FC2ブログ

カンボジア・アンコールワット③

2018/04/07 (4日目) 続き

第三回廊を15分かけてじっくり見たので、そろそろ下り口へと向かいましょう。第三回廊は階段も急だし、待ち時間もあるので、行くかどうか悩ましいでしょうが、時間と機会があるならやはり行くことを推奨します。回廊から見えるデバターの数々は、第二回廊までのものと比べてもとても美しいです。

第三回廊で見れるデバター


こちら第三回廊の後半にあった柱の彫刻、これはどう見ても下書き状態?アンコール・ワットでは緻密な彫刻が見れる一方で、未完成と思われるものも各所で見られます。理由は明らかではありませんが、作業漏れとか、予算切れとかではなく、竣工日以降は作業をしなかったのではと想像します。

下書きっぽい彫刻


では階段を降りましょう。ってこれは登った時の数倍怖いです。高所恐怖症でなくても手摺りにしがみ付く人は多いですね。正面向いて降りるのは無理なので、横向きですね。

第三回廊から恐怖の階段を降りる


この階段はまさに天空世界への入口ですね。元の階段を王などが登っていたとはちょっと想像しがたいです。順番待ちの列はここから30分という場所を目安にして並ぶといいでしょう。

第三回廊への階段


さて次は第三回廊への階段付近にある第二回廊の壁に描かれたデバターを鑑賞しましょう。
この辺りのデバターは個性が豊かです。

第二回廊のデバター


回廊の内側の壁、窓のない部分にデバターが数多く見られます。

第二回廊内側


ポーズだけでなく、髪形や衣装もそれぞれ違います。それにしてもモデルとなったと言われる当時の女官たちは本当にこんな格好をしていたのでしょうか?そしてこの髪形は一体どうなっていたんでしょう?どこまでが髪で、どこから髪飾りなのか興味深い所です。

個性豊かなデバター


さて、次は南側から第一回廊まで下ります。
回廊の内側壁面は浮き彫りのレリーフで埋め尽くされています。第一回廊は一周ぐるっとこのような状態で、レリーフのテーマは場所によって違います。

アンコールワット第一回廊


ツアーの場合は、こうしたレリーフを含め、どこをどう見学するかはガイドさん次第です。アンコール・ワットは隅々まで見所満載で、全部見てたら1日では足りないでしょうから、限られた時間で見て周るには順路も説明する場所も厳選しなくてはなりません。代表する見所からいくつかをピックアップするのがやっとでしょう。ここは南面の東側、天国と地獄のレリーフです。

アンコール・ワットの第一回廊の天国と地獄のレリーフ


この辺りは天井も要チェック。花状紋で埋め尽くされています。

アンコール・ワット第一回廊の天井


回廊の角を左に曲がり、東面に来ました。こちらは乳海攪拌という有名なレリーフです。ヒンドゥ教版の天地創造といったテーマ、真ん中がヴィシュヌ神、右の神々と左の阿修羅が1000年も大蛇で綱引きをして、乳海が攪拌されて女神を含む創造物が生まれたというものです。

アンコール・ワット第一回廊の乳海攪拌のレリーフ


この近くでも未完成の彫刻を見ることができます。
彫刻上部が下書きのまま、残っているのを見ることができます。

未完成の彫刻


さて、これでアンコール・ワット中心部の見学は終わりだそうです。東側から回廊の外へと出ます。アンコール・ワットは巨大な建築物ですが、裏側にあたる東面の外側もとても複雑に、きちんと造りこまれていることが分かります。

アンコールワット東面


南側を周って、西側へ戻ります。正面と違い、この裏側は人も少なく、アンコール・ワットの全景もきれいに写真に納めることができます。

アンコール・ワット南東からの全景


南正面から見たアンコール・ワットも素敵です。
第三回廊と中央塔部分は、上下左右対称なので、南面は横ですが、正面と同じようなシルエットになります。

アンコール・ワット南正面


しばらく歩くと寺院がありました。古い寺院の脇に新しい寺院、宗教が変わっても信仰の場は変わらないようです。

アンコール・ワット敷地内にある現代の寺院


次回は続き、遺跡はちょっとお休みのレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんわ。
以前に行った時のことが思い出されて懐かしいです。
第三回廊の階段は私も本当に怖かったです。
私は一人旅だったので、一日ここで過ごしました。
いい思い出です。

Re: No title

こんばんは!
いろいろ思い出すと、また行きたくなりますよね?
私も既に数か月が過ぎて、階段の怖さを忘れてもう一度行きたい
気になってしまいました(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR