FC2ブログ

カンボジア・アンコールワット~ベンメリア

2018/04/07 (4日目) 続き

17:10 アンコール・ワット敷地内の南にある寺院近くのトイレに立ち寄ります。脇で飲物を売っている人がいますが、ビールもジュースも何でも1ドルと良心的です。トイレ前のベンチに座って休んでいると、気付いたら猫が隣で寝てました。平和な光景です。

アンコール・ワットのトイレ前で寝ていた猫


トイレ休憩が終わったら西へと戻っていきますが、帰り道にはサルがいっぱいいます。けれど日本を含めアジア各地の観光地にいるサルのように凶暴ではありません。人懐こくはありますが、襲ってきたり、何か奪おうとするような様子はありません。

アンコール・ワット敷地内にはサルがいっぱい


一匹のサルは私の足に抱きついてきました。普段であれば、ぎゃーと逃げ回る所ですが、ここのサルはとても可愛らしく、ビビリの私も不思議と逃げ出す気が起きませんでした。小さな赤ちゃん連れのサルもいます。

赤ちゃんつれたサルも


象の門から出て、来る時渡った浮橋を渡ります。今日は、少し風もあり、天気も良過ぎず、一日観光日和でした。それでも皆かなり疲れ切っている様子です。シェムリアップに来て以来、少しずつ観光の人数が減り、ここまで観光して来た皆も結構限界です。今日は大した気温ではありませんでしたが、暑い時期は観光するのも楽ではありません。

アンコール・ワット環濠にかかる浮き橋


環濠を渡った所で、行きに置いて行った方をピックアップします。2時間以上待っているのも辛かったでしょうね。また来れるといいですね、そう声をかけます。実際、最初のアンコール訪問で途中で観光ギブアップして2回目来るという話は少なくないのです。

環濠外から見たアンコール・ワット


駐車場に行くまでの道には屋台がさらに増えて活気付いていました。

アンコールワット駐車場までは屋台がたくさん


17:40 駐車場からバスに乗り出発です。
17:50 カンボジアティータイムというお店でショッピングタイムです。日本人経営のお店で、1ドル以下は日本円の小銭でも支払いできます。小奇麗ですが、やはりお値段高めの設定です。

カンボジアティータイム店内


18:05 夕食のレストランへと移動です。
18:20 トロピカルレストランでクメール鍋の夕食です。すぐ食べれる状態にできあがってました。

クメール鍋


具の種類が豊富です。味はあっさりめ、チリソースも合います。しかし、人数が減っているため、途中から好きな具だけ食べても全然食べきれません。最後はおじやを作ってくれます。

あっさり味のクメール鍋


19:15 レストランを出てホテルへ戻ります。途中で、マッサージを申し込んだ人をお店に送り届けます。シェムリアップの町は夜はカラフルにライトアップされます。ここは川です。

夜のシェムリアップ


19:55 ホテル到着です。疲れたので、早めに休みます。


2018/04/08 (5日目)

6:00 アラームで起きます。ちょうど朝日が昇る時間でした。カーテンを開けると、きれいな朝日が見えました。昨日は大雨でしたが、今日ならアンコール・ワット日の出鑑賞はきれいに見えたことでしょう。しかしこういう日は天気が良すぎて、日中の観光はヘトヘトになるはずです。

シェムリアップの朝日


8:00 ホテルをチェックアウトし出発です。チェックアウトは部屋をチェックするので、15分前くらいに行くようにするのが目安です。今日は観光最終日、まずは私が今回一番楽しみにしているベンメリア遺跡へと向かいます。

30分も走ると、道端で何か売っている風景が車窓に見ることができます。竹筒に入ったちまきを売っているそうです。最初は数軒だったのが、今ではすごい数の屋台が並んでいます。

道端でちまき売ってる


その先には町がありました。アジアの田舎の風景です。

シェムリアップの東の町


ですが、果物屋さんの商品の盛り方はとてもきれい。

きれいに盛られたフルーツ


角を曲がるようです。シェムリアップからベンメリアまでは50㎞もあります。まだまだ到着まで時間がかかりそうです。

活気ある町角


9:15 ベンメリアのチケットセンターでトイレ休憩です。無料できれいなトイレがたくさんあります。遺跡自体は森の中で何もないそうです。
9:25 ベンメリア遺跡の入口に到着、バスを降ります。この辺りは未だ地雷の撤去が終わっていないということで、個人で来るのは難しいようです。観光客相手のお店などが少しだけあります。

ベンメリア遺跡入口付近


次回はベンメリア遺跡のレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんわです。

冒頭の猫ちゃん
思わず、盗ってきてって
お頼みしたくなる可愛さですね♪

世界史の教科書でしか知らなかったアンコールワット。
エエもん見させてもらいました。多謝です。

Re: No title

猫ちゃん、特別かわいい猫じゃなかったですが、そうっとやってきて
側で気持ちよさそうな顔して寝てました。性格良さそうな猫ちゃんですよね。

今回もツアーなので、一部しかご紹介できなかったですが、アンコールワットは
巨大な寺院で端から端まで見所でいっぱいです!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR