FC2ブログ

カンボジア・アンコールワット②

2018/04/07 (4日目) 続き

15:50 第二回廊へと上がります。
回廊の連子状窓から十字回廊を見下ろします。この連子状窓は、偽窓に施されることもありますが、開いているものもあります。こうして見ると、開いている空間の方が狭いように見えますが、実際の視界は結構開けていて外が見えるし、風の通りもいいです。

第二回廊の連子状窓


第二回廊の内側へ出ると、その内側にはまるで他の寺院が建つように、第三回廊と中央祠堂があります。この第三回廊、前回来た時は危険だからと案内されませんでしたが、今回は上がりたい人は並んで下さいとガイドさんが言ってくれました。

第三回廊と中央祠堂


私は高所恐怖症ですが、3度目の機会はないかもしれないので、もちろん並びます。意外にも母も躊躇なく行くと言いました。グループの中で何人かは待っていると言ってその場に残りますが、他は行くことになりました。入場制限があるので、30分ほど並びます。

順番がやってきました。首から下げる入館証のようなものを受け取って階段を登ります。一度に第三回廊に上がれるのは100人ほどと決まっているので、それで人数管理しているのです。すごい斜度です。約70度、ハシゴに近い感覚です。見た目よりは手摺りがしっかりしているので、神経を集中させて何とか登りました。

第三回廊に登る階段


上へ上がったら半時計周りに各自一周します。第三回廊の外側にも彫刻があり窓から見ることができます。

第三回廊の外側


回廊の中は割りと殺風景です。柱に彫刻もありますが、彫りが薄いです。連子状窓は開いていて、所々欠けていたりするので、景色を見たり、外側の彫刻を見たり、そして風遠しもよく快適に見学することができます。

第三回廊内


四隅などにある開いている窓からは第二回廊以下を見下ろすこともできます。
第二回廊から入ってくる人たちも小さく見えます。

第三回廊からの景色


景色だけでなく、すぐ近くの隣の外壁を見るのも大事です。かなり保存状態のいいデバターを見ることができます。内側よりも外側に美しい彫刻があるのです。

第三回廊の外側にあるデバター


他の窓も全部覗いて周ります。周りは密林に囲まれていると分かります。かつてはこの第三回廊は特別な人しか入れなかったと思われます。

密林に囲まれたアンコール・ワット


こちらは西正面ですね。
長い参道が見えます。

第三回廊から見た参道


外の景色ばかりに気を取られてはいられません。回廊の内側も必見です。内側の中心には中央祠堂が聳え立っています。これが、アンコール・ワットの写真にいつも写っている中央の塔です。

アンコール・ワットの中央塔


塔の彫刻は細かすぎて見えないので、ズームで。

中央塔の細かい彫刻


第三回廊の四隅にも塔があり、内側は十字になっていて、沐浴場と思われる窪みが4つ存在します。

第三回廊内の沐浴場


この沐浴場の側にあたる回廊の壁にも美しいデバターを見ることができます。
デバターとはアンコール遺跡の女神像のことですが、女官や踊り子がモデルと言われています。

第三回廊内側のデバター


意識して見始めると、そこらじゅうにデバターを見ることができます。よくある公園の像みたいに、部分的に黒光りしているものもあります。

たくさんのデバターを見れる第三回廊


回廊の中にはないので、外側、内側を見ながら歩くことになります。外側は窓から身を乗り出してみなくてはならない場合もあります。表情だけでなく、ヘアスタイルやアクセサリーなどもそれぞれ違ったりするので、できる限り一通り見るのがいいでしょう。

外側もデバターがたくさん


回廊内は柱に彫刻が見られるくらいですが、それもうっすらとで、元々こういうものなのか、作業途中だったのか判別が難しいものも多いです。

回廊内の柱


次回もアンコール・ワットのレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは♪

私など2度と行けないから・・登りましたよ~
降りる方が恐くなかったですか?

Re: こんにちは♪

こんにちは!

ですです。降りる方が怖いです。
特に高所恐怖症の人でなくても手摺りにしがみついていましたね(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR