:25 WC STOP&バラ製品ショッピング
ここはバラ栽培で有名なところ。ガイドのヒシャムさんは早速お店で助っ人。

バラ製品のお店


30分の休憩ですが、ショッピングに興味がなかったので、近くの農家周辺をお散歩。この畑の生け垣のようになっているのが、ここで栽培が盛んなダマスカスローズ。花のシーズンにはバラ祭りで大勢の観光客が訪れるそう。ブルガリアのように広大なバラ畑があるわけじゃなさそうですが。

ダマスカスローズ


こちらは農家にしては立派な家。ここのおじさんがでてきて、執拗に何かに誘われる。何語か識別すらできないのでコミュニケーションはムリ。諦めが悪くずっとついてくるんですが、、、お茶にでも招待したかったんでしょうか。でも時間もないですし、無理だったのごめんね。

民家


アーモンドの花、まじかで見るとほんとうにかわいくてキレイ。
ひとりお花見を楽しむ♪

アーモンドの花


再びバスで西のワルザザードを目指す。車窓は何もない茶色の大地が続く。何もない、がどうも好きらしい。ときどきあるオアシスやカスバ、道沿いのアーモンドがまたなんとも言えない調和を見せる。しばらくはモロッコにもう来ないかもしれない。しっかりと景色を目に焼き付けておこう。

カスバ街道の風景


18:05 ワルザザードのホテル着
パルムレ(PALMERAIE)。前回と違ってまだ明るいうちにホテルへ到着。広い敷地にアパートのような平屋の客室が並び、部屋を探すのは最初は大変。プールに面したレストランを中心に位置関係を掴む。外の雰囲気と違い、部屋は狭くて、鍵がやたらと固い。ロビーでのみWi-Fiが使える。

パルムレの中庭


19:30 DNR@HTL
夕食はビュッフェ形式。シーフードのみチョイスして、白のフルボトルを注文150DH。
体調も問題ないし、すっかりいい気分で部屋に戻る。今日はお湯が出た!今回の旅行ではじめて・・・。アルコールのせいか、睡魔に襲われたのでいつになく早めに就寝。

しかし、夜中にこの旅で2つ目のプチトラブルでピンチに!
なぜか胸騒ぎがして、がばっと起きる。一目で異変に気付く。なんと、部屋が水浸し!!
何が起きたかわからず、あわててバスルームをチェック、まず水が汚水の類でないことを認識。バスルームは全面水に浸かっていたのでどこが水漏れの原因個所かつきとめられない。

一瞬でパニックになり、電話をとってフロントに電話しようとするが、電話に内線番号リストがない。いや、待て、この格好で夜中に人を呼んでいいのか?一応女性一人なんだし。深呼吸してよく考える。着替えるのも変だし、かといってこのまま人を呼ぶわけにも・・・。いやいやとにかく急がないと、どんどん水が増えている!

ひとまず落ち着いてもう一度状況を確認。どうやら、トイレの周辺の配管あたりから水が漏れているらしい。なんだ私の落ち度じゃないぞ。周辺にあった4つの栓を自分でいじる。
するとどうやら増水が止まったよう。ほっと胸をなでおろす。

荷物を高いところにおいておいたので、被害は少なかったけど、暖房をあげて部屋をかわかす。心配でその後は寝られたものじゃなかったけど、水浸しだった部屋は朝には水たまりサイズになっていた。まぁ、このランクのHTLにトラブルはつきもの。平屋じゃなかったら下階にも水がいって大騒ぎになるところだった。・・・こうして、ひとり静かにピンチを切り抜けました。

早朝、ロビーまで行って何事もなかったようにブログの更新なんかしたりして。
朝焼けの空がめちゃくちゃ美しかったんですが、カメラの電池充電中だったので、写真に残せず。強烈な印象の残ったホテルパルムレでの滞在でした。

パルムレのフロント


次回はアイトベンハッドゥなどをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

何もない風景いいですね~。
もともとある、大地と木と空と、土や石の建物の
美しさも。それからアーモンドの花って桜みたいです。

ちょっとした?ハプニングも、ある方が楽しく・・・、
アメはせっかくの良い歯(多分)に良くないかもです。

Re: No title

何もないとこは本当になにもなかったんですよ。大地に、一本道だけ。
でも、不思議と睡魔に襲われなかったんですよね。

ハプニングも、大事に至らなければ、むしろあった方が記憶に残るし
いい思い出ですよね!この後もうひとつハプニングがあるんですが
そっちはあまり良い思い出じゃないですが・・・

キャラメーラ!!

こんばんは。
モロッコの子供達も甘い飴の魅力に取り込まれてしまいましたか?!
エチオピアでもそうでした、キャラメーラ!キャラメーラ!と大声で駆け寄って来ます、車に。運転手の話だと、「フランス人旅行者がキャラメルをばらまくからこうなった」と云う事でした!
カリフォルニアでも大量にアーモンドが生産されてますが、お花は桃の花に近いですね。春になると一面ピンク色になって、それは見事です。
水浸しのお部屋、大事に至らなくて良かったですね!

Re: キャラメーラ!!

こんばんは!
彼らはボンボンとかキャンディとか言うので、たぶんお菓子ならなんでもいいんでしょうね。
フランス領だったし、やっぱりフランス人旅行者がばらまいたんだとおもいます。

カリフォルニアにもアーモンドがあるんですか。見てみたいなぁ・・・。最近はアメリカに行く機会がないですが、そろそろいってみようかな。

水浸しは、気付かずそのまま寝ていたらどういうことになっていたかと思うとちょっと怖いです。
音もなく水出てたから、何かイヤな予感がして起きたのは不幸中の幸いでした♪

No title

水浸し・・・大変だったけど 終わり良ければ ですね。
でも 設備がイマイチなんですね。(笑)
欧米の有名ドコロなら訴訟問題かも。
子供たちに 私もせがまれましたよ。
「マダーム、キャンディ・・・」と寄ってきますね。
バラのつぼみを 手渡してくれました。 つぼみなのに
あまりの香りの良さに卒倒しそうでした。
さすがバラ水や香料を作るバラだ!と。

Re: No title

翌朝、朝食のときに聞いた話では、チェックインして部屋に入った時点で部屋の外まで
水漏れしていた部屋があったとか。修理を拒否して部屋を変えてもらったらしいですが。

バラのつぼみをもらったんですかー。そういうシーズンに行くのもよさそうですよね。
次行くときはその頃にしようかな。(まだ行くの?って感じでしょうか・・・)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

こんにちは!コメントありがとうございます♪

ブログ結構しんどいな、と思うときこんなコメント頂くと頑張ろうって気になれます☆
これからもよろしくお願いしますね♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR