FC2ブログ

成田~中国・厦門

今回から秋のパンダ巡り旅のレポートスタートです。

1人ぼっちの個人旅行で、厦門、成都、都江堰、杭州のパンダたちを訪ねて周りました。
9日間で、費用は30,000マイル(UA)+60,000円(空港税、ホテル代、入園料、食費、交通費など)です。

GWの反省から、今回は事前に中国元を両替していくことにしました。日本の銀行などで両替するとレートが悪いので、宅配外貨両替のマネーバンクを利用、ここは7万円以上から取り扱いですが、中国の銀行並みのレートです。

2018/10/16 (1日目)

7:50 成田空港にてチェックインします。平落ちしているUAのマイレージから発券した特典航空券ですが、TKゴールドのマイレージ情報を入れてもらって、優先カウンターやセキュリティのGOLDトラック、ラウンジもいつも通り使用させてもらいます。

8:00 出国したらいつも通りANAラウンジへ直行です。9:00過ぎると混み出します。

成田空港ANAラウンジ


家を出るのが朝早かったので、ANAラウンジで朝食です。朝からカレー食べることは普段の生活では一切ありませんが、旅立ちには欠かせません。

ANAラウンジのフード類


10:10 NH-935便、成田発厦門行きでまず厦門まで行きます。ANA便ですが、中国人が多く、またビジネスマンらしき日本人も含めて、皆手に手に大量のお土産(多くは白い恋人)を持っています。
機材は、A320、座席配列はABC-HJKの3-3配列、USBポートあり、電源はシート下。フライト時間は3:50です。

ANA機材成田発厦門行き


機内食は2択、牛すき焼き丼かシーフードトマト煮、すき焼き丼を選びました。ハーゲンダッツバニラが同時に配られたので、食べる頃にはやわらかくなります。トレイを下げるタイミングやドリンク持ってくるのもスピーディです。入国書類は中程で配られます。

ANA成田→厦門の機内食


13:35 厦門到着です。ゲートに着いてから、なかなかドアが開かないと思っていたら、病人の確認をするまで誰も降ろせないから席に戻るよう言われます。確認後に飛行機を降りると、運悪く、他の到着便の列が先にできてしまっていました。入国に30分並びます。指紋と写真を撮られます。その後の税関のX線がまた長蛇の列です。

14:30 外に出たらタクシー乗り場でタクシーに乗り、準備していた「灵玲动物王国」と書いたメモを見せます。何かいろいろ言われますがが分からないとつっぱねるしかありません。厦門は乗継なのですが、私のお気に入りのパンダがこの動物王国にいるので、顔を見に行くのです。

厦門空港タクシー乗り場


天気のせいでしょうか、視界がすごく悪いのですが、大きな橋を渡り始めたので、方角は合っているとひとまずほっとします。

厦門


14:45 無事に目的地に到着しました。おそらく運転手さんは、サーカスのこと?と聞きたかったのだと合点がいきました。ここはサーカスにミニ動物園が併設された施設なのです。メーターは35.8元だったので、40元出してお釣りはいいと言いタクシーを降ります。チケット売り場で入園料100元(約1700円)のチケットを購入します。ちなみにサーカス込だと220元~です。

灵玲動物王国チケット売り場


さっそく入園します。入り口からして、サーカス押しです。地元ではサーカスで通じる場所であり、動物王国言われても?なのだろうと理解しました。平日なので、人はまばらです。

灵玲動物王国正門


入口近くの園内地図置き場にはマップが品切れ、目当てのパンダ館の位置だけだいたい頭に入れて先を急ぎます。特に寄り道しませんが、インコ?が目に入ります。

通り路にインコ


次に目に入ったのは、ミニブタ。触れ合い動物園的な感じでしょうかね、距離が近いです。

ミニブタ


ミニ動物園と言いましたが、そこそこ大きいのもいます。熊です。
とりあえず早くお気に入りのパンダに辿り着かなくてはいけないので、足を止めることはしません。

熊


そしてカンガルー。跳ねまわっていますが、脱走しないのかな?と思うほど柵が低いです。

カンガルー


敷地の中央付近、やっとパンダ館に辿り着きました。後ろに建っている建物はホテルです。

灵玲動物王国パンダ館


この動物王国の開園時間は10:00~17:30ですが、パンダ館は16:30までとなっています。こうした情報は日本から探しにくいので、要注意ですよね。パンダは日本でもそうですが、入園時間内だからと必ず会えるものでもなく、展示の時間がこのように短めに設定されている事も少なくありません。ともあれ、まだ1時間半はあるので、ひとまずほっとします。

パンダ館入口の立て看板


中へ入ります。ここには、私のお気に入りの思念(すーにぇん)と双子弟の思筠筠(すーゆんゆん)の2頭が暮らしています。双子だし、つい最近まで一緒に暮らしていましたが、喧嘩が増えたということで、それぞれ独り暮らしすることになりました。この施設はパンダ飼育の経験が初めてなので、安全を考慮してなのでしょう。一緒に育った仲間たちは成都でまだ集団生活をしています。

最初の部屋にパンダ発見!室内にしては広め、パンダはお尻を向けて寝ています。
お気に入りのパンダであってもこれでは双子のどっちか分かりません・・・。
そもそもこの写真だとパンダどこだか分かりませんよね。

パンダ館の室内展示場


次回は厦門灵玲动物王国パンダ館を詳しくレポートの予定です♪
(イスタンブール行き機内からの更新でした)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR