FC2ブログ

レディアンス・オブ・ザ・シーズ乗船

2019/3/15 (2日目) 続き

13:10 レディアンス・オブ・ザ・シーズに乗船です。入ったそこは、船の中央セントラム、吹き抜けになっています。夕食はテーブル指定なので、17:20に集合、それまではフリータイムです。と言っても、船の旅は添乗員付きパッケージツアーでもほとんどがフリータイム、滅多に同じツアーの人と顔を合わせることがないばかりか、下船まで合わない人もいたりするのが普通です。

レディアンス・オブ・ザ・シーズのセントラム


既に部屋の準備ができているというので、手荷物も邪魔だし早速部屋に向かいます。数回のクルーズでバルコニー付きに飽きたので、今回も一番安い内側船室です。
15㎡あるので、ちょっと広めの印象です。このベッドはツインにすることもできるので、13㎡くらいの場合は離した方が部屋が広く使えます。

レディアンス・オブ・ザ・シーズ内側船室


ベッドの前に部屋を仕切れるカーテンがあるのはいいですね。そして、寝転がれるほどのソファもあります。狭い船室の船だと、こうしたソファはないこともあります。

レディアンス・オブ・ザ・シーズ内側船室


冷蔵庫は空です。ミニバーになっている船も多いですが、あまり売れない割に管理が面倒でしょうから、空の方がいいですね。

レディアンス・オブ・ザ・シーズ冷蔵庫


テーブル周りにも細かな収納がたくさんあります。化粧品だとか小物を置くのに便利そうです。TVの上の戸棚にはセーフティボックスがあります。クルーズ中はクルーズカードだけ持ち歩けばいいので、パスポートやお財布などは基本このセーフティボックスに入れておきます。

レディアンス・オブ・ザ・シーズ収納


コンセントは、Aタイプのままさせる口や、Cタイプのものと、多めにあります。
テーブルの上には、寄港地でのオプショナルツアーの案内や、乗船日の案内が置いてあります。こうした情報をもとに船内生活をすることになります。添乗員付きツアーの場合は、抜粋した日本語情報を後から添乗員さんが配布してくれます。

レディアンス・オブ・ザ・シーズの電源と案内


クローゼットは十分な収納力があり、ハンガーも使いやすいものでした。念のため、針金ハンガーをいくつか持ってきてます。ハシゴがあったので気付きましたが、この部屋は3人部屋対応の部屋で、天井にもう1台のベッドが収納されていました。

レディアンス・オブ・ザ・シーズの船室クローゼット


こちらはバスルームです。鏡があって撮影が難しく見にくい写真になりました。
唯一残念なのは、シャワーがカーテンのみで仕切られているという点ですかね。気を抜くと水が漏れるので、扉になっているタイプが好きです。それにシャワーブースはちょっと狭いです。

レディアンス・オブ・ザ・シーズのバスルーム


さて、スーツケースは当分来ないと思うので、まずはランチに行きましょう。
乗船日のランチはメインのレストランは開いてないので、ビュッフェに行きます。
廊下に出るとこんな感じ、キャビン番号をちゃんと覚えないといけません。

レディアンス・オブ・ザ・シーズの廊下


11Fにあるビュッフェレストラン、ウィンジャマーへ行きます。マイクルーズルールに、階段を使う、というのがありますので、ぐるぐると階段を上がります。エレベーターを使うとカロリー消費できないし、エレベーター使うより階段の方が早いことも多いです。

レディアンス・オブ・ザ・シーズの階段


しかし、今回は部屋が3Fだったので、11Fまで上がるのはさすがに疲れました。今回に限り、部屋から直接11F以上に行くときはエレベーターを使ってもいいというルールに早速変更です。

レストランの入口には巨大なケーキ、畳一畳分くらい?既に右の方はカットされていて、どうぞーって声をかけられましたが、後でねー、と写真だけ撮ります。

レディアンス・オブ・ザ・シーズの歓迎ケーキ


乗船当日は食事できる場所が限られているためか混んでいたので、船尾のデッキの方まで行って壁際のブース席をお気に入り場所に登録しました。穴場です。

レディアンス・オブ・ザ・シーズの後方デッキのブース


さっそくハンバーガーだのピザだのを持ってきます。これぞクルーズ飯といった感じですね。夜はコースで食べるので、昼はこんな感じがいいのです。そして、クルーズ船のハンバーガーというのは自分であれこれ調整でき、結構おいしいのです。

レディアンス・オブ・ザ・シーズのビュッフェランチ


何をどれだけ食べても、有料レストラン以外はすべて料金込みです。飲物は、アルコール類はもちろん有料、コーラとかも有料ですが、レモネード、アイスティなど無料の飲物もあります。さっそく先ほどのケーキも少しもらってきました。そして、クルーズ船と言えば、ソフトクリーム。他のスイーツに少しだけ盛ります。自分で盛れるので量を調節できます。

レディアンス・オブ・ザ・シーズのデザート


まだまだ荷物は来ないと思うので、食後はさっそく船内探検を始めましょうか。
あら、乗船の際には雨が降り出していたのに、また晴れてきました。やっときれいなオペラハウスが見れましたよ!

シドニー停泊中のレディアンス・オブ・ザ・シーズから見たオペラハウス


次回は船内探検をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

クルーズいろいろ質問です(笑)

まず、バルコニー付きに飽きたって、どう飽きるんでしょうか?
クルーズデビューは絶対バルコニー付き、可能であればミニスイート以上と思っているので、飽きる要因が知りたいです。
見てても海だけだから・・かな?

マイクルーズルールに階段を使う、これ大賛成なんですけど、そもそもクルーズ船の1階当たりの高さはマンション程度ですよね?
商業ビルみたいに高さがあると結構大変そうな気がしますが、3階から11階は私もOKすると思いますけど、商業ビル並みだったら5階差が限度かな。

壁際のブース席をお気に入り場所に登録、これ登録制度があるんですか?
チロルの山岳リゾートホテルのように部屋ごとに座席指定されるものの、最初に早いもの勝ちで席を選べるとか?

日本からの海外大型船クルーズって、ほとんど添乗員付きツアーだと思うんですが(その影響で今月狙っていたクルーズの部屋が取れずに挫けました。直接予約受付てないので代理店経由でってことだったんですけど、何社か問い合わせたものの該当の部屋が卸されていなかった・・)、ほとんど出番が無いのに添乗員付きって、何か理由があるんですかね?
客層が海外旅行初心者ばかりというわけでもないでしょうから、ちょっと不思議です。
個人的には、ayaさんの今までのレポートを見て、クルーズ船だけ予約して個人旅行で行きたいと思っているのですが、何か問題になりそうなことがあれば教えてください。

Re: クルーズいろいろ質問です(笑)

初めてのクルーズならぜひバルコニー付きオススメです!
海を見ながらのんびりするという優雅な時間を堪能する、でも、そう長くは続かないのです(笑)優雅な時間と言うのは、慣れたら優雅に感じなくなる、そういう事です。終日航海日がないとか、寒い海域や寒いシーズンはあまりオススメしません。
もちろんお金に余裕があるならいつもバルコニー以上でもいいと思いますが、差額を考えると、そのうちもういいや、という事になります(笑)

3階から11階程度ならRさんなら楽勝と思います。私は年々体が重くなってきているのでちょっと途中で息が上がります(笑)

ビュッフェレストランやバー、ラウンジなどの席は早い者勝ちです。朝食時や昼時はそもそも空いている席を探すだけでも大変だったりします。先に席を確保した方がいいので、何か目印になるものを持っていくといいですね。私が気に入った席は、外でフード類がある場所から遠かったので、穴場でした。空いてたらそこを取るみたいな感じで私はカトラリーセットと持参のタンブラーを置きます。

日本からの海外クルーズは、日数が多くなることもあり、シニア層が圧倒的に多いので、添乗員付きなんだと思います。船によっては日本人クルーが乗っていることもありますが、乗ってない船も多いですし、英語できない方は添乗員がいたら安心でしょうね。飛行機の乗継や、前後泊のこともあるし、港への移動も個人で不慣れだと大変かも?

後は、夕食が指定席の場合、添乗員付きツアーなら言葉の不安ないですが、個人で取ったら、どの国の誰と一緒のテーブルになるか分かりませんから(船によっては近くの国同士でくっつける)、それが不安という方もいます。フリーシーティングならたとえ言葉の通じない人たちと一緒でもその日一日ですが、テーブル指定の場合は毎日同じなので、それは無理っていう人が多いようです。

Rさんならクルーズ船だけ予約して個人で行って全く問題ないと思いますよ。
しかし、大手旅行会社は場合によってトータルで安い場合もあるので、安ければツアーで行って、後は単独行動でも問題ありません。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR