FC2ブログ

ギリシャ・デルフィ博物館

2018/12/09 (4日目) 続き

8:50 デルフィ博物館前でバスを下ります。デルフィの町の東の端から300mくらいの場所です。どこからともなく、犬が2匹出てきました。

デルフィ博物館前


博物館前でしばし現地ガイドさんを待ちます。猫ちゃんたちも集まってきました。添乗員さんが夕べのチキンの残りをあげると、みな嬉しそうに食べています。犬は自分に直接くれるのをじっと待っています。

デルフィ博物館周辺の犬猫たち


猫たちは我先にもらおうとアピールが凄いです。立ち上がっての催促、かわいいですね。冬季は観光客が少ないので、あまり餌に恵まれないのかも知れません。キャットフードではなく、お肉を持ってきてくれたので、久々のご馳走なのか夢中です。

ちょうだいアピールすごい猫たち


ガイドさんが来たので、またね、と立ち去ります。満足そうな猫ちゃんです。

満足気なねこちゃん


遺跡見学の前に博物館を見学します。遺跡からの発掘品はこちらの博物館に展示されています。デルフィで一人だけというJSG(日本語ガイド)が来てくれました。

デルフィ博物館


朝一なので貸し切り状態です。

デルフィ博物館館内


こちらこの後、見学するデルフィ遺跡のかつての姿です。デルフィは古代ギリシャの都市国家として栄え、神託が下される世界の中心でした。山の斜面にアポロン神殿を中心として数々の建物が建てられたのが分かります。後の部屋にジオラマ模型もありました。

古代デルフィの絵


展示品、想像上の動物のようなアート作品にしか見えないものもあります。紀元前7世紀のものです。

奇妙な彫刻


こちらはナクソス人のスフィンクス、遺跡の中央付近にあったようです。

ナクソス人のスフィンクス


宝庫の破風の彫刻です。遺跡には宝庫がいくつもありますが、建物がしっかり残っているものはほとんどありません。

宝庫の彫刻


こちらはアポロンの像、黄金の装飾品が残っています。顔などは象牙でできていたため、焼けて黒くなってしまったそうです。右はアルテミス像です。

アポロン像


古代ギリシャ語が刻まれた石、ギリシャ文字は変わっていないので、今でも普通のギリシャ人がある程度は読めるらしいです。

ギリシャ文字


アポロンの盃、絵付けが繊細です。カラスが描かれています。ギリシャ神話によると、カラスは元々白い鳥で、アポロンに仕えていたようですが、怒りをかい黒くなったと言われています。お墓から発掘された紀元前480~470年頃のものです。

アポロンの盃


後半はこれぞギリシャ彫刻といった感じの像などがたくさん展示されています。こちらの大きな彫刻は踊る少女たちの像、そして右手前の石は、世界のへそと言われたデルフィのへその石です。

へその石


たくさんの彫刻がありますが、こちらはハドリアヌス帝の寵愛を受けたという美少年、アンティノウスの像です。紀元前とは思えない作品です。1894年の発掘時の写真なども展示されていて、発掘を想像することができます。

美少年の像


最後は青銅の御者の像です。4頭立ての戦車に乗った像でしたが、馬と馬車は馬の脚など部分的にしか発見されなかったようです。

御者の像


目が悪いと見えませんが、よーく目を凝らして見ると、まつげもあり、瞳も本物っぽくて怖いくらいの出来上がりです。

下まつげもある


次回はデルフィ遺跡アポロンの聖域をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ちょっと待って。

アメリカの国立公園で
『君たち!! 肥満・高血圧・コレステロールに悩みたくなかった、決して人間から食べ物をもらってはいけないよ。』
という、看板を見ました。
日光猿のように、凶悪化しませんように。

Re: ちょっと待って。

私も最初、いいのかなーと思いましたが、こうして度々訪れる現地のガイドさんや添乗員さんたちが
飼ってるようなものみたいです。ちゃんとしつけされているのか(猫は無理でしょうが)、飼い犬のように
ちゃんと待ってますし、ギリシャ全体こんな感じでした。
添乗員さんも現地ガイドさんと家族ぐるみの付き合いあるので、ローカルルールを分かっているようです。
アメリカは、、、、ポテトチップスとかあげちゃいそうですから、犬猫にも注意喚起が必要かも~
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR