FC2ブログ

カンボジア・ベンメリア遺跡①

2018/04/08 (5日目) 続き

9:25 ベンメリア遺跡の入口でバスを降ります。周囲の道路は舗装もされておらず、まだ地雷も残るジャングルが広がる地域にこの遺跡はあります。遺跡の入口と言っても、まるで目印のようにこのナーガがぽつんと立っているだけです。

ベンメリア遺跡入口のナーガ


ベンメリア遺跡は、修復されていない遺跡で、アンコール・ワットより早い11世紀末~12世紀建造と推測される巨大なヒンドゥー教寺院の跡です。詳細は分かっていないですが、東のアンコールとも呼ばれています。参道を歩きます。

ベンメリア遺跡南参道


こちらは環濠でしょうね。水はありませんが、乾季の終わりだからでしょうか。
今朝の朝日で予感した通り、雲一つない快晴で、容赦ない日差しです。

ベンメリアの環濠


ナーガの欄干が見えてきました。この遺跡はナーガがきれいに残っている事で有名です。ここを歩いていた時はこれが表参道だと思っていましたが、後で地図を見たら南面なので、南参道でした。この遺跡の正面は他の多くの寺院同様、東です。

ベンメリア南参道


確かに彫刻が美しく、破損が少ないナーガです。最近造ったもののように見えてしまうほどです。

南参道のナーガ


正面からだけでなく横から見ても美しいです。ここのナーガは頭が5つ、口の中の歯まで細かく彫り込まれています。

横から見ても美しいナーガ


遺跡の目の前に到着です。大量の石材がまるで火山噴火の溶岩のような状態で崩れています。思っていた以上の荒廃ぶりです。

ベンメリア遺跡


少し角度を変えて見ます。ここには塔門のようなものがあったのでしょうが、全く原型を留めていません。

ベンメリア遺跡の崩れた塔門


瓦礫の山の横には壁が残っています。おそらく第三回廊でしょう。
大きな木がたくさんありますが、奇跡的にこの一帯は原型を留めているようです。

ベンメリア遺跡第三回廊南面


中へ入る前に、南東の角まで来ました。角の部分にはまるで一つの小さな祠堂のように見えるものが残っています。外側にもこれだけ石材があるということは、まず回廊はもっと高くて厚みがあったということでしょうね。残っている角も後ろの大きな木に呑み込まれないか心配ですね。

ベンメリア遺跡南東角


残った建造物をよく見るときれいな彫刻が残っています。

ベンメリア遺跡南東角の彫刻


それでは中へ入りましょう。この遺跡は修復されていない廃墟状態のため、中を自由に歩き回ることはできません。見学用には木道が整備されています。遺跡保存のためより、安全のためという意味が強いでしょう。

ベンメリア遺跡見学路入口


階段を上がると、第三回廊を跨ぎます。進行方向右手、先に見える木の所が、先ほどの南東の角になります。

ベンメリア遺跡第三回廊跡


右前方には崩壊した経蔵があります。修復していないとはいえ、地雷撤去などと共に多少は木を抜いたりしたのでしょうね。

ベンメリア遺跡南東の経蔵


そしてこちらが木道入口近く左手、ここは第三回廊と第二回廊の間に造られた十字回廊の外側と見られますが、遺跡の中で一番保存状態がいい場所かも知れません。

ベンメリア遺跡見学路入口付近


次回もベンメリア遺跡の続きをレポートします♪
(イスタンブール行き機内からの更新でした)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

ただでさえ
ジャングルは物騒にかんじるのに
地雷もあるんですか(苦笑)

遺跡は修復しないんですね
そのほうが自然でいいかもですが

Re: No title

こんにちは!

この辺りはまだ地雷残ってるみたいですね。ガイドさんの話も
メモ取れないような内容でした。

遺跡はこのままの方がいいですが、いつかは発掘とか、修復するのか
そのまま手付かずにするのか、後世の人がどうするか知りたいものです~
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR